スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かねやまいいとこ、一度はおいで(その2)

♪もしも~私が~家を建てたな~ら~
かねや~ま~杉ぃで~、建てた(い)でしょおお~♪♪
・・・と思う、今日この頃。

冒頭からわかりにくかったですね、若い方には通じなかったでしょうか。小坂明子。

金山まち歩きの続きです。


ちょいと経路が前後しますが、そば処・草々と同じく旧羽州街道沿いに建つ
カネカという会社の建物。大正初期の建築。
CIMG7386.jpg

町屋らしく、この建物にも玄関から裏庭?までの通し土間が存在します。
間口よりも奥行きが長いというこのスタイルも、草々の建物と同じですね。
CIMG7387.jpg

金山町では、金山杉を使って建てる“金山型住宅”を助成制度によって推進しており
年月を経て古くなっても美しさを保つ街並みと景観づくりに力を注いでいます。
その原型ともいえるのが、こうした建物なんですね。

“金山型住宅”は、白い壁に黒か茶の壁、下見板、深い軒が象徴的。
こちらは、住宅ではなく「蔵史館(くらしかん)」の蔵ですが、特徴はほぼ共通します。
CIMG7395.jpg

ぜひ訪れたかった「きごころ橋」。屋根付き、木造の歩道橋で、クルマは通れません。
ほんのわずかですが、緩やかなアーチ状になっていました。金山大工の職人技です!!
CIMG7397.jpg

橋の中を歩いてみると、川面から吹き上がる風の効果なのでしょうか、とても涼しかった。
ベンチに座っている飼い主の横で、ワンコものんびりタイム?
CIMG7399.jpg

「めがね堰」。ここにも色鮮やかな錦鯉が気持ちよさそうに泳いでいました。
町のあちこちを流れる水路は、どこもゴミ一つなく整備されています。
おだかやで、静かで。いわゆる“観光地”とは違う、ゆったりした時間の流れ・・。
CIMG7404.jpg

水路の美しさを引き立てているのが、たくさんの花々でした。
庭先、玄関先、塀のふち、道路脇のそこかしこに咲く季節の花たちが、この町を彩ります。
金山でもっとも古い建築の「長屋門」前にて。
CIMG7410.jpg

これは・・・どこだったかな?失念。
お花と白壁とのコントラスト、いいですね。写真は下手でも見栄えはまぁまぁ(笑)
CIMG7383.jpg

そして、やはり“木”に包まれた町なのでした。
いちやま邸の門。
CIMG7411.jpg
      案内看板。
      CIMG7412.jpg
             何かをいれておくところ。なんだろう、お掃除道具?             
             CIMG7414.jpg

最後に、産直販売のお店でお土産を物色。
CIMG7415.jpg

試食して気に入ったのがこれでした。「畑のうなぎ」
鰻の蒲焼きに見た目はソックリでしょう? 実はゴボウを揚げてかりんとう状にしたもの。
甘じょっぱくて、お茶うけにもビールのつまみにも合いそう。
CIMG7438.jpg

金山町、初めて訪れた町ですが、すっかり気に入りました。
今回まわりきれなかったところは、次回のお楽しみにとっておくことにします。
歩きながら、桜の木の多さに気づいた私たち。きっとこの街並みに薄桃色の花はよく映えるはずです。
「ぜったい春にまた来よう!」と、どちらから言うともなく誓ったのでした。

**備忘録として、今回のまち歩きルート**

町役場駐車場 → 大堰(大堰公園) → 交流サロンぽすと → カネカ → そば処 草々
→きごころ橋 → 金山木材 → めがね橋 → 八幡公園(大ひのき) → 長屋門 → 
ちょうほう屋 → 町役場駐車場  (昼食を含み、のんびり散策して約2時間)


さて、町の中心部はざっくりと見て回りましたが、まだ3時そこそこ。
せっかくここまで来たんだし、どこか郊外も1カ所くらい行ってみようか?
ということで、「大美輪の大杉」に行ってみることに。

ちょいと迷ってたどり着きました。
大美輪は、「おみのわ」と読みます。なんてキレイな地名でしょう。
CIMG7431.jpg

私有地ですが、地主さんのご厚意で森の中まで入っていくことができます。
足下には、競馬好きなら誰でもしってる“ウッドチップ”が敷かれていました♪
CIMG7419.jpg

奥へ入るほどに、とんでもなく大口径の金山杉が出現…! 
藩政時代から植林が行われ、現在まで300年近く人の手をかけ守り育ててきた森です。
ここまでなるのに、いったい何世代の職人がバトンをつないできたことか。
太い、なんて言葉では表現がまるで足りません。すごい、としかいえない自分が情けない。
CIMG7423.jpg

杉の巨木といえば、羽黒山などで見慣れていたつもり。でも、この感動はなんでしょう。
300年と言うのは簡単だけど、歴史の中には天変地異もあっただろうに。
これまで生き続けてきた樹と、これまで支えてきた人に対する畏敬の念を感じずにはいられません。
ただひたすらに美しく、幻想的で、厳かな光景が広がっていました。
その中にたたずむ彼女は、まるでニンフのよう。 
CIMG7424.jpg

緑色に光るコケやシダや、生まれたての木の芽が一面に映えてるココ、
わかりにくいけれど、直径1.5mもの切り株の上なんです。
まるで寄せ植えしたグリーンテーブル。自然はやっぱりアーティスティック!
CIMG7428.jpg

雨上がりの森は、別世界への入り口。私たちの心を鷲掴みにしたのでした。


今、日本の森の多くは荒廃しています。理由は単純明快、国産材を利用しなくなったから。
安くて丈夫な輸入材が増加し、オサレな輸入住宅というものも出現し
いつしか日本の林業は廃れていきました。
でも、考えてみてください。なぜ、外国からわざわざ大量の燃料と時間を費やして運ぶ必要があるのか。
その土地の木を使えば、その土地の気候にあった建物になるのに。
森が荒れれば山の保水力も下がって、大きな災害を引き起こすこともあるのに。
人間が作り出した自然は、人間が最後まで(未来まで)責任をもつべきです。

・・・ちょっと熱くなりましたね^^; 

森を守り、人の暮らしを守る。そして、地産地消で美しい町づくりを目指す。
人口約6400人(H22年)の小さな町、金山はこのすばらしい取り組みによって
「美しい日本のむら景観百選」にも選定されています。

日帰りでは惜しいくらい見どころの多い、そして癒され度の高い町でした。
いつか“お泊まり”で行ってみたいすね。


<おまけ>
長寿の名水を、病気と闘うイチローにおみやげ。飲むかしら・・?と思ったら
CIMG7436.jpg

飲ませた私がびっくりするくらい、勢いよくがぶ飲みしてました。
う~~ん、、違いのわかるオトコだね、君は(笑) もう少し、長生きしてね。

[ 2011/08/27 06:00 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(6)

長寿の水

金山、行ったことないんです。
(通ってるかもですが)
もう秋田もすぐの所ですよね。
酒田から真室川に抜ける国道は走ったことありますが・・・

長寿の水、ネコちゃん長生きできるといいですよね。
去年、ここでトシベ(分かりますよね?)の
群れに攻撃されて以来、怖くて近づけません(笑)
[ 2011/08/27 08:16 ] [ 編集 ]

行ったこと無かったほうが不思議

どうもどうも
フォロー有難う

めがね堰は、行きそびれました。

カネカというのがたぶん金山住宅を造っている会社ですね。
[ 2011/08/27 10:25 ] [ 編集 ]

Re: 長寿の水

>壽丸さんへ
山形県の頭頂部あたり、真室川のお隣りなのできっと近くを通っているのでは。
修験者の山「神室山」を望む風景などは、なんとなく壽丸さんに似合う気がしました。

長寿の名水はご存じだったんですね。
トシベ・・わからず調べました^^; 
そういえば今回もクルマの中に2~3匹入り込んでましたよ。虫除けスプレー必須ですね。
[ 2011/08/27 10:32 ] [ 編集 ]

Re: 行ったこと無かったほうが不思議

>風写さんへ
どうもどうも、こちらこそありがとう。ホント、いいところですね。
誘われることは何度もあったんですが、山林取材は宮城県内ばかりでした。
小さい街とはいえ見所すべてまわるのは難しいですね。再訪決定。

金山型住宅(「型」が入ります)は、助成金を受けられる住宅のカタチを指すので
カネカだけでなくビルダー不特定でOK。
いずれにしても、町全体での景観への取り組みはすばらしいです。

話しはかわるけど、少しカボスほしいな・・・。
[ 2011/08/27 10:52 ] [ 編集 ]

恥ずかしながら・・・

 金山町、、、今の今まで「かねやま」と呼ぶことを
知りませんでした。キャンプで何度か通っているのに
勝手に「きんざん」と呼んでいました。だって、
「ぎんざん」温泉もあるくらいだし。

 白石もそうですが、街中に透明度の高い水が流れる堀が
ある町は最高ですね。私の憧れの街並みです。錦鯉が
いなくても、トゲウオやヨシノボリが普通にいる流れが原点ですね。

 ところで、カボス頂いたのですが、独り暮らしにちょっと
多いので分けます? 
[ 2011/08/27 21:13 ] [ 編集 ]

Re: 恥ずかしながら・・・

>サエモンさんへ
私も以前は「かなやま」と思っていて、仕事柄よく出会うあの杉も
「かなやますぎ」と呼んでいたのです。
同じ漢字を使っていても読み方が違う地名はけっこう多いですよね。

白石も素敵だし、個人的には湧水群のある六郷の町(秋田)も惹かれます。
一度、真冬に行ったきりなので、ぜひ再訪したいと思ってます。
トゲウオにヨシノボリ・・・? すみません、今度教えてください^^;

カボスの件は後ほどメールにて♪
[ 2011/08/28 10:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/317-97f053b2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。