スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

倉本聰ドラマ「學」

久しぶりに心が震えるドラマに出会いました。
TVではなく映画で観たいくらい。
TV番組の質が落ちたとか、面白い番組がないとか言われる昨今ではありますが
こういうドラマに出会うと嬉しい。
・・・と思う、今日この頃。

WOWOWで元日に放送された、倉本聰のドラマ「學(がく)」。
録画していたのを、この週末やっとゆっくり観ることができました。

最初に倉本聰を知ったのは、ご多分にもれず「北の国から」。
その後は「昨日、悲別で」「優しい時間」「拝啓、父上様」「風のガーデン」など
どれもステキな作品ではあったけれど、
私の中で「北の国から」を超えるものはなかったんです。

でも、今回の作品「學」は違っていた。
身体の芯から何かを揺さぶられるような感動があり、そして考えさせられました。

DVC00009_20120116210420.jpg

<ストーリー>
NY在住のエリート商社マンを両親に持つ少年・學は、
パソコンやiPodなしではいられない今ドキの子ども。
東京でひとり暮らしをしていたが、ある日パソコンを壊されたことに激怒し
4歳の少女を殺めてしまう。恐怖のあまり學は遺体を遺棄するが、すぐに発覚。
マスコミを騒がす大事件となり、両親は自殺する。
學は一切の感情に蓋をするように言葉を発しなくなり、生きる気力さえ見失う。
そんな學を引き取った祖父は、元・南極越冬隊員。學を人として再生させるため、
病魔に冒された自身の命を懸けて、ある計画を実行に移す。
祖父は學を連れ、険しい山々が連なるカナダのロッキー山脈へ…。
しかしそれは、あまりにも無謀な賭けであった。

(※オフィシャルサイトを参考にリライト)

物語の舞台は、雄大なカナダの大自然。
「大画面TV買えばよかった」と後悔するくらい、厳しくも美しい映像の連続。
しかし、そんなダイナミックな風景と似つかわしくないのが序盤の學。
「無表情」「無視」「無気力」のオンパレードで、セリフも全くありません。
重低音の祖父(仲代達也)の語りだけが続きます。
いったいどこまでこの調子?と見ている方が不安になるほど。

DVC00025_20120116210419.jpg

心を病み、生きる意味さえ失った少年が、何をキッカケに変わるのか。
ある程度は私もストーリーを予測し、もちろんその展開を期待しつつ観ていたつもりですが、
それでも初めて彼が言葉を叫んだシーンでは、涙を抑えることができませんでした。
まるで、奇跡の人ヘレンが「Water!」と初めて発したシーンのように・・・。

人間らしさを取り戻した學。しかし、次には「生きるための試練」が待っていました。
獲物と対峙する場面、それを手に掛ける場面は、あまりにも生々しく
ドラマとはいえ直視するのが辛かった。けれど、それは
ドラマだけけれども私たちにとって「当たり前のこと」と改めて気づかされます。

便利な世の中にはなったせいで、私たちは知らず知らずのうちに
「自然の中で生きること」「自然と共に生きること」「人間も自然の一部であること」
等々の根源的な大前提を忘れかけていたのではないか?
人間は身体的にも精神的にも弱い生き物になったのではないか?

タイトルが「学」でなく「學」と旧字が使われていることにも、
作者が伝えたい想いが込められている気がしました。

単なる少年の成長の物語ではなく、骨太な“命”のドラマに大満足しました。
脚本はどこから依頼されたものでもなく、1992年に書かれたとのことですが
これまで映像化されなかった(できなかった?)のが惜しまれる程に良い作品です。
WOWOWに感謝。


●再放送予定/WOWOWプライム 1月22日(日)23:45~
加入者の方は必見です!!(いや、決して回し者ではありませぬよ~^^)

[ 2012/01/16 21:21 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(4)

WOWO不可視(涙)

『便利な世の中にはなったせいで、私たちは知らず知らずのうちに「自然の中で生きること」「自然と共に生きること」「人間も自然の一部であること」
等々の根源的な大前提を忘れかけていたのではないか?
人間は身体的にも精神的にも弱い生き物になったのではないか?』

anegoさんのこの件良いですね・・・・

それにしてもWOWOが見られないのが残念です。
[ 2012/01/17 07:19 ] [ 編集 ]

見ました!

放送日は不在だったので HDに録画して 先日見ました

さすが倉本先生(富良野の人はそう呼びます)の脚本 映像も素晴しく 堪能しました

WOWOWは 数年前ウインブルドンの試合が見たくて加入しました 
良い番組が沢山あるのですが 時間がなく あまり見れてません(汗)



[ 2012/01/17 16:54 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
震災があったからでしょうか、尚更振り返る点が多い作品でした。
ディスクに焼いてお持ちしようかと思ったら、コピー不可の番組でした。
志の輔落語はコピーできたんですがね。残念。
WOWOWは映画も充実してし、我が家では利用率高いです。
どですか、ガレージでもご加入とか。。(やっぱり回しモノっぽい?)
[ 2012/01/17 20:27 ] [ 編集 ]

>YASUパパへ
そっか、倉本聰!なんて呼び捨てにしちゃあイケませんでしたか・・^^;
ホントにさすがの見応えある2時間でしたよね。
我が家は映画と落語が中心。やはり見るものが溜まりまくってます。
夫が勝手に大量録画予約してくものだから、HDがだんだん埋まってきました(イラッ)
[ 2012/01/17 20:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/364-050dd188




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。