スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メインはどっち? 競馬&パーティー

私にとって競馬はギャンブルではありません。
競馬はブラッドスポーツ。競馬はレジャー。競馬は脳トレ。
・・・と思う、今日この頃。


取材をたっぷりこなした後は、原稿書きもたっぷり溜まってて
ロクに運動もせず、日がなPCとニラメッコ。
忙しいといいつつも、人並み以上に呑んでるし食べてるし
これじゃ太るのも当たり前だぜ! と1人ツッコミしております^^;


さて、先週日曜はご存じダービー! (ご存じない方はスルーしてね)
呑み友ご夫婦の大名マークさんちで、ダービー観戦パーティーが開かれました。
一昨年の菊花賞昨年の有馬記念に続き、この集まりは3回目。
またまたサエモン師匠が出張料理人として腕を奮ってくださるというワンダホーな企画、
競馬好きの呑み助たちが集まる口実としては申し分ありません。

今回ワタシは初めて、サエモンさんの助手をさせていただくことに。(キンチョ・・)
キッチンに入ると既に「お品書き」と手順を記した「段取り表」が貼られておりました。
このメニューを眺めながらで2合くらい呑めそうです・・♪(涎)
CIMG9015_20120530211054.jpg

この日のメニューには、師匠と関わりの深い「気仙沼」の味覚が
ふんだんに盛り込まれていました。では、さっそく参りましょう! 

まずはニシン山椒漬けを盛りつけます。
サエモンさんのblogを見てる人にはおなじみですね。いぎなり日本酒が欲しくなります。
CIMG9004_20120530211054.jpg

自家製からすみ。これまた日本酒が欲しくなります。早く誰か持ってきてえ。
これもblogを見たとき「からすみって家で作れるの??」と驚かされた一品。
バーナーであぶって香りを引き出す師匠。盛りつけ時には色紙大根を添えましたが
からすみ単独の方がダイレクトに旨さがわかるよね~なんて師匠のホンネもちらり(笑)
CIMG9008.jpg

さらに、珍味三種盛り。これもすべてお手製って、師匠のすごさに改めて感動…!
左から、イカチャンジャ・気仙沼の郷土料理「あざら」・鮭の飯鮨。
「あざら」は震災以前に気仙沼のゑびす振舞さんや磯村さんで味わった以来です(T T)
酒だ酒だ、酒もってこーーーーーいっっ (ノ≧∇≦)ノ
CIMG9005_20120530211053.jpg

お造り盛り合わせ。美しい盛りつけですね~~。お刺身の色を考えて配置したり、
あしらいのバランスを考えたり、もうこれはプロの領域。
CIMG9013.jpg

ブリ大根のように見えて、実はメカジキのカマ大根。
事前にじっくり煮しめた飴色が食欲を刺激しますね~。
魚は皮目がおいしいもんですけど、こいつのゼラチン質がこれまたネットリうまうま!
本来は寒い時期の料理ですが、ぜひ私たちに食べさせたかったんだそうです。謝謝。
CIMG9017.jpg

どの料理も完成すると、こうして写真に収めていました。
CIMG9016_20120530211051.jpg

「和」の料理中心にきましたが、ここでどーんと「洋」が登場。
楽しみにしていた、ハモニカです。※ハモニカ=カジキマグロの背びれの付け根、縁側部分。
ローズマリーを利かせてグリル。焼き野菜もたっぷり添えてます。
CIMG9020.jpg

カジキほどのでっかい魚だと、縁側といっても巨大なわけで
筋肉質でジューシーな食感は、もはや魚というよりスペアリブを食べている感覚。
手づかみでチュルルン。キレイにホネが残ります。これ、初体験でしたがめっちゃウマ!!!
DVC00143_20120530235100.jpg

さて、料理途中に突然、踊り始めたサエモンさん ・・・ではありません(笑)
布巾にくるんだ生野菜を水切りしている、の図です。
バドミントン部の血がさわいだのか、華麗なサーブ&スマッシュの動作で水切り中^m^
CIMG9024_20120530234423.jpg

激しい水切りがなされた生野菜の上に乗っかったのは、気仙沼ホルモン♪
左は市販品ですが、右の袋は味噌に塩麹を混ぜ込んだ師匠のオリジナルです。
こういうところにもひと手間加えて自分らしさを演出してるんですね。さっすが。
CIMG9025.jpg

大名マーク邸のキッチンはIH。気仙沼ホルモンといえば炭火焼きが特色ですが
それができない代わりに、炒めたのちバーナーで焦がして風味をプラス!
CIMG9027.jpg

手間ひまかける、の真骨頂を見せつけられたのはフィデウアのスープ作りでした。
ブイヨンや○○の素、的なものに頼らずキッチリ素材からエキスを引き出すのです。
エビの殻、アサリ、いかげそなどを贅沢に使用。出汁をとったあとの具も食べられそうですが
旨みを出し切って役割終了ということで、このコたちは此の後サヨ~ナラ~。
CIMG9023_20120530234424.jpg

・・・なんかこのあたりから、カメラがどっかいっちゃって撮影がお留守に^^;
フィデウアもだし、その後の箸休めの漬物、肉骨茶風豚の角煮の画像がなっしんぐ(涙)

気仙沼風味がてんこ盛りだった全11品。ラストだけ庄内風味を加えていただきました。
これが素材の茹で上がりなんですが、何かわかりますかね?? 完成図、これまた画像ない(涙涙)
CIMG9032.jpg

※※※この日のすべてのお料理と解説は師匠のblogでご覧ください!!

気仙沼の味とサエモンさんの手料理の数々、堪能しました。
胃袋がキツイ。満腹&大満足^^
普段の自分の食生活が「スピード」「手抜き」の嵐だったので、かなり刺激受けました。
ま、刺激をそのまま参考にするかどーか聞かれると困りますケドね。

で、肝心のレースですが。。。結果は聞かないでくださいませ(笑)
DVC00144_20120530235059.jpg

もはや「競馬」が目的といえないような、イミフな集会になりつつありますが
みんなでワイワイ楽しい時間であることに変わりはないのです。
だから、いいのですこれで。あぁ楽しかった。

さ、もう少し仕事しなきゃ。。。
働かざる者、呑むべからず!! と自分に言い聞かせております(爆)

スポンサーサイト
[ 2012/05/31 00:27 ] 外で呑み食い | TB(0) | CM(5)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。