スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アカテンコのフルコース

仕事より、トメ関係のあれやこれやに時間が取られることが増えてきました。
ストレスといえばストレスに違いないけれど
美味しいもの食べて呑んでいれば、それだけでシアワセ。
・・・と思う、今日この頃。

金曜の夜、母から着信。父が久しぶりに船釣りに出かけたらしく
「テンコをたくさん釣ってきたので、明日、当日便で送りますね」。ありがたや~~♪
庄内でメバルといえばこれ。ウスメバルのことを、アカテンコと呼ぶのです。旬は今頃から夏にかけて、かな。

夫が仙台にいる週末に、こういう贈り物が届くのは嬉しい。(独身dayだったら、むしろ困る。笑)
しかも今回は父にも余力(?)があったのか、ウロコと内臓を取ってあり
夜に届いてもすぐ夕飯用に調理できるのが、とってもとっても嬉しい。(夜中の生臭処理は気が重いのだ。笑)


なにはなくとも、まずは刺身! ちょっと盛りつけが雑だし、写真かひっくり返ってますがご愛敬~^^;
コリンコリンと歯を押し返すような弾力の強さは、新鮮さの証しですが
熟成させた旨味も捨てがたいので、もう1匹分を刺身用にサクにして冷蔵庫で保存。


アラは、昆布出汁をさっと引いて潮汁にしました。豆腐やネギを入れようかな~とも思ったけれど、
小骨をチュパチュパするには邪魔な気がして、潔くアカテンコちゃんのみで。


刺身と潮汁で酒をかっくらった後は、鍋に残った汁を残さず食べるべくサッパリと雑炊で〆。
梅干し(これまた父の作)が、良く合いました。


翌日は、刺身の一部を漬け丼にしました。
細切りした刺身をつけダレ(酒・みりん・生姜の絞り汁・胡麻)で軽く揉み込んで、ほっかほっかご飯にオン♪ 
ぐっちゃぐっちゃにケモケモしてから、お行儀悪くかっ込むのが一番んまいです。
そして、〆の〆にお茶をぶっかけてもgood。鯛茶漬けの要領ですな。


この日は塩焼きも食べました。テンコといえば「煮付け」が定番ですが、夫は塩焼きの方が好きなのです。
実際、脂の乗った白身の甘味ときたら、キンキにも負けてませんでした。ある程度以上のサイズなら「焼き」が上かも?


という訳で、定番の煮付けまで、いまだに辿り着いておりません。
到着した日に煮付けた2匹は、タッパの中でオネンネ中です。そろそろ食べなきゃ。
完全に汁は煮こごりになっていて、これまた激ウマ!! ひとさじ、ふたさじ味見したら酒が欲しくなりました(笑)
今夜の肴に、いただくことにいたしましょう。



以上、アカテンコちゃんのフルコースでした。
お父ちゃん、ありがとう。ごちそうさま。

・・・父の日には、釣り道具でもプレゼントすっかな。


スポンサーサイト
[ 2015/05/26 12:03 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。