スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

認知症? 老人性うつ病?

呑み食いしたこと、出かけたこと、猫の話などを書き綴ってきたblogですが
この先はトメネタが増えそうな予感。
いずれは、介護ネタになりそうな予感。
・・・がする、今日この頃。

うちのおトメさん・・とタイピングするたび、「乙女」と出てくる事に、若干イラッとしとりますが(笑)
またまたトメネタなので、お好みでない方はスルーしてください。

シュートメにはホルモン系の持病があり、その影響もあって、ちょっとしたことで精神状態が変わります。
天候の良し悪しにも気分が左右されるので、真冬ほどじゃないけど梅雨時期も気分が滅入りがち。
もともとネガティブな人間が、さらにマイナス思考になる時季なんです。

なんていうか、気力がないんですよね。食欲もないし、お出かけ欲もないし、TVを見てても反応薄。
表情もどよーんとしてばかりで、あまり笑わないのも気になる。最近の口癖は・・

「今年は何もいいことながった」とか・・・(オーイ! まだ6月なのに、もう一年の振り返りですかー?)
「生きてても迷惑かけるだけだ」とか・・・(そういう物言いが、私には一番ハラタツノリ ><)
「何もしたくない」「別に、食べたいものなんてない」とか・・・(もっと人生、楽しんで欲しいのに!)

・・・ああ、イライラするぅぅううう・・・

加えてこの頃は、物忘れが激しくなったし、約束を覚えていなかったり、あっぺとっぺな会話になったり
理解力や判断力の低下を感じることも増えてきました。
それでてっきり「認知症の初期」と思い込んでいたのですが、いろいろネットで検索してみたら
トメの今の状態は「老人性うつ」にも当てはまりそう。うつ症状が認知症を引き起こすこともあるそうだし
服用中の薬の中には、副作用としてうつ症状や物忘れが起こるものもあるようで。

今週、病院で診察してもらう予定になっているので、そこで鑑別できるだろうとは思っていますが
それまでの時間をただ待っているのではなく、ネットで情報収集しながら
事前に「予習」というか、「ココロの準備」みたいなことができるのは、今の時代のありがたさですね。
個人的には、認知症チェックリストや、典型的な認知症の症状一覧、認知症家族のblogなどが参考になりました。

トメに対してもっと優しくありたい、そうしなければ、と思う自分がいる一方で
ストレスから逃れたい、付き合ってると私の精神状態が壊れる、と思う自分もいる。
どちらにも偏りすぎないよう、バランスをとっていかなければ
この先の長丁場(になるであろう)を乗り越えられないんだろうなあ・・・。

空を見上げて深呼吸。五月晴れのある日の夕空、あかね色の雲が羽根ペンみたい♪


あ、赤い色で思い出した。
トメが保存用に買っていた缶詰の話。

トメ「カレーの缶詰買ったのあったがら、昨日食べっかなーってフタ開けたらヨ、色がおがしがったの」
私 「おかしいって、どんな風に?」
トメ「カレーなのに黄色くねーんだ。赤くて、ニオイもヘンだった。あれは腐ってだんだナ」
私「赤!? ヤダー! たまたま不良品だったのかなあ」
トメ「気持ち悪いから、同じやづもう2コあったのも、もう捨てるワ」
私 「そだね。その方が安心かも・・」

保存性の高いカンヅメで、腐ってるなんて滅多にないハズだけど、アンラッキーを呼び寄せるトメなら
そんなこともあるだろう、たまたま不良品だろう、と思った訳ですよ。
なので、その話しはそれ以上続くこともなかったのですが。

台所で洗い物をしながら、ふと勝手口の方をみたら、まさに今捨てられようという「ブツ」が置いてありました。
あら・・・これでしたか(笑)

taikare.jpg

たしかに、カレーだけど赤い(笑) でも腐ってないし、変な味でもない。
むしろ、ちょっとしたブームになって、一時は入手困難になったこともあるくらい美味しいと評判だったタイカレー♪
それでも超保守的な味覚しか持ち合わせていないトメにとっては、「未知の味=マズイ=腐ってる」だったのでしょう。
残り2コ、ありがたく私が頂戴してきましたとさ^^

さて、明日は恒例となった「通院前日だからトメが我が家にお泊まり」の日です。
いつものように夫は不在(東京勤務日)、ヨメトメしっぽり2人きり。あ、にゃんずがいたか(笑)
たかが一泊二日、されど一泊二日。気合い入れよう、アタシ!!


スポンサーサイト
[ 2014/07/01 06:55 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(16)

トメ語は難しい

英語の成績は悪くなかった(と思っている)のですが
英会話は全くダメでして、海外旅行の際は大抵カタコト+ボディランゲージで乗りきります。
自信を持ってしゃべれるのは、今のところ普通の日本語と庄内弁。
宮城の言葉は、いまだに「?」となるコトがたまにあり
それがトメの発する言葉だと、さらに「?????」。求められるのは、想像力と推理力。理解に疲れる(>_<)
・・・と溜息ついちゃう、今日この頃。

「溜息をひとつつくたび、幸せがひとつ逃げていく」なんて言いますね。
だから溜息つくのはホドホドにして、どうせ吐き出すのなら、酒くさいゲップを! (どんな理屈やねん)
と、昨晩は痛飲し、今朝気づいたらベッドの上でした。
たしか先週某日もそんな感じで呑みすぎて。喉が渇いて目が覚め、冷蔵庫に向かおうとしたら
廊下の暗がりにヘビ! ぎゃあああ!!! ・・・って、ヘビの正体はベルト。
酔って脱ぎ散らかしたんですね。記憶は当然ございません (笑)

飲み過ぎ注意。


ま、美味しく呑んだり食べたりすることで気分転換したり、ストレスを和らげたりできるのも
呑み助だからこそ♪ お酒が呑める身体に生まれてシャーワセです(*^。^*)

基本的には、あまりストレスをためこまない性格と自認している私ですが
このところシュートメに、認知症の初期?と疑わしき状況が表れ胃がキリキリ。
「***を無くした」「***が見当たらない」というヘルプコールが急増し、
心身共に振り回されてて。

自分の年齢と親の年齢をかんがみれば、いつこうなってもおかしくないって判ってたけど
トメと同世代の両親(実父母)が、やたら元気だったこともあって、実は判ってなかった。
ココロのどこかで「まだまだ先だろう」と楽観していたことを反省しつつ、
詳細は書けませんが、いろいろと対応策を考え始めたところです。

さて! そんな湿っぽい話はおいといて。

ボケ始めたババアだろうと何だろうと、容赦しない鬼嫁anegoとマイペースなトメ、
相変わらずヨメトメバトルは日常茶飯事で展開中でございます。
でも、口げんか的な会話の最中、不意に“ヒザカックン”されることが度々あるんですよねー。

本日は、その中から特にココロに響く珠玉の「トメ語録」を2点ご紹介いたしましょう~♪ 


1) パスタの味
最近、足にちょっとしたケガをしてしまったトメ。買い物にいけないし、外食も億劫だというので
土日のどちらかは必ず、数種のお惣菜を作って持って行き、3人で一緒に食べてます。
ご存じの通りトメは好き嫌いが激しいため、面倒でも買うより自分で料理したが手っ取り早い。

先週末は、炊き込みご飯、根菜類の煮物、コールスローサラダなど。
先々週は、五目いなり、鯵のマリネ、玉こん煮など。その前は、胡麻ダレうどん・・・おかずは失念。
文句いいつつ食べてくれるのはありがたいのですが、「文句」が先で「おいしい」が後になるのは
どーにかならないものか、っていつも思ってしまふ。さすがは、ネガティブ・トメさんです。

そこで、たまにはリクエストに応えてみようと閃いた。
食べたいものを出されたら、いくらトメでも「わー」とか言ってくれないかな、と期待して・・。

私「ね、ね、来週はお義母さんの好きなもの作ってくる! 何が食べたい?」
トメ「え~? 別に食いでぇものなんて無いよわ。としょりは、出されたもの黙って食えばいいの」
私「(カチンときたけど気にせず)そんなこと言わないでさあ、何でも作るから言ってよ~」
トメ「・・・(少し考えてから)・・・しばらくパスタ食ってねぇなあ」
私「パスタ、いいねえ♪ (←実は、スパゲッティ、と言わなかったことにビックリ。笑)」
トメ「うんだ」
私「よし、わかった。じゃあ来週はパスタで決定ね。ちなみにお義母さんはさ、どんなパスタが好き?」
トメ「どんなって・・・普通の味なら何でもいいワ」
私「普通といわれましても。例えば、トマト味とか、クリーム味とか、和風とか」
トメ「何でもいいけどよ、アレは嫌いだナ。化粧品の味するやづ」
私「け、化粧品?????」 !!(゜ロ゜ノ)ノ

化粧品の味!? って、何のパスタだよ!! 理解不能。予想不可能。 アタシだって食いたくねーよ!
いろいろ聞いても「ホレ、あるべした? 化粧品の味するアレ。アレは、やんだなー」としか答えてくれません。
ノーヒントで判る訳ないっしょ!!! 誰か、想像力豊かな方、“アレ”を教えてプリーズ!!

ジェノベーゼか?
pasta.jpg


2)贈り物は三越で
県南の大河原町に、三越があることを皆様はご存じでしょうか?
といっても、仙台三越のような百貨店スタイルとは違い、正確にはサテライトという扱いで
主にギフト商品をラインナップする小規模な店舗です。

独居老人のトメ、息子夫婦があてにならないので、ご近所さんとのお付き合いは命綱。
なかでも一番お世話になっているのが、すぐお隣に住むサトウさん(仮名)のご主人です。
元・大工さんということもあってDIYはお手の物だし、トメより年上なのに足腰が達者、
フットワークも軽いので、先日のカギ紛失騒ぎの時にも、それはそれはたいそう助けていただきました。

その際の御礼は私が済ませており、そうするからね、とトメにも話していた。
けれどもトメは、自分自身で御礼しないと気が済まなかったらしく・・・。

トメ「この前、三越さ行って買ってきたの。サトウのおんつぁんに、いいなあと思ったのあったがらヨ」
私「え~? もう御礼は済ませたのにぃ~(-_-;)」
トメ「んだっけが? でももう、おんつぁんさ渡してしまったわ。いいっちゃ」
私「それはお義母さんのキモチだから、いいけどさ・・・。で、何あげたの?」
トメ「ヌンチャクだ」
私「へっ? ヌンチャク?? ( ・◇・)? 大河原の三越に、ヌンチャクなんて売ってたの?(まさか)」
トメ「普通に、売ってだよー」
私「あのさ、お義母さん、ヌンチャクってどんなの?」
トメ「何いってんの。バカにしてんのが! 細長いやづだよ( ̄ヘ ̄メ)」

参考画像。うむ、確かに細長い。
nunchak.jpg

トメ「パッと見て、デザインが渋くて良いなと思ったの。おんつぁんさ似合うと思って」
私「・・・・。ヌンチャクって、デザイン色々あるんだ・・」
トメ「あだりめだべ! 色だってガラだって、さまざまだ。仙台では売ってねぇのが?」
私「・・・いや、私は買ったことないから・・。ねえ、サトウさんは喜んでた? 」
トメ「いいガラだなやーって、喜んでくれだよお♪ ( ̄^ ̄)エッヘン」
私「ふうん・・・」

参考画像2。こんな絵柄か?
nunchak2.jpg

確かに、サトウさんは肉体派っぽい。運動として使うかも、と無理矢理ナットクしようとしたけど
どうしても気になる! サトウのおんつぁん、ヌンチャクなんて使うの? 迷惑な贈り物だったんじゃない?
いや、何より現物を見てみたい!! 良いデザインのヌンチャクって、どんなの?
そして願わくば、私もちょいと使ってみたい!! アチョーー!

気分はもちろん↓
nunchak1.jpg


ということで、真実を確かめるべく、トメに気づかれないようこっそりお隣にピンポン。
贈った品物を見せてほしいと頼んだら、おんつぁんの手には木綿とおぼしき布の袋。
・・・そう。ヌンチャクは、キンチャクだったのです。 ┐('~`;)┌
確かに細長くて、彼に似合いの素敵なデザインでしたとさ。チャンチャン(爆)

ふつうに出会っていたら、絶対に友達にならないくらい憎たらしいトメだけど、
時折、こんなオモロネタを提供してくれるのが救いだなあ。

渋いデザイン。
kinchak.jpg
※実際とは異なります(笑)


<おまけ>
W杯では長谷部をホメまくり、いつの間にサッカーに詳しくなったんだろう?
ボランチを評価するなんて見る目があるじゃん!と思いきや
「長谷部は最高だ。顔は一番だな」
・・・そこか~!( ̄▽ ̄;)



[ 2014/06/18 22:00 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(10)

鬼嫁のつぶやき・母の日Special

20年前のGW、結婚が決まった両家が初めて顔を合わせた日の晩、母に言われました。
「これからあなたの親は4人なんだよ。そのことはしっかり、肝に銘じなさい」
歳を重ねるほどに、その言葉の真の意味を感じ始めています。
・・・と思った、母の日。

気持ちの良い五月晴れに恵まれた週末、なんぼなんでも母の日くらいは顔だしてあげようよ!と
足の腫れが若干残って出不精な夫を、半ば強引に連れ出しシュートメのとこに行ってきました。
ピョコタンピョコタンと不自然な歩行のオッサンが、花かごを抱える図はなかなか可愛かったですw


以前プレゼントした財布が大分くたびれていたので、贈り物は新しいおサイフをチョイス。
パッチワークの柄はカーネーション 赤色が好きなトメ、大げさなほど喜んでくれました。


でも、トメにとって一番嬉しいのは、久しぶりに会った息子(=痛風夫)との会話。
ヨメトメは時々会ってるし、電話も息子をすっとばして私にかかってくる程なので、私はあまり口を挟まず
ふたりの様子を眺めてたのですが、まぁ会話といっても、一方的にトメがしゃべってましたね(笑)


モノより思い出ってことで、一緒にタケノコ掘りもいたしました。
裏の竹林とその周辺の土手、草っぱらに勝手にボコボコ出てくるのです。


以前は毎年のように掘って食べてたんですが、震災以降は原発の影響を不安視して
一切採ろうとしなかったトメ。そろそろいーべと思ったのかなあ?  


しかし、休日の平和はココまで。その後に夫とトメの超特大バトルが勃発してしまったのです。
ヨメトメのケンカは日常茶飯事ですが、親子バトルは相当珍しいこと。
よりによって母の日に、なんでケンカ(と、毎度ケンカしてる私がいうのもアレですが^^;)

事の発端は、些細なこと。裏の物置小屋に入ろうとしたらカギが見当たらず
トメがどこかに置き忘れたらしい。
どうにかしてカギの在処をつきとめるべくあれこれ質問する夫と、答えではない回答連発のトメ、
気づいたらオオゴトになっちゃったのです。
親子のやりとりがあまりにも噛み合わなくて片腹痛し(笑)
以下、タンスの引き出しやカバンの中身を、部屋中におっぴろげた状態からの会話です。

夫 「んだがらさー、普段はどこに置いてるのよ、カギは?(怒り度30%)」
トメ「なんでだや・・無くなるわげ、ねえどー」 
夫 「置き場所! いつもカギはドコに仕舞ってんのか、って聞いてんだけど!」
トメ「どーさいったんだやー。捨てる訳ねえしなあ・・」
夫 「(置き場所は諦めて)じゃあさ、最後に使ったのはいつよ? 物置、昨日は行った?」
トメ「なんでだや。こごさも無ぇし、こごも違うしなー」
夫 「あのさ! 昨日!! 物置!!! 行ったの、って聞いてんだけど!!!!(怒り度60%)」
トメ「あーん?」
夫 「答えろよ!! それも忘れたのかよ!!(怒り度90%)」
トメ「そーんな大声だされても、出てきませんよー」
夫 「・・・わかった、もういい。スペアキーとか無いの?(声は小さくなったが怒り度120%)」
トメ「スペアがあったら苦労しねーべ。ちゃんとしたのに交換すっがなと思ってたんだけどよー
   まんず一人暮らしはイロイロ大変なんですー。買いさ行ってくれる人もいねーしー」

夫 「(ここでプッツン怒り度200%、声量Max) わかったよ! オレが買いに行けばいいんダロ!」

と、頭から湯気を立てて玄関を飛び出していった夫でありました。
ちなみにその直後のトメのつぶやきは 「ビックリしたー。殺されるかど思ったワ」 なんで殺しになるんじゃ!

・・まあね、トメはトメでテンパってたんでしょうけど、質問に応えず現在の心境を語るあたりは
女性ならではの脳みそって感じがします。私も割と、論理的ではなく感情的になるタイプなのでね^^;
ただ、それを差し引いてもさすがトメ。自分の言いたいことは言うけれど、人の話は聞かないし、
聞いてないのに「聞いてまーす」みたいな顔をするのがニクタラシイ

付け替えは、無事終了。スペアには、私が荷札のようなカードを付けてあげました。
「物置スペア」とでっかく書いて保管したけど・・・大丈夫かなあ。


そして本日、週明け月曜日。朝っぱらから私のスマホにトメから着信。
嫌な予感は的中しました。「物置のカギ、どごさ仕舞ったんだっけ??」ときたもんだ。
冗談かとおもったけど冗談ではありません。
本体が行方不明なら、とりあえずスペアを使って~と伝えたら「スペアもない」という。んな馬鹿な!

電話で捜索をサポートするのは、すごく大変です。
現地の様子が見えないからではありません。「会話が噛み合わないから」であります。
あそこにスペアを置いてきたはず、私が書いた札がついてるはず、
そんな「***のはず」が全部ハズレだなんてこと、あるでしょうか? 

超・長電話に疲れ果て、めんどくさいから、これから行く! と電話を切った私。
支度を済ませ、駐車場からクルマを出そうとしたまさにその時、「あったわ~~~」 と連絡が。
無事見つかったてホッとしましたが、どこにあったか聞いてびっくり。
カギ本体もスペアも、冷蔵庫にあったというのです。
なにか持っていたものと一緒にウッカリ、なのかもしれないけど
何故に私たちが引き出しに保管してきた「はず」のスペアまで、冷蔵庫に??? 謎すぎるぞ、トメ!

あまり考えたくはないけれど、そろそろ認知症も心配になってきました。
年齢的にはまだ若いし、持病のある人の方が医療機関でチェックもしているし、と思っていたけれど
楽観視することもできない年齢&生活環境であることも事実。
今までよりも、頻繁に会いに行かなければ・・とつくづく感じた母の日です。

<おまけ>
一方のanego母。お気楽というか脳天気というか
ご所望の「ちょっとお出かけするときのブラウス」を送ったのですが、
その届いたよ♪メールに添付されてた画像のポーズが・・www


おちゃめな72歳。



[ 2014/05/12 14:04 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(7)

トメ絶好調、オラ絶不調

なんでもズバズバ言い合える嫁姑関係って、いいわね~♪ 
といわれても、なにも嬉しくありません!
ズバズバ言ってるのに、相手に響かないのって、すっっっごくストレスなんですよ?
・・・と大声で反論したいと思う、二人っきりのトメナイト。


今夜もシュートメ、絶好調。そして私は、絶不調。
ストレス溜まりマクリスティ!!
まくりま

また今月も通院のため、シュートメが我が家にやってきました。
やってきた、といっても私が迎えに行ったんですけどね。
そして、明日も家まで送って行くんですけどね。

病院に来て、終わり次第サヨウナラって訳じゃないんですよ。せっかく仙台まで来たのならと
ランチもするし、ショッピングもする。そのアテンドもしながら2人で過ごす一泊二日。
たかが一泊二日。されど一泊二日。
24時間365日(閏年には366日)同居しているヨメ様たちからすれば、鼻クソレベルかもしれませんが
でも、でもでも、「たまに」だからこそ、こんなにシンドイの。イライラしちゃうのよぉぉおおおー!!


実録!! トメにちっっっとも響かないことシリーズ

1)話は続くよ、どこまでも
お義母さーん、**さんちの話は今夜だけでもう6回目。私もうお腹いっぱいでーす。
嘘じゃないって。もしかしたら7回目かもよ。ホントだって!
そう、だから、**さんちの息子の**さんのことも聞いたってば。
え? 話してないことがある? なによ。うん、うん。・・・ハーイ、それも聞いてましたー(爆)

2)可哀想なイチロー
お義母さーん、あのさ、名前はイチローです。イ・チ・ロー。何度も来てるから知ってるっしょ?
今ドキのキラキラネームと違って簡単でしょう。シンプルイズベストでしょう?? 
・・(1時間後)・・ だ・か・らー、クロちゃんでもクロスケでもないから!
わざと間違えてんじゃないの。私がイチローなら怒るよ! 噛みつくよ!。
・・あら。謝るって? うん。へ? クロちゃんに? ・・・わざとでしょ。ねえ、わざとだよね。
イチ、引っ掻いてきなさい。

CIMG8484_20140409234631e18.jpg
ナツ「ね・・トメさんに私、ニャンて呼ばれてるか知ってる?」
イチ「知ってるよ。ミケ、だろ」
ナツ「うん。一度も、なっちゃんって呼んでもらったこと、にゃいの」
イチ「オレは大抵、クロちゃんだ」
ナツ「・・・う・・・」
イチ「鳴くんじゃない。ホラ、空みてみろ。今日はいい天気じゃにゃいか」
ナツ「・・・うん♪・・・」


3)食事は楽しく
お義母さーん、だからもう**さんちの話はいいって。展開変えたって中身は同じ話だもん、はい、8回目ねー。
そもそも、よそん家の年金とか、暮らしぶりがどうだとか、そんなの私は興味ないし聞きたくもない。
それよりさあ、食事中くらい楽しい話しよー☆
ねえねえ、このお魚どお? 揚げてから大根おろしで煮たんだけど、口に合わなかったかなあ。
もしかして味付け、ショッパかった? ・・あ、大丈夫。美味いですか。そら良かった。
できましたらば、おいしい時はおいしいって言ってもらうと嬉しいです(悲)

4)心配性
お義母さーん、なにも問題が出てないうちから悪いことぱかり考えるの、かえって疲れない? 私は疲れる。 
病状はもう安定してるんだし、ほとんど心配無いからって先生も太鼓判だったじゃん。なのに
「これから悪くなる一方だ」とか「また薬が増える」とか、勝手な想像して何が楽しいの。
不安だ、心配だ、って思うこと自体が良くないんだよ。言霊って、あるんだよー。
若い人にはわからないって? いやいや、年齢のせいっていうより、お義母さんのは完全に「性格」ですから!
性格は今さら変わらないって? はいはい、だからこそネガティブ発言に気をつけましょって話でしょ! 
後ろ向きに考えるのは、できるだけやめようねって、前に私と約束したよね?
は? だから約束を・・・あ、覚えてないですですか。さいですか。はいはいはい(溜息)

5)順不同
お義母さーん、毎回毎回いってるけどさぁ、どして「ばーちゃん(※トメの実母)より先に逝くからヨロシク」
って断言すんの? 可能性があるのはワカルけどさ、死ぬ順番なんて誰にもわからないんだよ?
順番通りかもしれないし、私が先かもしれない。でしょ? だからさ、仮におばあさんが・・
・・・うわ、もう別の話題になってるよ。がああああ、また**さんちの話題かよ!?
言いたいことだけ言って、私の話はスルーですか。そうですか。いえ、なんでもありません(呆)


はぁぁぁあ。

どうしてトメの通院日は、木曜なんだろう。どうして夫不在の晩(水曜)に、お泊まりなんだろう。
これは神様がくれた試練なのですか? (TT)

ま、嫁姑バトルは日常茶飯事。夫がいようといまいと、状況はなにひとつ変わらない。
でも、ナンダカンダいいつつ、トメとのコミュニケーションに慣れてしまった自分がいる。それも事実。
その事実が、いやあああああああ。


・・おっ?? トメ、寝入ったようであります^^v ほいじゃ心置きなく
明日のエネルギーを追加摂取いたしましょう。夕飯時は節酒だったのでね(←でも呑んではいる。笑)

ではでは、私にカンパ~イ




[ 2014/04/10 00:21 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(4)

いろいろありまして

のんびりマイペースで「ま、いっか」が口癖の私でも
アタマの隅っこには、年頭に掲げた目標「週2回のblog更新」があります。
なのになのに、あぁそれなのに、有言不実行ing。
・・・と反省ザルの、今日この頃。

思えば昨年もそうでした。9月って、どうもバタバタしちゃうんですよね。
世の中ジャズフェスをはじめとするイベントが目白押しで、遊ぶのも忙しいし
お盆明けからの仕事の納期がダンゴになる時期なので、PCに向かう時間も長くなるし
肩も背中もバリンバリン。目も疲れて、もうblog更新する気にならなかった、ってのが本音です。

そんな中、もっとも私を疲れさせたのは義母、おトメさんでございます。
今月初め、過去最大のヨメシュートメバトルが勃発! いま風の言葉でいえば
「これまでに経験したことのない」とか「数十年に一度の」となるんでしょうかね。

発端はいつものヘルプコール「具合悪い」でした。口調からして緊急性はなさそうだったので
あとで私が様子を見に行くから、とりあえず寝ててねと電話を切ったほんの1~2時間後
なんと救急車を自力で呼んだと聞いてビックリ! あわてて仕事を放って実家に駆けつけたら
本人ケロリとしてるじゃないの(※あとで聞いたら、救急車には乗せてもらえないレベルだったらしい)
持病もあるし、もしや深刻な事態なのでは・・と心配していたので、まずはホッ。

ところが、問題はそのあとです。

今回のような事が、また起こらないとも限らない。いえ、きっとあるはず。
もしもの時に、独居老人は非力です。離れて暮らすヨメとしては、何らかの対応策を考えておきたい。
しかし、元々トメは同居を拒否。私も拒否(笑)。せめて近居、と思うけどそれもトメは拒否。
近所の親戚の世話になるのも、福祉サービスの利用も断固拒否。
何でも1人でやれる気でいるのかね? 実際は出来てないのに。自覚せーっちゅうの(怒)

元気なうちは自分でガンバル、もちろんそれで結構です。でも、誰しもいつか必ず人の助けが必要になる。
トメの場合に限っては、年齢的にも体調的にも、もっとそれが早くなる可能性大です。
ボケボケになってからじゃなく(=既にプチ認知症か?と思うことが増えた)
元気な今のうちだからこそ、先々の話をしておいた方がいいと思うんだけど。

救急車さわぎを起こしたのは、ちゃんと考える良い機会。そう思って水を向けてみたら
さっきまで病人だったとは思えないほど、おトメさん、いぎなり声を張り上げ始めました。
「余計なお世話ですー」「お構いねぐ」「迷惑かけねぇで死ぬようにすっがら」
・・・毎度おなじみ、私の心を逆なでするような、その言い方が憎らしい

自分の言いたいことだけブチまけて、人の話はスルー。だから会話が成立しません。
主張に一貫性がなく、昨日と今日とでは言ってることが違うのも困る。結局、どうしたいのよ!
そして、相変わらずのネガティブ思考。そんなにアナタは可哀想な人なんですか??

非建設的な会話ってイライラが募ります。ご近所に聞こえるほどクレッシェンドとなった嫁姑バトルは
夜中まで続いたのでした。録音しておけばよかった。「そんなこと言ったがや」と言われないために。

言い合いに疲れた頃、ナンヤラ箪笥をガサゴソやってたトメ。やおら私に一枚の写真を差し出し
「これ気に入ってんだワ。やっぱり正面の方がいいべ?」とおっしゃる。へ?? それが何?
そして「明日、写真屋さ持ってって、拡大してもらうワ」とおっしゃる。ははぁ~ん。なるほど。

それはつまり、「遺影用」ってことですね。すぐにわかったけど、わざと無視してやりました。
遺影が欲しいなら、私が最高のカメラマンを手配して、スタジオ用意してヘアメイク万全で
撮影してあげますから、どうぞご心配なく。・・・って言えばヨカッタかーー!?

あぁ、もう、めんどくさ!!!
私は絶対、こんな年寄りにはならないぞ o(`Д´*)oプンスカプン!!!




<おまけ。鬼嫁の休息>
9月8日は酒のかわしま主催「日本酒フェスト」へ。
疲れを癒し、ストレスを和らげてくれるのは、楽しい仲間とオサケです。
PicsArt_1379466031651.jpg






[ 2013/09/18 11:38 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(14)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。