スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

震災を経た桜と街の記憶

あれからもうすぐ4ヶ月。これからもずっと枕詞のように
「あれから」といい続けるに違いない。
・・・と思う、今日この頃。

震災前に仕事で知り合った気仙沼の某団体から最新ニュースレターが届きました。
その中に書いてあった言葉の一つ一つを読んでいると
4ヶ月経った今の被災地にも、人それぞれの考え方があることが垣間見えます。

「がんばろう! とか、前に進もう! という言葉に少し疲れる」

「仮設住宅に入居したが、買い物に行くとすぐ万札が飛ぶ。
支援物資はもらいに来ないようにと言われたが、収入のあてもない」


「家が残って良かったね、と言われても・・。家の中は壊れてるのに」

「今は支援される側だけど、10年後20年後には困ってる人を助ける側になりたい」

「モノも大事だけど、心が和むイベントも大事だと思う」

「商店だってがんばってるのに、無料配布なんて・・」

なにが正しいとか、間違っているとか、私にはとても言えないけれど
せめて、リアルな被災地の声だけは知っておきたいと思うのです。




仕事でお付き合いのあるカメラマン・大沼英樹さんより
新しい写真集「それでも咲いていた千年桜」と写真展のお知らせが届きました。

大沼さんといえば、桜
毎年、桜前線を追いかけて全国各地の桜をカメラにおさめています。

大沼さんの写真にあるのは、樹や花の美しさだけじゃありません。
人々のなにげない暮らし、幸せの風景、命のかがやき。
たった一枚の写真の中にも様々なストーリーを感じさせてくれます。

今年も同じように、桜のある風景を追いかける旅をしていたのですが・・・。

(↓クリックで拡大します)
チラシ1

※写真集・それでも咲いていた千年桜「はじめに」より抜粋

桜をめぐる旅で、今回のような悲しみと怖れ、
そして怒りを覚える桜に出会ったことはありません。

なかでも忘れがたいのは、瓦礫と化した街路の脇に佇んでいた一本桜です。
枝はもぎ取られ、幹は傷だらけ。その幹には養殖牡蠣の筏が巻き付き、
その垂れ下がった何百個もの牡蠣からは、
海の匂いとともに異臭ともいえる強烈な匂いがしていました。

その桜は、まるで“鬼”のような形相をして
津波の水位とそのもの凄さを伝えていました。
それでも桜は健気にも枝にしがみつくように花を咲かせ、
その白く小さな花びらは夕日に照らされて紅色に染まっていました。

僕はそこから動けなくなり、結局夜明けまでシャッターを切り続けました。
夜、流れ星が何度も輝きながら落ちていきました。

僕は、この桜の樹の下で昼夜を過ごしながら
千年後、どんな困難にあっても人々がそこから立ち上がることができるように、
被災地の桜の記録を残そうと心の中で誓いました。



先月、ワンポケのボラで被災地に出かけた際、
初めて目にする瓦礫の光景に思わず泣き出してしまった学生さんがいました。
ショックだったと思います。でも、これが現実。
しっかり記憶しておくことも、生かされた人たちの役目。

被災地に咲く桜は、過酷で厳しい中にあっても生き続け、
春には花を咲かせました。
そのひたむきな生命力、ぜひ多くの方に見て欲しいと思います。

大沼英樹さん写真展 PIECE LINE
7/22(金)~27(水) 南町通り「くろすろーど」にて開催
11時~19時(最終日17時まで) 入場無料




そして、さらに同じく仕事でご一緒している
カメラマンの伊藤トオルさんからも、写真展のお知らせがありました。
(記事アップ遅くなってスミマセン・・汗)

仙台の風景を、一万枚の写真で記録しようと
2001年にスタートした「仙台コレクション」プロジェクト。
第15回めとなる写真展を開催中です(↓クリックで拡大します)。
ちらし2

この写真展は販売もあり、売上げは「国境なき医師団」に寄付されます。
フレーム無し・六切サイズ1枚2500円、A3サイズ1枚4500円。
ぜひお運びください♪

仙台コレクション写真展 vol.15
7/10(日)まで、青葉区錦町SARP仙台アーティストランプレイスにて
11時~19時(最終日18時まで)

[ 2011/07/08 09:41 ] 東日本大震災 | TB(0) | CM(2)

写真展

ぜひ行ってみます!

大沼さんの言葉に感動しています・・・。
記事に使わせていただきました。
[ 2011/07/08 14:01 ] [ 編集 ]

>みっちょんさんへ
レス今頃になってスミマセン。夏風邪で週末3日間、寝込んでました^^;
熱はなかったけど、頭痛と喉の痛みで珍しく食欲もダウン。いやはや参った。

記事リンクありがとうございます!
大沼さん曰く、この桜たちは「どんな困難の中でも生きていく東北人の魂」。
ぜひたくさんの方に知ってほしいです。
[ 2011/07/11 15:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/298-7b075535




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。