スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツ生まれの高畠育ち

夏休みは終わったのに、週末の高速道路は土日とも混雑してました。
無料の山形道だけかと思ったら、そうでもない。ナンデでしょ?
・・・と思う、今日この頃。

日曜日、仕事関係で山形の高畠町まで行ってきました。
ナンボ言っても涼しくなんないのはわかっちゃいるけど、朝からあちぃあちぃ。
CIMG4019.jpg

高畠といえばワイナリー。ちょうど葡萄がたわわに実ってる季節ですね。
収穫前の葡萄畑はどこもかしこもネットに囲まれて厳戒態勢。
写真には撮りにくくて・・・これはシャルドネかしら?
CIMG4041.jpg

さて、今回の目的地はワイナリーではありません。
(どーせ仕事中じゃ試飲もできないし!)
高畠ワイナリーのすぐ近くにある小さなハム・ソーセージやさん
「スモークハウス・ファイン」です。
CIMG4048.jpg
豚さんのロゴがカワユイ~♪
そして、その背後にズラーーーと並んでるのは
国際的な食肉コンテストで獲得した金・銀・銅の賞状 こりゃ圧巻。

今でこそ、よく見かけるようになった無添加ハム・ソーセージ。
スモークハウス・ファインさんは、もう20年も前から取り組んできたそうです。
「修業していた当時は、添加物なしで作りたいというと異端児扱いされた」
と、オーナーの片平さん。
時代によって180度、常識・非常識が変化することに改めて気づかされます。

幼い頃、畜産と農業を営んでいた片平さんのご両親は、
化学調味料や添加物を一切使わずにハムやソーセージを作っていたとのこと。
そのご両親の姿を見て育った片平さんだからこそ、
無化調・防腐剤ナシで作りたい!!と、自然に思ったのでしょうね。
そして、そのこだわりが世界で認められたと。スバラシイです
CIMG4060.jpg

「ハム・ソーセージ業界のワールドカップ」ともいわれる
本場ドイツの食肉加工コンテスト(IFFA、SüFFA)で、見事
金賞をゲットしたガーリックペッパー(左)。文句なしにウマイっ!
チキンソーセージ(右)はアッサリ味していてトマト系の香りが新鮮♪
見た目は地味ですが、個人的にはベーコンがメッチャ気に入りました。
CIMG4046.jpg

コチラはスモークしていない生ソーセージ。通称ぐるぐるソーセージ
解凍して両面に焼き目をつけたら、少量水を差して3分ほど蒸し焼きにします。
思わず「ウマ!!!」と声にでるくらい、プリッ&ジュワッと肉々しい。
奥様が「ちょっと餃子みたいでしょ」と仰ってたけど、まさにソレダ!
CIMG4044.jpg

某TVのアレにも出場。惜しくも第二位。
CIMG4049.jpg

その他もろもろ、商品についてはコチラ HP→スモークハウス・ファイン

・・・・・・

仕事も終わって帰路。ちょっと一服すっべーーーと、
山形市内の馬見ヶ崎川沿いにある、とあるカフェでコーヒーブレイク。
どこに立ち寄ったか、きっとわかる人はわかりますね? 
CIMG4052.jpg

エアコン無しのオープンエア、暑さもさほど感じません。
木陰って偉大だなあ・・・。店内には小さい秋
CIMG4051.jpg

冷たいモノより、温かい飲み物が欲しくなったので
チャイを所望したら、こんな面白い器で登場しました
CIMG4054.jpg

底が大きく平べったいこのカタチ、ちょっと酒燗器にも似てますね。
オーナー曰く、これは不安定な場所でも動かない・こぼれないための器で
船や汽車で使われていたものだろう、とのこと。
デザインは日本的ですが、アメリカ製。描かれているのはグースです。

仙人のようなオーナーと、小一時間まったりお喋りを楽しみました。
日曜日のお仕事って、どっかヤンダグナルキモチがあるんだけど
こうしてワンクッションおいてから帰宅すると、
頭も心もスッキリする気がします。
[ 2010/09/06 11:48 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(7)

混んでいたのはアレのせい?

灼熱の日本一芋煮会には行かなかったのね。
[ 2010/09/06 13:03 ] [ 編集 ]

違うと思う

>風写さんへ
とっくにイベントが終了してた時間だったし、
山形道よりも東北道の方が混雑してたんですよ。
こんな暑くてもみんな遊びに行きたいってコトかな?
[ 2010/09/06 14:56 ] [ 編集 ]

お疲れさん!

山形のCafe気になります・・・
何処に居ても暑いからクーラーのきいた車が楽だという事でデハルのでは?
今年の山形の芋煮、流石この暑さで10000人分の芋煮が余ったそうですが、これってどうすんだろね?
[ 2010/09/06 19:17 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
おばんです。
山形のcafeは、おそらく☆さんもご存じであろう「espresso」。
確か、びーえむあいさんが記事にしてたと思うけど見つけられず。。。
ご参考までに、コチラをご覧ください。http://www.yway.jp/shop/264/

余った芋煮、確かに気になりますねえ・・・。要調査。
または次回、espressoに行ったらマスターに聞いてみるとか?^^
[ 2010/09/06 23:03 ] [ 編集 ]

ありがとう!

情報ありがとう、場所が解ったので行ってみます!
[ 2010/09/07 06:08 ] [ 編集 ]

結局余ったけど

朝刊によると、芋煮、最後の方では無料配布されたそうです。

カフェの場所は前回蔵王お泊りの翌日、文翔館からの帰り道、伴走していたびーえむあいさんが消えたあたりでしょうか。
[ 2010/09/07 08:09 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
行ってらっしゃいませ~^^ 被写体てんこ盛りのカフェです。

>風写さんへ
あらま、余ったのは無料配布ですか…。たしか以前は逆に足りなくて、
チケット買った方に返金したとか聞いたこともありますが。
難しいんですね、ほどよい量って。

びーえむさんの消えた場所? σ(´・ω・`)...記憶なっしんぐ
[ 2010/09/07 10:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/175-deacf0c4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。