スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大山新酒・酒蔵祭り2011 その2

「走る居酒屋」がホントにあればいいのに
・・・とマジに思ったりする、今日この頃。


大山新酒・酒蔵まつりの続きです。


このイベントは、スタンプラリー券を購入すれば
4つの酒蔵を自由に回って試飲できるという、呑んべにとっちゃ極楽至極のお祭り。
飲み歩きのルートに制約はありません。ただし、時間帯やタイミングによっては
長~い長~い行列に捕まってしまうので、いかに時間のロスなく
効率的に廻れるかが勝負の分かれ道となるのです。

今回、風写隊23名は昼食処から3チームに分かれて行動したのですが、
どうも南から攻めた私たちのチーム(あびこ組)が一番効率良く回れたようで
1)羽根田酒造 2)渡會本店 3)冨士酒造 と、3つの蔵を順調に制覇。

さあ、ラスト4つめは「大山」ブランドの加藤嘉八郎酒造

ここでようやく他の隊員達とも合流です。生きて会えてヨカッタね♪
CIMG6072.jpg

冨士と同様、ココでもその場で瓶詰めしてくれる「しぼりたて槽前酒」が大人気。
CIMG6076.jpg

私も1本購入です。ラベル貼りも、打栓も手作業。
CIMG6075.jpg

もともと冨士と大山のしぼりたてをゲットする予定でしたので
今思えば、この2蔵を後半にしたことで重い荷物を持ち歩かずに済んだし
そういう意味でも今回の南から北上するルートは効率的だったかもしれません。


日本酒といえば純米酒を選ぶことがほとんどの私ですが、
この本醸造は思わず「ウマイ!」と唸る味。お、隊長も一本、お買い上げですね。
CIMG6077.jpg


痛風ぷりん体さんは、手の空いている蔵人さんを見つけては質問していました。
さすが“呑兵衛師”を名乗るだけあって勉強熱心です。私しゃ呑むだけだし~(笑)
CIMG6084.jpg


この蔵では御雛様も展示してまして、土地の言い方だと「おひなはん」
もう4蔵すべて制覇したことだし、時間もあるし、焦らずゆっくり見学しましょう。

建物2階にあがると、蔵造りの構造を間近に見ることができます。
伝統構法好き&木組みフェチの私には嬉しい光景。
大屋根を支える小屋組は無骨ながらも風格があり、極太の登り梁が短い間隔でズラリ
とならぶ天井が高く確保された構造です。
CIMG6083.jpg


これが加藤家の御雛様。
明治から大正期の古今雛だそうで、立派なもんです。お膳も豪華に尾頭付き。
こうした古い御雛様は庄内各地に残っていて、4月上旬まで
「庄内雛街道」と称して多数公開されています。
(※行かなかったけど本長商店でも御雛様が見れたハズです)
CIMG6082.jpg

ところで、御内裏様の脇に見える犬の置物、なんだかわかりますか? 
写真ボケボケですが、これは「犬筥(いぬばこ)」という張り子の犬で、
安産祈願や子どもの御守りなんです。また、ぼんぼりの脚は本物の鶴の足なんですよ。
CIMG6082-2.jpg

ちなみに、大山地区には「犬祭り」という300年以上続く伝統行事があって
大山と犬の関係は深いのです。その6月に開催される「大山犬祭り」でも
酒蔵からの振る舞い酒があるそうですので、興味のある方は是非~♪

さてさて、スタンプラリーもこれにて終了。
どまんなか商店会と本長商店でもスタンプをもらったので6個たまりました。
スタンプ4つで参加できる抽選は、末等のワンカップ。。。^^;
ワンカップ片手に、サービスの白玉入りお汁粉をフゥフゥ。
アルコール漬けになった胃腸と肝臓に、甘くて温かいお汁粉がしみじみ美味しく感じます。
CIMG6085.jpg

しぼりたての新酒だけでなく、大山の街並みや地元の方たちの
心づくしのおもてなしを堪能しました。いいイベントです。

帰路は「庄内おばこの里・こまぎ」に立ち寄ってお土産を物色。
(一部の女子は温泉入浴!!@@)
CIMG6091.jpg

さすがにこの時間(17時前)じゃ、寒ダラもメスだけしかないですね。
お値段もオスとは大違いの激安。オスは早々に売れちゃったのか一匹も見あたらず。
CIMG6092.jpg

まだ試飲するんかい!(といいつつ私も飲んでましたが^m^)
CIMG6089.jpg

そして、またまた帰りのマイクロバスは「走る居酒屋」と化しました。
みんなタフですね~。夜勤明けの大名さんは、白河夜船?
CIMG6093.jpg

一部、「走るキャバレー」という声も・・?(笑)
CIMG6095.jpg


なんか知らない間に、新しいカップルも生まれた模様・・??(笑・笑)
CIMG6094.jpg

きっと車内は相当にアルコール臭かったハズ。
運転してくれた千葉ぴーさん、ホントにホントにありがとうございました♪
今度あらためて御礼をさせていただきますね。
CIMG6087.jpg

仙台到着後も2次会へ突入した私たち、都合約15時間は飲んでたんじゃないかしら・・・?
長く、楽しく、笑いっぱなしだった濃密な一日でした。

隊長はじめ、お世話になったみなさまに感謝いたします。


・・・さ! 次はドコ行こう?


[ 2011/02/18 13:38 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(7)

15時間に及ぶ大宴会、お疲れ様でした!!バスや保険やチケットの手配、南軍司令官、その他もろもろ、大変お世話になりました。anegoさん、本当にありがとう。

去年も今年も拝めなかった「おひなはん」、anegoブログのお陰で見られました。豪華ですねー。春の足音が聞こえてきそう。
[ 2011/02/18 22:54 ] [ 編集 ]

「走るキャバレー?」に思わずニンマリとしてしまいましたが、
「朝からサケ飲んで騒いで、誰にも叱られないっていいよな~」の言葉にこの日の楽しさが集約されているような・・・(笑)
皆さんのレポですっかり行った気になっています。
楽しいレポありがとうございました!お疲れ様でした♪
来年こそはこのミッション制覇したいみっちょんですっ!
[ 2011/02/19 10:01 ] [ 編集 ]

すごいツアーですねi-84
もりだくさん。

千葉Pに運転を頼んでいたのは、このツアー!と今、謎が解けました。

さすが、のんべーの皆様e-287

皆でわいわい楽しそうですねぇ!!


[ 2011/02/19 11:39 ] [ 編集 ]

走る居酒屋。

あとはトイレが備え付けなら言うことなしでしょうか(^▽^;)?

帰りに寝ていた間に後ろでは走るキャバレーまで
展開されていたのですねぇ…。

来年は酒のつまみに
「anegoの弁慶飯付き(オプション)」はいかがでしょう( ̄~; ̄)。
[ 2011/02/19 12:28 ] [ 編集 ]

お返事おそくなりましたーー

>ユケチュウさんへ
こちらこそ色々助けていただきありがとうございました。
最後のゴミ捨てまで付き合ってもらっちゃいましたね~^^
飲み歩きもいいけど「おひなはん巡り」も楽しいんですよ。
母方の実家にも古~~いおひなはん(ある意味コワイ)があります。

>みっちょんさんへ
夕べは突然の乱入失礼しました。
大山、是非とも来年はご一緒にミッチョンに臨みませう。
みっちょんさんがいたら「走る×××」もワンランクグレードあがりそう( ̄~; ̄)

>じょびへ
そうなんです~、千葉ぴーには去年から根回ししてました(笑)
実は、ふらんそわにも声かけてたんですが、今回は都合が合わず。。残念。
オサケが呑めたらサイコーだけど、呑めない人にも楽しめるイベントです♪

>zepさんへ
帰りのバスで、買ってきた弁慶飯食べながら呑んでました。
やっぱり弁慶と冷や酒は黄金コンビ!! 
でもなあ、来年持って行くには相当早起きしないとなあ、、、(悩)
 
ところで夕べは私も後半戦の記憶が曖昧です。。。ヤバイ。。。



[ 2011/02/20 18:59 ] [ 編集 ]

こんばんは

私も酒蔵祭りに行きました。

昔鶴岡に住んでいたことがあって、毎週日曜に新民館に通っていました。
今は場所が少し移動していて、中も博物館みたいになっていましたが、非常に懐かしかったです。

当時は竹の露と初孫ばっか飲んでました。
[ 2011/02/24 18:54 ] [ 編集 ]

>Dさんへ
まあ、鶴岡人だったことがあるんですね! しかも大山に縁が。。
では私の里の藤島もご存じでしょうか・・?
お祭り当日もどこかですれ違ってたりして^^

昔、祖父や父は「冨士」「初孫」ばっか呑んでました。
竹の露の「白露垂珠」もスキな銘柄です♪
[ 2011/02/24 20:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/247-8c330d68




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。