スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親の気持ちがわかります

たった2日で、ベルトの穴3つ分も太らせちゃいました(汗)
ある意味、単身の食生活より不健康?
・・・と思った、この週末。


台風12号の被害がとんでもないことになっています。
死者・行方不明者がここまで多くなるとは。
自然相手では防災といっても限界がある。人間には減災することしかできません。
せめて、これ以上被害が大きくなりませんように。。。


この週末は、東京に単身赴任中の夫が帰ってきました。
土曜に来て日曜に戻る「1泊」パターンの時は、どうもせわしない。今回はなんとか
金曜夜に来て月曜朝に戻る「3泊」パターンで調整できたようです。
これだと、夕食回数が増える=一緒にオサケを飲む回数が2回も増える。嬉しい♪


到着時間が遅かったので金曜の夜は簡単に、ニラたっぷりの豚キムチ。
油はほとんど使わず、蒸し炒めのようにすればヘビーになりません。
CIMG7513.jpg

こういうおかずは、オンザライスが落ち着きますねえ^^
CIMG7515.jpg

副菜は、先日のそうめんかぼちゃで酢の物。
「ナニコレ?」といぶかしそうな夫に、「痛風にいいから♪」と言い聞かせて食べさせます。
普通のカボチャは苦手な夫も、これは気に入ったみたい。カボチャっぽくないもんね。
CIMG7514.jpg

「温泉に行きたい」という夫のリクエストで、土曜日は私の運転で日帰り温泉へ。
台風が心配でしたが、天気がさほど悪くなかったのは幸いでした。
三本木にある豆坂温泉・三峰荘、初めての訪問です。
CIMG7523.jpg

週末の割にはあまり混んでいません。穴場なのかな?
ちょっと黄色味がかったサラリ系の単純泉。常連さんが「皮膚病にいいよ~」と教えてくれました。
サウナもあるし、露天風呂には箱風呂や桶風呂まであって楽しい。
台風で風が強かったけれど、露天を取り巻く竹林の枝葉が
ザザザ~ッと大きく揺れるのを眺めながら入る温泉は、なかなか気持ちのいいものでした。

写真は撮れなかったので、詳しくはコチラを →(三峰荘HP)

さて、この三峰荘は中華がおいしいと聞いたことがあります。
痛風夫はけっこう中華好きなので、昼食もここでいただきますかね。

塩エビ焼きそば(800円)
エビは痛風に最も良くない食材のひとつなんだけど・・・ま、たまにならいっか。
一緒に暮らしてる時より若干、私のチェックも甘くなってます(笑)
CIMG7520.jpg

味付けは塩もきつくなくて比較的上品。お酢をかけたら味が締まりました。
麺は中太でモッチモチ。も少しカリッと焼いてある方が好みかな。
CIMG7522.jpg

カニ炒飯(750円)あれ、ご飯がパラパラじゃなく、しっとりしてます。
実は「しっとり炒飯」が好きな夫、大喜び。そうかいそうかい、そりゃ良かったね。^^;
CIMG7519.jpg

その日の夜は、久しぶりに我が家の土曜日恒例・日本酒&お刺身DAY。
とにかく「刺身食べたい。うまいやつ」と連呼するので、少しフンパツしちゃった。
気仙沼産ではないけれどカツオと、走りのサンマ。ブリ。イカ。馬刺し。
青魚系は痛風によくないのですけど・・・あぁ、なんて甘いワタシ(笑)
CIMG7526.jpg

小鉢は、小松菜とキノコの煮びだしと、大好きな平沢豆腐店の「大地のめぐみ」。
大地のめぐみは、おからの出ない製法で作られた木綿豆腐でして
チーズケーキのようなネットリ感と濃厚な味がします。塩で食べるのがオススメ!
CIMG7529.jpg

あたごのまつ純吟は、勝手に身体にするする入っていく旨さ。
これで400円はお値打ちです。一人呑みにもちょうどいいかも(足りますよ、ええ)。
一升瓶の寫樂(写楽)は、会津若松の宮泉銘醸のオサケですが・・・
CIMG7528.jpg

この寫樂、東日本大震災によって被災した宮城県の蔵元が
仕込みも出来ないどころか米の保存も出来ないことから
自らも被災(会津は震度6)した宮泉銘醸さんがお米をひきとって醸したというもの。
さらに、「寫樂」という銘柄は、製造をストップした会津若松・東山酒造が
かつて作っていた古典寫樂という名を引き継いで復活させたものなんですって。
CIMG7539.jpg

少し酸が残りますが、飲み口もいいし食中酒にはぴったり。
蔵と蔵、人と人とのつながりを感じながら呑むお酒、いいもんです。


日曜日は、録画しておいた番組を一緒に見たりのんびり過ごしました。
「志の輔 牡丹灯籠2010」は秀逸。20時間はかかる噺を2時間半で満喫。
(あ~~、この話。誰かにしたくてしたくてたまらないけど、おいといて。)

昼は稲庭うどん。いつもの大山稲庭ではなく、いただきものの佐藤養助。
高級品なので夫と一緒に食べようと、とっておいたのです。私って愛夫家でしょう♪

夜は「肉っぽいものをガッツリ食いたい」というリクエストにおこたえして
牛スネ肉の赤ワイン煮込み。煮込み料理は、家で過ごす日に向いてますね。
CIMG7538.jpg

赤ワイン、トマト、ローリエ、野菜(セロリ・にんじん・たまねぎ)を
ただただゆ~っくり煮ただけで、安いオーストラリア牛スネ肉がこんなに美味しくなるなんて!
力を入れなくてもホロリと崩れるくらい柔らかく仕上がりました。うんまい。自画自賛。
CIMG7532.jpg
結果、二人で500gの肉を完食し、ワインも2本空けてしまったのですが、
まぁ良しとしましょう。良くないか。明らかに食べ過ぎだってば。

でもね、一人の食卓はどうしても手抜きになるし、会話もないので「早食い」になりがち。
やっぱり誰かと一緒に食べるご飯って、おいしく感じるだけでなく身体にもいい気がするんです。

そして思ったこと。
私は経験がないけれど、帰省する子どもを迎える親ってこんなキモチなのかなあ・・って。
あれも食べさせたいし、これも食べさせたい。
たまにだと思えばこそ、多少のワガママも聞いてあげたくなる。
いつになく(?)痛風夫に対してやさしくなれた私なのでした。


夫はまた、けさ一番の「はやて」に乗って東京へ。
今度、帰ってくる時は何食べさせようかなあ? 
そんなことを考えると、寂しさも楽しみに変わるような。






[ 2011/09/05 11:50 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(10)

御馳走様・・

☆anegoさんへ
本当に仲の良い事で・・・御馳走様!(笑)
“はやて”のように~♪ 去って行きましたか・・・
次回また帰って来た時の為に充電しておかなければね。
それにしても、尋常な食欲じゃないですね二人とも!

[ 2011/09/05 13:50 ] [ 編集 ]

二泊三日で!?

ベルトの穴3つは甘やかし過ぎ?笑
と言いながら我が家も同じかも・・・?
夫曰く「平日は生きるための食事」とか。
休日になるとバクハツするんですね(瀑)
なんだかね・・・病気も似てるし!

で~も、スネ肉の赤ワイン煮込み美味しそう♪
涼しくなってくるとコッテリ系にイキたくなり危険度増大ですね、お互いに(笑)!
[ 2011/09/05 17:40 ] [ 編集 ]

Re: 御馳走様・・

>LYNX☆さんへ
そうでしょう、仲がいいでしょう? 
独身の人たちを羨ましがらせよーと思いまして。(誰のことでしょうねえ…笑)
離れて暮らしていると、お互いに優しくなれるようです。
そう考えると、長い結婚生活の中で少しくらいこんな時期があってもいいような。
・・・なぁんて、これもノロケ? お粗末様でした。エヘ。
[ 2011/09/05 18:14 ] [ 編集 ]

Re: 二泊三日で!?

>みっちょんさんへ
やっぱり甘やかし過ぎですかね。実は、夫がデブったってことは…と
ふと我に返って私も体重計に乗りましたら、案の定ぎゃーーーーーー!! 当然の報い(笑)
みっちょんさんなら、YASUパパがバクハツしても自分はセーブできるんだろうなあ。
食欲の秋、お互いプリン体に気をつけた食事づくり頑張りましょう。。
・・ってなんか可笑し^^
[ 2011/09/05 18:19 ] [ 編集 ]

いえいえ・・・

そのあたりも一緒(汗)

で、言い忘れ!
志の輔 牡丹灯籠2010、私も録画してたのよ~~♪
anegoさんブログの記事でとっても気になっていたもんで・・・番組案内で見つけてラッキーと!!
私も早く見ようっと♪
[ 2011/09/05 19:45 ] [ 編集 ]

写楽純米

こんにちは、広島のアナゴです。
私も単身赴任(北海道室蘭市)の経験ありますが、帰省時にもこんなに待遇よくなかったなぁ・・

という話ではなくて、偶然ですが私も3日の土曜日に広島の酒屋で写楽を買って飲みました。日ごろは競争相手の蔵元同士が、苦難のときには助け合うというすがたに頭が下がります。
[ 2011/09/05 20:02 ] [ 編集 ]

Re: いえいえ・・・

>みっちょんさんへ
取り急ぎの先のご連絡、失礼しました。
よろしければけど、録画したの(正しい方)保存してあります♪
[ 2011/09/05 23:11 ] [ 編集 ]

Re: 写楽純米

>アナゴさんへ
広島は台風12号の影響はいかがでしたか? 神様は今年日本に試練を与えすぎです。
「寫樂」の偶然は、呑んべのなせる技でしょうかね。
さすがに一升は一晩で呑みきれず、今夜は一人酒です^^
ちなみにアナゴさんは、由良アナゴをご存じでしたか?
[ 2011/09/05 23:16 ] [ 編集 ]

由良アナゴ!

アナゴです、が・・・
由良アナゴ、んー・・・ 降参です。
見たことがありません。
何か、怪奇映画にフィーチャーされそうな。
[ 2011/09/06 20:44 ] [ 編集 ]

Re: 由良アナゴ!

>アナゴさんへ
お魚は特に“不細工”なヤツほど美味しい、と思ってるのですがどーでしょう?
でも、怪奇映画・・・ナルホドネ(笑)

寫樂のお米の出所は、平孝さんでしたか。情報ありがとうございます。
[ 2011/09/07 09:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/320-5a95312f




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。