スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東照宮~清水屋本店

占いはあまり信じない方ですが、御神籤は隅々まで読んじゃいます。なんでかなあ。
・・・と思う、今日この頃。

以前、東照宮の近くに住んでいたこともあって、初詣やどんと祭はいつも東照宮。
特になにがあるという日でなくても、時々お参りに訪れています。

先日、散歩がてら行ってみると、まさかのこの状態。灯籠が倒れたままでした。
震災からもうすぐ半年になろうとしているのに、手がつけられてないような。
CIMG7243.jpg

横からみたところ。倒壊しないよう敢えて解体した灯籠もあるようでした。
震災の爪痕がそのまま残っているのは辛いけれど、被災地の復興が最優先ですから
きっともう暫くはこのままかもしれませんね。神様も許してくれるでしょう。
CIMG7247.jpg

参拝の後は、御神籤を引くのがお決まりなんです。
今回は「吉」。う~~ん、まずまずでしょうかね^^;
私はいつもこの小さな縁起物が付いてる御神籤にしているのですが、
はじめて「当たり矢」が入ったのを引いたので嬉しい♪ 宝くじでも買ってみようかしら。
CIMG7245.jpg

ちなみに、おみくじの「吉」は「小吉」より良いとカンチガイしてる方が多いようで
私自身、ほんの数年前まで間違っていました。
一般的には 大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>凶>大凶 ・・・の順なんですって。
(※違う順位という人もアリ)

さて、東照宮のお参りとセットで訪れるのが、参道前のコチラのお蕎麦やさん。
清水屋本店。かれこれ15年くらい通い続けています。
CIMG7254.jpg

清水屋は北仙台駅前や南光台、黒松にもありますが、なぜか各店のカラーがまるで違うんです。
ラーメンや丼モノを扱わず「蕎麦だけ」のメニューなのは本店だけ。
営業時間も11時半から3時頃までと短く、しかもお蕎麦がなくなると早じまいという潔さ。


私の大のお気に入りは、鴨南せいろ。10回のうち9回はこれを頼んでしまいます。
この店の鴨南の付け汁は、肉が小さめ。蕎麦との馴染みがよく、一緒に啜りやすいのが◎。
CIMG7248.jpg

この日は珍しくどーしても天ぷらが食べたくて、天せいろにしました。
CIMG7251.jpg

上天せいろもありますが、普通の天せいろでもこんなに種類が豊富でお得感たっぷり。
エビ・キス・エリンギ・しめじ・なす・カボチャ・ズッキーニ。カラリと揚がってます♪
CIMG7253.jpg


こちらのお蕎麦、細いながらもコシがあり、堅すぎず柔らかすぎず私好み。
主張しすぎない控えめなお蕎麦で、するするとノドを通過していきます。
(故にかならず“大盛り”にするのです^^)
8月は蕎麦の端境期ですが、きちんと蕎麦のいい香りがしました。
CIMG7249.jpg

今どきのオサレなお蕎麦やさんと違って、BGMもないしメニューも多くはありません。
白エプロンに三角巾のおばちゃんの接客は、どちらかというと地味。
でも、のんびり「サライ」を読みながら蕎麦が来るのを待っている時間や、
店内で販売されている古い和食器を眺めたりするのも、私のお気に入り。

震災後、ある人から「清水屋さんはずっと店閉まってるよ。やめたのかも…」と教えられ
まさかと思って出向いたら、ちゃんと営業していてホッ。

こういう普通の(といっては失礼だけど)町のお蕎麦やさんには
いつまでも長く頑張って欲しいものだと思っています。。。

スポンサーサイト
[ 2011/08/31 20:44 ] 外で呑み食い | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。