スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京の下町で

夫の新生活準備のため、土日は東京に行ってきました。
私が東京で過ごしたのは大学時代を含む約8年、まだ20代の頃でした。
その後、仕事で上京することはあっても、プライベートではかなり久しぶり。

夫が借りた部屋の最寄り駅は、台東区三ノ輪です。
浅草やかっぱ橋にも徒歩圏の、いわゆる下町。

私自身は小田急線沿線にしか住んだ経験がなく、遊び場も下北沢や新宿・渋谷、
職場は銀座や新宿だったので(決して夜の商売ではありませぬ…笑)
いわゆる“下町”にはトンとご縁がありませんでした。
ワクワクしつつ、どこか憧れにも似た気持ちで街を歩きます。

三ノ輪駅から南東方向へ土手通りを進むと、真正面に現れたのはスカイツリー!
道路の延長線上に真っ直ぐそびえ立つ姿、なかなかインパクト大です。
思わず「おおお…!」と、声を上げてオノボリさん丸出しの私。
DVC00147.jpg
既に、完成時の高さ=634mになっていた事を後になって知りました。
震災後の3月18日にはこの高さまで到達していたんですねえ。

そういや泪橋にも近いです。あしたのジョーが出迎える商店街を発見。
庶民派ムードでイイ感じだけど、シャッターを閉めた店が少し多くて残念。
DVC00148.jpg

新しいモノもあれば、古いモノもあり、それが下町の面白さでしょうか。
建物が有形文化財にも指定されている、天丼の名店「土手の伊勢屋」。
まるで映画のセットのような佇まいです。昭和2年築。
休日のお昼時とあってさすがの大行列。。@@ソンナニオイシイノデスカ?
DVC00150.jpg

左手奥は桜鍋の「中江」。こちらも戦火を逃れた大正期の木造建築。
その昔、この吉原土手界隈には馬肉屋がズラリと並んでいたそうで、
いまも馬肉店が営業中。いずれも、そのうち訪問してみたいものです。

その伊勢屋のすぐそば、“吉原大門”の交差点。
かつての遊郭(新吉原)の入り口です。大門の跡は残っていませんが・・
DVC00151.jpg

名残りといえるのが、吉原大門交差点の角の“見返り柳”。
遊郭帰りの客が後ろ髪を引かれつつ振り返った場所にあった、とか。
モチロンこの柳は江戸時代から続くものではなく
戦災などで何度も植え替え・移転されて現在に至る、です。
DVC00152.jpg

興味深かったのは、吉原大門から見た道路のカタチ。
ほかは直線なのに、大門から遊郭に向かう部分だけカーブしています。
出入口から遊郭が直接みえないようになってるのでしょうか…?
この先に吉原神社もあるのですが、今回は時間の都合でパス。
map.jpg

土手通りから千束商店街を通って、浅草に向かいました。
花やしきの辺りまでくると、新聞と赤ペンを手にしたオジサン比率が急増。
競馬好きなら誰でも知ってる「ウインズ浅草」があるのです。
新宿は500円からだけど、浅草は100円から馬券が買える。
庶民の味方ですねえ。

西参道から浅草寺の境内へ。
ここでもスカイツリーがお出迎え。新旧の名所と、いちどきにご対面。
DVC00154.jpg

約20年ぶりに訪れた浅草は、以前と変わらず賑やかです。
ただ違ったのは、至るところで目にする募金箱や震災復興のメッセージ。
被災地の復興再生を見守ってくださるよう観音様に祈ってきました。
DVC00159.jpg

祈願した後は、焼きたてホッカホカの人形焼きをパクリ♪ んめっ!
DVC00160.jpg

仲見世を逆行して、最後に雷門をパチリ。ま、ココは押さえとかないとね。
DVC00162.jpg

生まれて初めて、念願の(大げさ?)浅草もんじゃ焼きも食べました。
これは「そばもんじゃ」という基本形だそうな。イカと干しエビ入り。
DVC00129.jpg

以下、ジモティである夫のイトコ兄妹による実演。
おぉう、ダ~イナミ~~ック! 汁を残して具だけをざざざざっと熱い天板へ。
DVC00135.jpg

知識としては知っていた作り方の通りだけど、想像以上に手早いです。
土手を作ってスープを流したと思ったら、すぐに全部をマゼマゼして、、、
DVC00137.jpg

青のりを振って、アラ、もう出来上がり!?
お好み焼きと同じ感覚だったけど、比べものにならないほどスピーディな完成。
DVC00141.jpg

鉄板に焼き付けて食べるんデショ? これをやってみたかったのです♪
小さなへらは“剥がし”と呼ぶそうで、こちらは想像通りおこげが美味い。
ジャンキーな濃い味、当然ながらビールが進みます。プハァ。
DVC00143.jpg

デザートに、あんこ巻きを作ってもらいました。
これももんじゃ? ひとくちサイズのクレープ風でかわいい。
DVC00146.jpg

イトコたちが小さい頃は「10円もんじゃ」といって
キャベツだけ入ったミニミニもんじゃが三時のおやつだったそうです。
初体験の下町の味、おいしゅうございました。


私の記憶にあった東京は、高層ビルだらけで、どこか余所余所しくて、
埃っぽくて、ぎゅうぎゅう満員電車が辛かった「TOKYO」。

でも、同じ東京でも下町ってまるで違いますね。
気取りがなくて、どこか懐かしくて、キッチュで、人間味がある「江戸」の印象。
なんとなく私の性格に合ってるのかも・・。

もっと探検したいキモチがむくむくと沸いてきたので、
またいつか、夫の部屋を訪れた際にでも下町散策したいと思います♪

震災を期に、思いがけず始まった(始まってしまった)別居生活ですが
ものは考えよう。こんな楽しみも新たに出来たじゃん!と思うと気が楽。
あれこれ心配するよりも、今の暮らしの中で前向きに考えていかなくちゃ。
もっと大変な思いをしてる方たちに、恥ずかしくないように。。


<下町散歩・おまけ>
浅草の裏道でみつけたオモローな店名。このネーミングセンスは一体…??(笑)
DVC00163.jpg



スポンサーサイト
[ 2011/04/27 18:11 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。