スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

増田「蔵の日」に行ってきた

初めて見るのに懐かしくて、あぁいいなぁと思うのは、日本人のDNA?
・・・と思った、日曜日@オトナの遠足。

3日(日)はLYNXの仲間6人で「増田 蔵の日」に行ってきました。
秋田県横手市増田町には「くらしっくろーど」と名付けられた通り沿いに
なんとなんと国登録有形文化財が40棟、市指定文化財が10棟も並んでいるのです。
kura1.jpg

並んでいる、といっても、ただ通り過ぎただけでは「どこに蔵が?」と思うかも。
増田町の蔵の特徴は、主家の内部に設けられた「内蔵」にあるため
外からでは目にすることが出来ません。

この日は年に一度、普段は非公開の建物も含めた20棟以上を一気に見学できる
またとないチャンス(一部、通年公開あり)

500円の共通見学券を購入し、まず訪れたのは増田唯一の醸造元・日の丸酒造。
呑み助には「まんさくの花」でおなじみです。

酒蔵だけあって、試飲販売も。なんだか大山新酒まつりを連想する雰囲気。
・・・誰かさんは早くもドライバー役を放棄?!(笑)
kura3

んでも、今日のワタシはオサケよりも蔵見学への興味が勝っていました。
こちらが日の丸醸造の文庫蔵(国登録有形文化財)。
kura2.jpg


“間柱”の密度の細かさに、どびっくり!
壁面積より柱幅の方が多いかと錯覚するほどです。なんて贅沢な造りでしょう。
krua4.jpg

蔵ではないけれど、石直商店(国有形文化財)の店舗は天井がポイント。
弓のように反り上がった、船底天井になってます。
ナゼ、こういうスタイルにしたんだろう。空間を少しでも広く感じさせるためかしら?
kura5.jpg

こちらは、佐藤多三郎家(市指定有形文化財)。
一見、普通の一軒家。でも玄関を入ったら、こんな豪華な蔵がどーん。
・・・度肝抜かれます、マジで。アテンドしてるのは、この家のご主人。
kura6.jpg

2階にも上がれて、見事な骨太の小屋組を見ることができました。
屋内の蔵ですから、本来は強度的な意味で極太の部材を使う必要性はありません。
それでもこうして贅沢に造っているのは、かつて繁栄を極めた増田の商人たちが
こぞって「見せること」を競ったという歴史の証。
kura7.jpg

山中英一家の座敷蔵は、ファサードの黒漆喰が印象的。
このスケールのデカさ、表から見ただけでは全く想像もつきませんでした。
「見せるため」に造るけれども普段は「隠しとく」というパラドックス?
kura8.jpg

蔵の周りの美しい装飾は「鞘(さや)」と呼ばれ、これも増田の蔵の大きな特色。
この蔵の紋様は「麻の葉」ですね。
さっきの佐藤家は、菱格子。日の丸醸造は、亀甲つなぎ風でした。
家それぞれに「鞘」の文様が異なるのも、見学していて楽しいことこの上なし♪
kura9.jpg

東海林重太郎家では、地元の小学生が住んでいる人に取材してました。
出入り口では中学生ボランティアが元気に来場者を誘導し、
あちこちで地域の方によるお茶や漬物のサービスも。
町ぐるみで「蔵のある町」を盛り上げていこうという姿、素晴らしいです。
kura10.jpg

増田を代表する蔵といえば、漆蔵資料館。
ここの座敷蔵といったら、もうスゴイを通り越して言葉が出ませんでした。
kura11.jpg

樹齢百年以上の部材と、超一級の大工職人・漆職人の手で、60年かけて完成したという
これはもう蔵であって蔵じゃないですよ。芸術品だ、こりゃ。
IMGP2979.jpg(by風写さん)

大正十年の完成以降、一度も漆を塗り直していないとは思えないほどの艶と色に感動。
これが日本の職人。日本の文化。世界に誇れる財産ですね。
kura12.jpg

昼食は、七代佐藤養助商店の稲庭うどん(漆蔵資料館内)
CIMG7840.jpg
DVC00022_20111004124509.jpg

午後からはちょっと駆け足の見学になりました。
珍しい木造三階建ての旧石田理吉家は、主家が文化財(横手市指定文化財)
kura13.jpg


こちらの佐藤又六家(国登録有形文化財)は、2階の窓から蔵が見えてますが
ずずーーっと奥にもう一つ、文庫蔵があります。表から裏まで100mだとか@@
「ごめんください」って大声で言わないと届かないんでないかな?
kura14.jpg

そして、増田で最大級を誇るのが、佐藤三十郎家(国登録有形文化財)の座敷蔵。
天井は低いけれど横にワイドな大空間、圧巻です!! 
遠目ですが柱間隔が細く、これだけの長梁を支えるためには必然の構造。
kura15.jpg

井戸を取り囲む佐藤家のお台所は、今も現役とのこと。しかし
文化財の指定を受けたことによって給湯器の設置が認められなかったため
この家に住む老女は「冬はヤカンでお湯を沸かして食器を洗ってる」と・・・。
kura16.jpg

貴重な文化を守り伝えることと同様に、現代に生きる人間の生活も大切にしたい。
そのあたり、なんとかならないものか・・と考えさせられました。

すとりーと沿いは、不釣り合いなギラギラ看板は見かけません。
街並み全体が、レトロな雰囲気に統一されています。
CIMG7803.jpg

建物の中に入れば、古道具や婚礼衣装などの展示も。
これは田植えの時に目印にするアレを照明に再利用したものですね(@日の丸醸造)
CIMG7795.jpg

くらしっくろーどの中程には、下堰のせせらぎ。
いまも生活と関わっています。そんな水の流れがある風景も、大好き。
CIMG7817.jpg

あぁ、楽しかった。また訪れたいと思わせてくれる街でした。
見逃した建物もいくつかあるので、それは次回のお楽しみにしましょう。

同行してくださったみなさま、ありがとうございました♪
(長い記事になってしまった・・・最後まで読んでくれた人にも感謝デス)

※LYNX☆さんの記事は、コチラ
[ 2011/10/04 12:56 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(13)

数年前に

村田の蔵の会でいってきましたが、そのときは
まだ日の丸酒造の蔵は公開されていませんでした。
村田の蔵とは違い、重厚で趣があり、特に黒漆喰が
素敵なところですね。
 皆さんはA級グルメですね、私たちはそのとき
B級グルメの横手焼きソバを食べてきました。
[ 2011/10/04 14:07 ] [ 編集 ]

>やんべさんへ
蔵の日も今年で第6回、当初は10棟余での開催だったのが今年は21棟。
年々、公開に協力する所有者さんが増えてきたのは
イベントが定着してきた証拠でしょうね。嬉しいことです。
すべてが黒漆喰ではなかったせいか、個人的には
蔵自体の構造の贅沢さや他にはない「鞘」という意匠が強く心に残りました。

横手焼きそばもいいですね~♪ お蕎麦やさんも何件があったけど
今回は散策途中の立ち寄りやすいトコに入ったんです。
お昼前なのに結構混んでて・・順番待ちして食べた稲庭は格別でした^^ 
[ 2011/10/04 14:43 ] [ 編集 ]

さすがの・・・・

☆anegoさんへ
流石のレポートですね・・・これだけ紹介してくれる友達がいると、こちらは楽で良いです!
「anegoさんのブログを見て下さい」で済みますから(笑)  ありがとう・・・
[ 2011/10/04 19:52 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
こちらこそありがとうございました♪
実は、うっかりカメラの設定を間違えたまま撮影していたのでピンボケだらけ。
「写真は☆さんのブログを見てください」と追記させていただきます^^
仲間同士のお出かけは、お互いに楽で良いですね。
[ 2011/10/04 22:08 ] [ 編集 ]

デジブック作りました~。

デジブック『 蔵の日vol.1 』
http://www.digibook.net/d/4884a133a01986d16a3428c3119307d8/?m

デジブック『 蔵の日vol.2』
http://www.digibook.net/d/cd84875fb11fac9de650a2d31b808798/?m
[ 2011/10/04 23:34 ] [ 編集 ]

>zepさんへ
まさに「動画のような写真」、相変わらず枚数とってますねえ。
紹介しきれなかったお囃子や出店の雰囲気も満載だし。
でもって、食べ物写真の比率高し!(笑) 
[ 2011/10/05 00:03 ] [ 編集 ]

俺が教えたっけ?

いやーいいものを見ることが出来ました。
ありがとう。
[ 2011/10/05 17:25 ] [ 編集 ]

anego講師(古民家学)へ

あいラブ大工&構造フェチのanegoさんの解説付きで蔵見学が出来て、こうしてまたblogで復習できるとは、何て幸せな事でしょう。それにしても見応えのある蔵でした。お誘いいただき、ありがとうございました。
[ 2011/10/05 21:15 ] [ 編集 ]

>風写さんへ
あれ、違ってました? そりは失礼。
でも行って良かった。みんなを誘って良かったです。
もはやネタ元は、どーでもいいですね^^
[ 2011/10/05 21:53 ] [ 編集 ]

>ユケチュウさんへ
ホントに見応えありましたね。見学者が思ったより多かった蔵などは
迷惑かけないように早めに切り上げたりしたのですが
全部をじっくり見て、写真も撮ろうとするには一日じゃ足りないかも。
いい意味で期待を裏切ってもらった「蔵の日」でした。

民家や蔵はその土地その地域でまるで造りが違ってて、難しくもあり楽しくもあり。
ひとさまに解説できるほどならいいのですが・・もっと精進します(汗)
[ 2011/10/05 22:01 ] [ 編集 ]

今気が付いたけど・・

☆anegoさんへ

クラシックロードって「蔵漆喰ロード」だったんですかね(笑)

『多くの蔵を見て蔵蔵きたけど、あれ蔵いで蔵びれたと言ってはお蔵れますかね・・・この話はきっとお蔵入りですね・・・蔵ばら蔵ばら・・・』なんだこれ?

蔵んない話で、面蔵いましたか?それとも蔵い気持ちになりましたか?(笑)
[ 2011/10/05 22:54 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
蔵ぁマイッタ! 勘弁して蔵さい・・^^;

“蔵漆喰ロード”説はありかも。ああ、に蔵しい(笑)
[ 2011/10/05 23:10 ] [ 編集 ]

やるね

☆anegoさんへ
すぐ切り返してくる所がAnegoらしい(笑)
[ 2011/10/06 06:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/329-0b673261




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。