スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トメ語は難しい

英語の成績は悪くなかった(と思っている)のですが
英会話は全くダメでして、海外旅行の際は大抵カタコト+ボディランゲージで乗りきります。
自信を持ってしゃべれるのは、今のところ普通の日本語と庄内弁。
宮城の言葉は、いまだに「?」となるコトがたまにあり
それがトメの発する言葉だと、さらに「?????」。求められるのは、想像力と推理力。理解に疲れる(>_<)
・・・と溜息ついちゃう、今日この頃。

「溜息をひとつつくたび、幸せがひとつ逃げていく」なんて言いますね。
だから溜息つくのはホドホドにして、どうせ吐き出すのなら、酒くさいゲップを! (どんな理屈やねん)
と、昨晩は痛飲し、今朝気づいたらベッドの上でした。
たしか先週某日もそんな感じで呑みすぎて。喉が渇いて目が覚め、冷蔵庫に向かおうとしたら
廊下の暗がりにヘビ! ぎゃあああ!!! ・・・って、ヘビの正体はベルト。
酔って脱ぎ散らかしたんですね。記憶は当然ございません (笑)

飲み過ぎ注意。


ま、美味しく呑んだり食べたりすることで気分転換したり、ストレスを和らげたりできるのも
呑み助だからこそ♪ お酒が呑める身体に生まれてシャーワセです(*^。^*)

基本的には、あまりストレスをためこまない性格と自認している私ですが
このところシュートメに、認知症の初期?と疑わしき状況が表れ胃がキリキリ。
「***を無くした」「***が見当たらない」というヘルプコールが急増し、
心身共に振り回されてて。

自分の年齢と親の年齢をかんがみれば、いつこうなってもおかしくないって判ってたけど
トメと同世代の両親(実父母)が、やたら元気だったこともあって、実は判ってなかった。
ココロのどこかで「まだまだ先だろう」と楽観していたことを反省しつつ、
詳細は書けませんが、いろいろと対応策を考え始めたところです。

さて! そんな湿っぽい話はおいといて。

ボケ始めたババアだろうと何だろうと、容赦しない鬼嫁anegoとマイペースなトメ、
相変わらずヨメトメバトルは日常茶飯事で展開中でございます。
でも、口げんか的な会話の最中、不意に“ヒザカックン”されることが度々あるんですよねー。

本日は、その中から特にココロに響く珠玉の「トメ語録」を2点ご紹介いたしましょう~♪ 


1) パスタの味
最近、足にちょっとしたケガをしてしまったトメ。買い物にいけないし、外食も億劫だというので
土日のどちらかは必ず、数種のお惣菜を作って持って行き、3人で一緒に食べてます。
ご存じの通りトメは好き嫌いが激しいため、面倒でも買うより自分で料理したが手っ取り早い。

先週末は、炊き込みご飯、根菜類の煮物、コールスローサラダなど。
先々週は、五目いなり、鯵のマリネ、玉こん煮など。その前は、胡麻ダレうどん・・・おかずは失念。
文句いいつつ食べてくれるのはありがたいのですが、「文句」が先で「おいしい」が後になるのは
どーにかならないものか、っていつも思ってしまふ。さすがは、ネガティブ・トメさんです。

そこで、たまにはリクエストに応えてみようと閃いた。
食べたいものを出されたら、いくらトメでも「わー」とか言ってくれないかな、と期待して・・。

私「ね、ね、来週はお義母さんの好きなもの作ってくる! 何が食べたい?」
トメ「え~? 別に食いでぇものなんて無いよわ。としょりは、出されたもの黙って食えばいいの」
私「(カチンときたけど気にせず)そんなこと言わないでさあ、何でも作るから言ってよ~」
トメ「・・・(少し考えてから)・・・しばらくパスタ食ってねぇなあ」
私「パスタ、いいねえ♪ (←実は、スパゲッティ、と言わなかったことにビックリ。笑)」
トメ「うんだ」
私「よし、わかった。じゃあ来週はパスタで決定ね。ちなみにお義母さんはさ、どんなパスタが好き?」
トメ「どんなって・・・普通の味なら何でもいいワ」
私「普通といわれましても。例えば、トマト味とか、クリーム味とか、和風とか」
トメ「何でもいいけどよ、アレは嫌いだナ。化粧品の味するやづ」
私「け、化粧品?????」 !!(゜ロ゜ノ)ノ

化粧品の味!? って、何のパスタだよ!! 理解不能。予想不可能。 アタシだって食いたくねーよ!
いろいろ聞いても「ホレ、あるべした? 化粧品の味するアレ。アレは、やんだなー」としか答えてくれません。
ノーヒントで判る訳ないっしょ!!! 誰か、想像力豊かな方、“アレ”を教えてプリーズ!!

ジェノベーゼか?
pasta.jpg


2)贈り物は三越で
県南の大河原町に、三越があることを皆様はご存じでしょうか?
といっても、仙台三越のような百貨店スタイルとは違い、正確にはサテライトという扱いで
主にギフト商品をラインナップする小規模な店舗です。

独居老人のトメ、息子夫婦があてにならないので、ご近所さんとのお付き合いは命綱。
なかでも一番お世話になっているのが、すぐお隣に住むサトウさん(仮名)のご主人です。
元・大工さんということもあってDIYはお手の物だし、トメより年上なのに足腰が達者、
フットワークも軽いので、先日のカギ紛失騒ぎの時にも、それはそれはたいそう助けていただきました。

その際の御礼は私が済ませており、そうするからね、とトメにも話していた。
けれどもトメは、自分自身で御礼しないと気が済まなかったらしく・・・。

トメ「この前、三越さ行って買ってきたの。サトウのおんつぁんに、いいなあと思ったのあったがらヨ」
私「え~? もう御礼は済ませたのにぃ~(-_-;)」
トメ「んだっけが? でももう、おんつぁんさ渡してしまったわ。いいっちゃ」
私「それはお義母さんのキモチだから、いいけどさ・・・。で、何あげたの?」
トメ「ヌンチャクだ」
私「へっ? ヌンチャク?? ( ・◇・)? 大河原の三越に、ヌンチャクなんて売ってたの?(まさか)」
トメ「普通に、売ってだよー」
私「あのさ、お義母さん、ヌンチャクってどんなの?」
トメ「何いってんの。バカにしてんのが! 細長いやづだよ( ̄ヘ ̄メ)」

参考画像。うむ、確かに細長い。
nunchak.jpg

トメ「パッと見て、デザインが渋くて良いなと思ったの。おんつぁんさ似合うと思って」
私「・・・・。ヌンチャクって、デザイン色々あるんだ・・」
トメ「あだりめだべ! 色だってガラだって、さまざまだ。仙台では売ってねぇのが?」
私「・・・いや、私は買ったことないから・・。ねえ、サトウさんは喜んでた? 」
トメ「いいガラだなやーって、喜んでくれだよお♪ ( ̄^ ̄)エッヘン」
私「ふうん・・・」

参考画像2。こんな絵柄か?
nunchak2.jpg

確かに、サトウさんは肉体派っぽい。運動として使うかも、と無理矢理ナットクしようとしたけど
どうしても気になる! サトウのおんつぁん、ヌンチャクなんて使うの? 迷惑な贈り物だったんじゃない?
いや、何より現物を見てみたい!! 良いデザインのヌンチャクって、どんなの?
そして願わくば、私もちょいと使ってみたい!! アチョーー!

気分はもちろん↓
nunchak1.jpg


ということで、真実を確かめるべく、トメに気づかれないようこっそりお隣にピンポン。
贈った品物を見せてほしいと頼んだら、おんつぁんの手には木綿とおぼしき布の袋。
・・・そう。ヌンチャクは、キンチャクだったのです。 ┐('~`;)┌
確かに細長くて、彼に似合いの素敵なデザインでしたとさ。チャンチャン(爆)

ふつうに出会っていたら、絶対に友達にならないくらい憎たらしいトメだけど、
時折、こんなオモロネタを提供してくれるのが救いだなあ。

渋いデザイン。
kinchak.jpg
※実際とは異なります(笑)


<おまけ>
W杯では長谷部をホメまくり、いつの間にサッカーに詳しくなったんだろう?
ボランチを評価するなんて見る目があるじゃん!と思いきや
「長谷部は最高だ。顔は一番だな」
・・・そこか~!( ̄▽ ̄;)



スポンサーサイト
[ 2014/06/18 22:00 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。