スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

OH!ミステリー 布袋まつり

去年の今頃は塩釜湾でハゼ釣りしてたんだっけ。
・・・と思い出した、今日この頃。

毎年10月10日は体育の日!と連想するのは一定の年齢以上でしょうか。
その年によって流動する祝日って、どうも馴染みませんが・・・。

さて、その10月10日は村田町「布袋まつり」の日でした。
朝からお義母さんと用意したハレの日の食卓。
特別豪華って訳じゃないけれど、定番のお祭りの日のごちそうです。
小豆と栗の「おっかす」や、お煮しめ等々。
CIMG7989.jpg

一般には「おこわ」と呼ぶものを、村田では「おっかす」といいます。
「お蒸かし」が変化したんでしょうね。
ところが、五目おこわになると突如として呼び名が「昭和ぶかし」となる。
どーして「昭和」なのか、ナゼに「昭和おっかす」と言わないのか。ナゾです。

町内のあちらこちらに幟旗が立って、いつもは静かな町もお祭りムード。
実家の脇にある小さなお社も、毎年お義母さんが竹を切り旗を立てます。
足腰の悪い年寄りにはキツイ作業ですよね・・(だったらヨメがやれ!ってか)
CIMG8024.jpg

さて、遠くからテンテケテン、と太鼓の音が響いてきました。
最初にうちの近くにやってきたのは、熊野神社の子ども御輿。
CIMG7984.jpg

そして午後になると、現代っぽい若者体型?の七福神らに先導されて・・
CIMG7991.jpg

お祭りの主役、華やかに飾られた布袋さんの山車がやってきました。
CIMG8003.jpg

山車を引くのは主に男性、太鼓を響かせるのは晴れ着に身を包んだ女の子たち。
いいですねえ。可愛いなあ。私もやりたい(無理無理)
CIMG7999.jpg

「布袋囃子」という独特の笛の音と太鼓に合わせ、
大きな布袋人形がクルクルと動きます。山車は全部で3台ありました。
CIMG8009.jpg

ところで、結婚以来ずーーーーっと疑問だったのが、この布袋さま。
どうみても「福禄寿」ではないのか??
CIMG8004.jpg

布袋さまといえば、ハラがぽてっと出ていてサンタ風の袋を担いでるはず。
なのに村田の布袋さんの後ろ姿ときたら・・・
CIMG8012.jpg

袋ではなく「巻物」をかついでます。
巻物は、福禄寿とセットでしょうがーーー!

これまで何度となく、夫にも義母にも疑問を投げかけました。
何年か前には、町役場の方にも質問しました。
しかし、村田の町民は私の質問の意味すら理解してくれず
誰も彼もが口を揃えて「だって昔からこれが布袋さんだもの」

いったいどこでどーなって、布袋と福禄寿が入れ替わったの??
誰か教えてくれないと、anegoは夜も眠れません(嘘)

・・と暴れかけていたら、観光物産協会のサイトに解説文を発見しました。
以下、抜粋して引用します。



「布袋さま」ではなく「福禄寿」ではないのか?と度々疑問が寄せられます。しかし、村田町ではあの姿が布袋さまなのです。「一ノ谷の合戦」で討ち死にした平敦盛が「青葉の笛」で好んで吹いていたメロディーを、逃れてきた平家の落人が村田町へ伝えたことが始まりです。やがてその笛の音は地域の人たちのあいだで有名になり、現在、村田町指定無形文化財となっている、竹で編んだ長くて大きいかごに和紙を張ったかぶりものを身につけて踊る「布袋踊り」が出来上がりました。やがて、頭の長い村田独特の布袋さまが村田町に定着して行きます。江戸時代中期になると、盛んに取引のあった京都の山車祭りを参考とした「布袋まつり」が始まります。もともと長くて大きいかごで作られたかぶりものを身に付けて踊った名残をくんでいるため、山車の上で布袋人形が舞い踊る仕掛けが作られる過程において、その特徴を強調した現在の布袋さまができあがったのです。


・・・ん~~~~、説明を読んでもイマイチ納得できず。
だって、長いかぶりものを使って踊っていたこと自体、すでに「布袋」ではなく
「福禄寿」に近いんじゃないかな~って気がするのは私だけ??
まあ、「福禄寿」って発音しにくいから「布袋踊り」「布袋まつり」の方が
耳なじみはいいと思うけれど。
ごちゃ混ぜにされた布袋さんと福禄寿は、どう思ってるんでデショね。


夕方近くになって、熊野神社の御神輿も登場。
こちらには布袋さんは乗ってません。ある意味、スッキリ(笑)
CIMG8028.jpg

先導の獅子に、頭をカポっとしてもらいました。
小学生んとき以来かも^^
CIMG8027.jpg

氏子たちが一軒一軒、家の前で「ワッショイワッショイ」のかけ声と共に
御輿を高く掲げます。これまた重労働。ご苦労様です。。。
CIMG8030.jpg

それにしても、何故に熊野神社の御神輿は、
布袋の山車×3台のパレードとは別に(コースも別)なんだろう。
一緒の方が、通行止めやら警備やら何かとラクだろうに。ナゾです。
・・と思ってたら、合併前の村田町の地域区分と関係していた模様。
練り歩くコースも違ったのでした。

我が家は今年、「若用(わかよう)」という役割にあたっていました。
まぁ、お世話役の下っ端ですね。
年季の入りまくった提灯にも若用の文字が入ってます。
CIMG8034.jpg

でもワタクシ、実はこの言葉の本当の意味がわかりません。
庄内じゃ使わない用語だもん。義母に聞いてみたけど
「若用の意味ぃ? ・・・わがんね。若用は、若用だ」。これまた、ナゾです。

とりあえず、無事にお祭りの役目を終えて一安心したし
次に順番が回ってくるのはしばらく先だから、ま、いっか!!

ヨメ歴17年にもなるのに、未だ理解できない地域文化のあれやこれやを
時々学んで、時々スルーする。これがヨメの処世術ですぞ。

引き続き、今週末は村田の陶器市が開催されます。
みなさま、お出かけくださいませ。

詳しくはコチラ http://陶器市.com/



[ 2011/10/13 00:56 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(12)

お疲れさんでした~

☆anegoさんへ
ヨメの処世術に納得!
布袋祭りのルーツを初めて知りました(今まで関心なかったかも?)・・・(笑)
[ 2011/10/13 06:38 ] [ 編集 ]

うちもなんとなく釣り自粛ムードなのですが、釣りに行く人が少なければ釣り具屋も困るのでは・・・と最近思い始め、ハゼ釣りにでも行ってみようかと考えています。
勘違い?の布袋まつりっていうのもそれほそれで面白いかも・・・
[ 2011/10/13 12:37 ] [ 編集 ]

うんうん

確かに謎です。
一番最初に偉い人が間違って、そのままに
なったのかな、とか。
うましかとか・・・

晴れの日のご馳走、いいですね~
こういう献立を受け継いでいきたいですよね。
[ 2011/10/13 15:01 ] [ 編集 ]

「頭をかぽっ」ですか
お若いです(笑)
それにその好奇心旺盛な
ところは若さを保つ秘訣ですネ
でもそういう行動大好きです
お祭りの日に晴れの食べ物を
食べなくなって久しいです
[ 2011/10/13 18:54 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
同居してない嫁姑が仲良く付き合っていくには
ストレスを溜めない程度の“ほどよい距離感”が大事なのかも。

おまつりに限らず、地域それぞれの冠婚葬祭は
調べるとキリがないけど奥が深くてオモシロイですよ^^
[ 2011/10/13 19:58 ] [ 編集 ]

>ぺこりんさんへ
震災後の心境や考え方は人それぞれ違って当たり前だと思うんです。
むしろ、みんな同じって方が難しいですから。。
私は素人ですけど、ぺこりんさんは釣りをするんですね~。
機会があれば私も海に遊びに行こうと思っています。

布袋まつり、勘違いだとしてもこれだけ長い間の勘違いは貴重な存在かも!?
[ 2011/10/13 20:04 ] [ 編集 ]

>壽丸さんへ
でしょでしょ? 絶対どっかで誰かが間違ったんですよね!
「おっかす」は義母の得意料理なんですが、蒸し時間がムズカシイ・・。

ところで「若用」。ことさんでも解らないですかね?
[ 2011/10/13 20:07 ] [ 編集 ]

>大名マークさんへ
あらん、私だけじゃなく沿道の人みんなに「かぽっ」してくれましたよ~♪
私の実家(庄内)では子どもだけという記憶だったんですがね。
これで私も賢くなれるでしょうか(爆)
ハレの日のご馳走は、食べることも作ることもウキウキします。
[ 2011/10/13 20:09 ] [ 編集 ]

布袋様に間違われたことはありません

週末の前後に祝日をくっつけるのは欧米式ですね。
感謝祭とか復活祭の週末はロングウィークエンドになります。
そもそも7日に一回休むというのがキリスト教式(回教やユダヤ教もかな?)だから、抵抗無く出来るんですね。きっと。
祝日はもっと増えて欲しいものです。
[ 2011/10/14 08:29 ] [ 編集 ]

「若用」お疲れ様でした~。いいお嫁さんだなぁと思いながらblog読んでいました。
さて、この週末は勤務で村田の陶器市に行けないとあきらめていたのですが、代休の金曜日からの開催とわかり、ラッキー!
現在、村田に向かう高速バスの中ですが、仙台駅から元気なおばちゃんがたくさん乗ってきて、一気に賑やかに。ほぼ満員です。初体験の陶器市、楽しんできまーす。
[ 2011/10/14 09:15 ] [ 編集 ]

>風写さんへ
ナルホド、欧米式ですか。
何月何日は○○の日、と覚えてきたコテコテの日本人としては
未だにハッピーマンデー絡みの祝日は迷います。

サラリーマン時代はお休みが多いと嬉しかったけど、
フリーランサーは収入もスケジュールも休日に翻弄されやすんですよねえ・・。
[ 2011/10/15 12:21 ] [ 編集 ]

>ユケチュウさんへ
お天気に恵まれた陶器市で、良かったですよね。私も楽しめました♪
お肉屋さんでメンチカツと串カツを買って、阿部屋で茶まんじゅう買って、
陶器市のフレーム付き記念切手を買ったところで器を何も選んでないことに気づき(笑)

玄さんトコのお蕎麦、今度ご一緒しましょうね!

[ 2011/10/15 12:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/331-bc3144cf




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。