スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私はタバコを吸わないが

どんどんヤワな人間が増殖してる気がする。
・・・と思う、今日この頃。

先日、友人と宮崎駿の新作「風たちぬ」を鑑賞しました。
オトナのアニメ、というふれこみ通り、これまでのジブリ作品とは全く違った印象。
現実の歴史として関東大震災や戦争という激動の時代に懸命に生きた人たちを描いていること、
それが実在の人物であったこと・・。アニメとはいえ、リアルを追求しただけに
単なるファンタジーではない骨太感たっぷりの内容になっていて、見応えがありました。
小さな子どもには難しいかも。中くらいの子どもには、あえて見せたいですね。

さて今回、別の意味で「風たちぬ」を注目させた存在といえば、日本禁煙学会さんでしょう。
喫煙シーンの多さにクレームをつけたというあのニュース、ハラの底から
「ハァァ?!」とTVに向かって口あんぐりしちゃいましたよ。

確かに、映画の中の喫煙シーンは予想を上回る多さでした。いつでもどこでもプカプカプカ。
夜中に肺病を患う妻の寝床の傍らで、ついタバコを吸いたくなっちゃうというシーンでは
夫は、ここじゃダメだよと自制するのに、妻は、いいから吸ってよと懇願した。
二人の感情を象徴する、切なくてとても良いシーンなのに、タバコのことばかり取り沙汰されるのは
宮崎ファンとしては辛いところです。。。。

そんなカンジで喫煙を問題視する(したくなる)場面がやたら多いアニメなので
“G指定”の映画にもかかわらず、やり玉にあがったんでしょうね。
でも、実際そういう時代だった訳だし、タバコがストーリーの重要アイテムなのも明らか。
禁煙学会さんの立場もわからなくはないけど、もう少しフトコロの深さというか
スマートな対応をしたらカッコよかったのになぁ。残念賞です。

ま、いずれTVで放送される時には、きっと、あんなステキなシーンやこんな重要シーンが
どっさりカットされて2時間の作品が1時間になったりすることが予想されますので(それはないか^^;)
オリジナルを楽しみたい方には、劇場で鑑賞することをオススメいたします。

ちなみに。
誤解されるとアレですが、私自身はタバコを吸いませんし、煙のニオイも嫌いです。
新幹線もホテルも飲食店も、あれば禁煙席を選ぶ。
でも、愛煙家を全否定するかのような、今の風潮には疑問を抱いております。
連れが喫煙者だった場合は、禁煙席にするかどうかを確認します。

嫌煙家に迷惑をかけないよう、マナーを守って、楽しんでいる人だっているのに、白い目で見られたり
レストランの分煙エリアで吸っている人にまで、迷惑そうな態度をする人がいますが
(最近じゃ“分煙”すら認めたくないという流れになっているのが不思議だけど)、
そんなに「禁煙」はエライのですか? それって「禁煙ファシズム」「健康ファシズム」じゃないの?

先日も、とある飲食店で、分煙エリアからわずか流れてきた煙(相手はサラリーマン風)に向かって
「子どもがいるので!」とあからさまに文句つけてるママさんと遭遇してどビックリでした。
そんなにナーバスになるなら、分煙タイプの飲食店には入らないようにするか
席を替わってもらうなどして自衛した方がいいと思いますよ。

余談ですが、アレルギーの原因って、子ども時代の清潔な環境も関係があるらしいですね。
要は、小さい頃に十分免疫機能が発達しなかったため・・という考え方。
全ての患者さんに当てはまるものではないでしょうが、無関係でもなさそう。

あまり清潔を求めすぎると、どこかにしわ寄せがくるのかも。
いざという時にアレルギー反応が出て大変なことになるのかも。身体的にも、ココロの面でも。

なんていうか最近、なにもかも過保護の路線を突き進んでいる気がしてなりません。
くさい物にはフタをして、危険を避け、安全な環境を用意することが、必ずしも正しいとは限らない。
世の中には、くさい物が山のようにあるし、危険も、悪も、うじゃうじゃ存在します。
守られているだけで、安心することなんてできない(原発問題も然り)。
むしろ、そのことを正しく理解して対処できる人間の方が、たくましく生きられると思うのは私だけでしょうか??

本当は、「はだしのゲン」の騒ぎのことも書きたかったけど・・・長くなったから、もういいや。
根っこは同じことを言いたいので省略します。
(おおおっっ!! まさに今夜のニュースで閲覧規制撤回のニュースが♪ やっぱりね。)


わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい、ってCMが懐かしいなー。
話がそれちゃうけど、子ども時代にはやっぱりナイフや火を使わせるべきだと思うなー。うん。

スポンサーサイト
[ 2013/08/26 22:08 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(12)

映画「よみがえりのレシピ」

映画を見るために県外まで行くなんて、初めてかも。
しかもこんな寒い時期に、私も物好き。付き合ってくれた人も物好き?(ありがとう)
・・・と思った、土曜のお出かけ。

前々回記事でもお知らせした通り、先週土曜は
ドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」を観に山形まで行ってきました。
img_mainIMG.jpg

※はじめに、お詫びです※
「外内島(とのじま)きうり」「宝谷かぶ」「白山だだちゃ」等々
私の知る在来作物が庄内のものだったので、映画も庄内が舞台と思いこんでいましたが
間違いでした。映画では内陸地方の在来作物も登場します(存在を知らなかった…恥)
前記事で庄内の映画ように書いてしまいました。ごめんなさい。訂正します。


在来作物、在来野菜というと、京都あたりを連想する人が多いかもしれませんが
実は、山形にも負けないくらい伝統的な作物が残っています。
いや正しくは、残っているではなく「残している」と言うべきですね。

この映画は、地域の歴史や気候風土と切っても切れない関係にある在来作物を
大切に守り継いできた人たちの物語なのでした。例えば・・・

「なんとしても絶やしてはならない」と、長年種を守ってきた、ばあちゃんの意地。
農業に見切りをつけた親を飛び越え、祖父から栽培を学ぶ孫息子の心意気。
急斜面の畑を這うように収穫した作物を、「宝物だ」と胸を張るお母さん。
林業と密接に関わっていた焼き畑の技と知恵を、若者に伝えるお父さん。
食材の価値を新しい発想で追求する、地元イタリアンシェフの情熱。
家や学校という日常の中で在来作物と共に生きる、子どもらの笑顔。

tane.jpg

ありきたりな言葉だけど、感動しました。
なぜこんなにも、映画に登場する人たちのひと言ひと言、一挙一動が泣けてくるのか。
美しい風景や、効果音ではないリアルな音(子どもの声や収穫時の物音、
漬物を噛んでいるパリパリという音など)もまた、胃袋だけでなく五感を刺激して
なぜだかわからない懐かしさで一杯になるのです。
それくらい、自分にも庄内人・山形県人のDNAが刻まれているってことなのかな?

その土地でしか手に入らない食べ物は、地域の財産であり、誇れる文化だと
映画の中でも、上映後の監督のミニトークでも、強調されていました。
なくしてはならない。なくしたくないものだと。

いつでも、どこでも、何でも、簡単に、しかも安く、手に入る時代だけれど
震災を経た今は、それが簡単に崩れてしまうことを私たちは知っています。
本当の食の豊かさって、なんだろう? 食べること、生きることの本質って?
・・と、あらためて考えさせられた映画でした。

ところで、この作品は一昨年に制作されたものですが
当面は仙台での上映予定が無いから、ということで今回わざわざ山形まで出向いた次第。
ところが、たまたま会場でプロデューサーさん&監督さんとお話する機会に恵まれたので
図々しくも「仙台でも上映してくださいっ」とお話しましたら、なーんとなんと
ちょうど仙台での上映が決まったんですって!! ヤッホー!!
(びーえむあいさんの情報は正しかった♪)

フォーラム仙台にて、4月13日~2週間上映予定とのこと。
私も絶対にもう一度、観に行きます。

「食」に興味のある方だけでなく、興味の無い方にもきっと心に響く映画です。
どうぞみなさま、ぜひぜひお出かけください。オススメ度200%!
見終えた後はお腹が空いて、でも、心はたっぷりと満たされるハズです。

※画像はすべて公式サイトからの無断借用^^; 公式サイトはコチラをクリック!!

※予告編はこちら↓※
[ 2013/02/26 21:03 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(12)

あなたが私にくれたもの

もらえりゃ何でも嬉しいんですけどね。
・・・と思う、今日この頃。

うちの夫は本好き。というか、活字好き。
物書きをしている私よりも、本屋に足を運ぶ頻度も購入率もはるかに多いのです。

なのに、読むスピードは私よりもはるかに遅い(私が速読型なのかもしれないけど)
買った本がどんどんどんどん溜まっていくのを
せっせと読んであげるのが、私の役目みたいなもんなんです。

東京から戻って「ハイ、お土産」とカバンから取り出すのは、決まって本や雑誌。
前回はこんなのでした。
この頃、誉田哲也作品にハマっていた私には未読だったジウ×3が嬉しかった♪
P1020173.jpg

ここんとこ忙しかったので、就寝前の読書タイムがなかなか取れず
5日ほどかかって完読。やっぱり誉田哲也は力がありますねえ。うん。

ところが今回は、珍しいことに本以外のお土産がありました。
タタミ一畳分もあろうかという大判のストールです。
一体、どういう風の吹き回し?? 
P1020174.jpg

いわれてみれば、競馬で大穴当てたと言ってたっけ(笑)
何も買っていかないと後が怖いと思ったのでしょう。ヨシヨシ。^^

ネパールコットンの手織り物だそうです。
微妙に色合いや手触りが違う中から選んだ一枚だとかナントカ蘊蓄付きでした(笑)
高級品ではないけれど、素朴な仕上がりでふぅわり暖かい。
P1020175.jpg

先月、村田の陶器市で購入した「花*花」さんの陶器のネックレスと
同じニオイを感じました。この冬は、この組合せを楽しむことにします。
自然の素材でつくるもの、人の手仕事でつくるもの、その温もりが大好きです。
P1020180.jpg

さて。明日は被災地支援活動「あそびのひろば」の最終回。
亘理町の仮設住宅に暮らす小学生と一緒に、ベニーランドで遊んできます!!
お天気が心配だけど、、、今こそ見せるぜ!晴れ女パワー!!


<おまけ>
ジッタリンジン、懐かしいなー。




[ 2012/11/16 12:50 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(8)

パソコン依存症?

2ヶ月ほど前、自転車でハデにすっころんだ時の打撲痕が
やっと目立たなくなってきました。
自己治癒力の衰えを感じるなあ
・・・と思う、今日この頃(笑)

チャリンコすっころび事件は、マンション前のスロープから出かける時に発生しました。
愛車はルイガノのMTB、ママチャリのように女の子乗りではなく
足を後方に振り上げてまたがらなくちゃなりません。
スロープは前輪が下がります。つまり、サドルや後輪は上がっている。
あぁそれなのに、それなのに、私ってば普段通りに乗ろうとした訳ですよ。

・・・想像してみてください。左足を支えに、ブン!と振り上げた右足が
後輪を超えることなくブシャっとMTBにぶつかって
そのままスロープをズズズズーっところがり落ちた私の姿を・・・(笑)
小学生の時だって、こんなアオタンは作らなかったわってほどの
ダイナミックな内出血。恥をしのんで、治りかけた今になっての涙の告白です^^;

ヒザ小僧が落ち着いてきたなと思ったら、今度は「腕」なんですよ。
母の入院で長距離運転を繰り返していた頃から、
なんとなく肘から手首にかけて異和感があったんです。
疲れが溜まってるだけだろう、ただの筋肉痛だろうと高をくくっていたら
かれこれ2週間たっても全然なおらない。
シップして一旦良くなったと思っても、またすぐムズムズ痛む。
思い切って整形外科に行ったら、痛み止めの薬を処方されました。

DVC00077.jpg

少し腱鞘炎気味のようです。「できれば安静に」だってさ。
でもねえ、安静にったって利き腕ですから生活してれば絶対使っちゃうんですよ。
できるだけ左手を使うようにとは思うけど、全部はムリ。
お箸と書き物なんかは、絶対ムリ。酒は左手で飲めるからOK!

一番しんどいのは、実はパソコンなんです(といいながら、なんで今更新・・)
キーボード打つのもそうだけど、特にマウス操作は5~10分程度でも痛くなる。
仕事はさほど忙しくないからいいようなものの、
日々のメール連絡やら調べ物やらでパソコン使用頻度の高い私には、サイアクです。

でも・・・
よくよく考えてみたら、ネットに依存しすぎじゃないかなって思う時があるんですよ。
仕事でもなく、情報収集でもなく、コミュニケーションでもなく
たいして必要もないのに、毎朝パソコンの電源を入れる時がある。
ヒマだからといって日がな一日、パソコンに向かっている時が少なくない。
これって、ある種の依存症なんじゃ・・?

携帯スマホに関して言えば、いまや大多数が依存症ではないかと思っちゃいます。
地下鉄やバスの車中光景なんて、携帯いじってないのは年寄りだけですもんね。
かくいう私、移動中にメールしたり地図アプリ使ったりはしょっちゅう。

既に「パソコン依存症」「ネット依存症」「携帯電話依存症」という言葉も良く聞きます。
ひと昔前だと、テレビ依存症ってのもあったけどね。
ネット依存度チェックができるこんなサイトもあったので、自己チェックしてみたら
私は依存度45%でした。こんなもんか。とりあえず、ホッ。

度を超えたネット依存は、うつ状態を引き起こしたり、視力の低下や肩こり、倦怠感などを
伴うこともあるそうです。怖い怖い。これを機に、少しパソコンは控えましょうかね。


<おまけ>
こういうときこそ、パソコンを離れて読書するのがよろしいですね。
この夏は、話題になっていた本を一気に読破。

ビブリア古書堂シリーズは、本好きならもっと本が読みたくなる内容。
TVドラマがキッカケで読み始めた誉田哲也は、しばらくハマりそうな予感。
DVC00073_20120904111222.jpg

誉田作品はどれも面白かったんですが、印象的だったのは「ヒトリシズカ」
6つの短編集と思って読みすすめたら、実はすべての物語は
ある女性(女の子?)の存在で繋がっているのでした。
ジャンルとしては警察モノなんだけど、誰か一人のヒーローが活躍する話じゃありません。
それぞれ異なるストーリーが展開され、最後まで読むとストンと一つにまとまる。
「こう来たか!」と、いい意味で裏切ってくれる構成力が秀逸です!
DVC00074_20120904111220.jpg

謎解き、トリック、判じ物って大好き。脳トレにもよろしいようで(笑)

[ 2012/09/04 12:52 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(11)

引っ越し前夜ではありません

懐かしくて見入ってしまって片付かない
ってことはよくあるよね。
・・・と思い出した、今日この頃。

ある意味「引っ越し」って、ズボラ人間の身辺整理には有効かもしれません。
要・不要を見極めて、期限を切って取捨選択を行う良いキッカケになるから。

まぁ日頃から整理整頓してる人にとっては、アホらしいと思えるでしょうけれど
真剣にそう思うのですよ。スリム化する一番の方法じゃないかと。

そのうち片付けよう、捨てよう、とアタマでは思ってはいても
なんだかんだと理由をつけては先延ばし。
要は、めんどくさい作業から「逃避」してるだけなんですけどね。

逃避の最たるものは、震災以降ほったらかし状態のこの書斎です。
雪崩部分は箱詰めで対処しましたが、もともとココは夫の所有ゾーン。
「おれがやるから」ってゆーので放置していますが、見るに堪えない・・。
まさか、単身赴任が終わるまでこのまんまだったりして・・。
CIMG9606.jpg

さて、そんなわが家にばっちぐー(死語?)な片付けのキッカケがやってきました。
今月、LYNXガレージでガレージセールをやることになったんです。
夫ゾーンはともかく、私の本棚だけでも整理しましょう! いえい!!


・・・・と、気合いをいれたものの。

学生時代に読みあさった、あやしい探検隊。これはまた読むかも?とか・・・
CIMG9612.jpg

深夜特急は大好きだから、手放せないなあ・・・とか
CIMG9616.jpg

競馬の教科書(違)は捨ててもOK・・・とか
CIMG9611.jpg

いちいち考えながら整理すると、時間ばっかりかかってしょーがない。
断捨離ってパワー使いますね。ふぅ。

酒飲みには懐かしいコミックも、全巻そろって出てきました。
そうそう、これで純米酒のウンチクを覚えたんだよな~なんて
思わずパラパラと読み返しちゃうと、また手が止まっちゃう訳ですよ(笑)
CIMG9619.jpg

あ、この本、面白いですよ~~。ちょっと話題になってますよね♪
CIMG9609.jpg


結局、今のわが家の廊下は段ボールが一部占拠中。狭いったらありゃしない。
「一瞬だけ、コレはココに置いとこ!」が一瞬じゃ済まない優柔不断の残骸です。ハイ。
CIMG9603.jpg

ホントは本棚のあとに、CDも整理したかったのに・・・。
CIMG9622.jpg

とまぁこんな調子で、たいして進んでないんです。困った困った。
2~3箱に厳選してガレージセールに出す予定でしたが
GWまであと3週間。なんとかなるかなあ?? ・・・するしかないか^^;


<おまけ>
新書のタイトルって、独特ですよね。これウチの新書たちですけれども。
CIMG9605.jpg

東京コピーライターズクラブが主催する「C-1グランプリ」、ある回のお題は
「こりゃ売れる!と誰もが思う新書のタイトル」でした。

コチラが結果(クリックで拡大。読めなかったら下記サイトへ)
c1.jpg

入賞作品はどれも相当におかしかったけれど、講評のコメントがこれまたワンダホーです♪
コメントを読むにはコチラ

GRAND PRIXは、、「とてもじゃないが声に出して読めない日本語」でした。wwwww
個人的にはSEMIGRAND PRIXの「とどめの刺し方」もスキだなあ。

まぁ、笑いのセンスが同じ人にしかウケないかもしれません。あしからず^^


[ 2012/04/06 23:33 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(7)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。