スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飯坂温泉 花ももの里

梅が咲くと、春の訪れ。桜が咲いたら、春本番。桃はさしずめ、春爛漫?
・・・と思う、今日この頃。

大河原の桜、船岡の桜と、ピンク色の記事が続いておりますが
春なのでお許しくださいませ。

先日、福島方面に出かけた際、初めて「花ももの里」というスポットを訪れました。
ただ目的地に行くだけと思っていたら、せっかく花の季節なのだからと
ドライバーKさんが気を利かせて立ち寄ってくれたのです。


福島といえば、この時期だと花見山があまりにも有名ですが
こんなに素晴らしい見どころが飯坂にあったとは、全然知りませんでしたねー。


ここは、宇都宮大学農学部前教授吉田雅夫氏の指導により同大学との共同研究として
平成15年秋に私有地を借り受け、吉田氏が世界中から集めた40品種を
40アールの敷地に約200本植栽しています・・・とのこと。


もう、「キレイ・・」という言葉と、「はぁぁ・・」とため息しか出ません。
桃源郷という言葉に「桃」という文字が使われている理由がわかった気がしました。


色も、花びらのカタチも、立ち姿もさまざま。
こんなにも多品種の桃の花がいっぺんに咲き誇る様を観賞したのは初めてです。


人出が少なかったのは、イベント開催前だったせいもあるでしょうけれど、
まだまだメジャーではない“穴場”だったからかな?
のんびりシートを広げて、ピクニックもイイ感じ。
無料だし、駐車場も完備しているのがいいですねー。



いろんな人に「行ってみて~!」とアピールしたら、後日、風写さんが訪れてくれました。
たくさんのキレイな写真と共にレポしてくれてますので、コチラも是非、ご覧くださいませ。

<おまけ>
ランチは、利福医王寺店へ連れてってもらいました。
私は、煮カツ定食をオーダーしたのですが
なんとビックリ、ごはんが1人ずつ「おひつ」で出てきたのですよ!@@


煮カツ自体もボリューミーなのに、ご飯茶碗で約4杯分もあるって・・・。
連れの女性は1膳だけ、男性陣2名も半分弱でギブアップ。
でも、私だけは、しっかり完食したのであります。偉いでしょう? 誉めて下さい(笑)

でもなー、正直いってこのスタイルはモッタイナイと思う。
若い学生さんとか、肉体労働者さんには嬉しいサービスなんでしょうけれど
どう考えても中高年には厳しい。
食べられる量だけ提供してもらった方が、罪悪感がないのに。
・・と思いませんか、みなさん?

スポンサーサイト
[ 2015/04/26 18:47 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。