スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

超個人的居酒屋考

新しく作ろうとしても作れないものが「年月」である。
・・・と思う、今日この頃。

このところ少々仕事に追われていて、家のことを放っていたら
気づかないうちにデンマークカクタスが随分と開花していました。
もう10年近く前にスーパーの店頭で、300円だか350円だか?で買った鉢です。
たいした世話もしていないのに、せっせと花を咲かせてくれる健気なコ。
CIMG8968.jpg

先日のトムテごはんで「色」に感動したように
彩りの少ない冬場、こういう色を目にすると自然に口元がほころんじゃいますね。




ある意味、ものすごいお店に連れてってもらいました。
閉店してしまった、あの「のんき亭」を初訪問したときに近いようでもあり
それ以上ともいえるインパクトもあり。
CIMG8947.jpg

ここは、仙台ほでなす会の会長、清川波之丞師匠が営む居酒屋「石」(@国分町)
カウンターの中にいる時は、師匠ではなく「親方」とお呼びするのが正しいそうです。
落語の時↓とは雰囲気がまるで別人。。。でもないか(笑)
CIMG8939.jpg

呑んべの両親に育てられた私は、幼い頃から高校生くらいから
「大人になったら行きつけの居酒屋を持つモノである」と思ってきました。

行きつけの居酒屋の条件は人それぞれでしょうが、
私的なキーワードは「人」「カウンター」「古さ」です。
凝った料理や豪華さよりも、好みの酒肴をチビチビ摘みながら
親方と世間話したり愚痴をこぼしたりできる、そんな雰囲気が好き。

壁一面にベッタベタに貼られたお客さんの顔・顔・顔…。なかには故・談志師匠が
来店した時のスナップもありました。聞けばすべて波之丞さんが撮影したものだとか。
写真はセピアに色あせているけれど、みんなの表情はサイコーで
この顔をみれば、どんなお店なのか説明なしでも充分わかるというものですね。
CIMG8957.jpg

いつの間にか、常連さん(と弟子)がカウンターの中に入っちゃってました(笑)
CIMG8960.jpg

そういえばanego母は、行きつけの店のカウンター内に勝手に入ってたものでした。
忙しい店主を手助けする場合もあるけど、大方は酔っ払ってた時のような・・?
「やめれやめれ、客帰ってしまうさげ」と笑う父もまた、ヨッパライ^^
そんな昔のことを、ふと思い出してしまう空気が「石」にはあったんです。

気がつけば満席! いや、席がないのにドカドカ人が入ってくるって
ナンジャコリャーーー@@ 後ろの方は、立ち飲みしてるし!?
CIMG8964.jpg

実は、諸般の事情でこのお店、閉店することが決まったのです。
移転先はまだ決まっていないとのこと。。。残念。
常連さんたちが押しかけてくるキモチ、初訪問の私でも共感できました。
CIMG8948.jpg

美味しいモノを食べたいときに行くお店も欲しい。
今夜は呑むぞー!というキモチに応えてくれるお店も大事。
みんなとワイワイ盛り上がれるお店も必要。
でも、「行きつけの居酒屋」に求めるのは、別のこと。

仕事の後にフッと肩の力を抜いて、親方や隣席の客とおしゃべりしながら呑んで、
あぁ今日も一日終わったなーとホッとする、願わくば安価でんまいものがある。
そんな場所があると、人生って豊かになると思うのです。

・・・ちょっと大げさかしらん?^^

[ 2012/01/25 11:41 ] 外で呑み食い | TB(0) | CM(14)

コメント少ないな

私は旅行中以外は全く一人で飲み屋に入ることはない(東京時代は、気が付いたら一人になってた事例多数)のです。
旅先で一人で入るのは、混んでもなくすいてもなく、大きくもなく、小さくもない、一人で静かに飲める店。
二合も飲めば眠くなります。

嗜好はだいぶ違いますね。
[ 2012/01/25 20:12 ] [ 編集 ]

同感

眉間にシワよせ集中して働いたり、思うように仕事が進まず自分に腹がたった日は、
職場の熱気を家に持ち帰らぬよう、ちょっとガス抜きしてから帰りたいと思うことがあります。
そんな時「行きつけの居酒屋」があればいいのになぁと。残念ながらまだ見つけてないんですけどね。
[ 2012/01/25 22:06 ] [ 編集 ]

遠回りして・・・

☆皆さんへ
お酒が飲めない私の“ガス抜き”は、会社から家が近い事も有ったのですが、八木山の会社から下界へ降りて街を散策し、たまには喫茶店に入って一息入れたりして、兎に角遠回り(寄り道)し、何気ない風な顔をして家に帰ったものです。
そんな時お酒が飲めたら手っ取り早いんだろうなぁと思ったモノでした・・・
私の自慢は「家に仕事の愚痴を持ちこまない」事でした・・・単純だからすぐ忘れるって事も有りますが。
[ 2012/01/26 07:44 ] [ 編集 ]

また、朝から・・・(^^ゞ

一杯呑みながら、肩の力を抜いてホッとできる空間が歩いて帰れる場所に家があったら・・・
私には、危険??かもしれないですね~(;´Д`)

でも、憧れちゃいます♥
[ 2012/01/26 08:46 ] [ 編集 ]

>風写さんへ
コメント少ないな、の主語がわかりません。この記事?それとも風写さんの?
前者だとしたら普通かなと思うんだけど。

>嗜好はだいぶ違いますね。
そうですね。でも好みが十人十色だからこそ色んなお店もある。

ちなみに、地元と旅先とでは私も店選びの視点は当然違います。
やっぱりその土地ならではのものを食したいので、一番優先は料理の内容。
二番優先に人(店主や客層)かな。あ、旅先でもカウンター重視は共通^^
[ 2012/01/26 20:10 ] [ 編集 ]

>ユケチュウさんへ
ボラ帰りに二人で豚カツ&ビールデートした時も、二人して呑んで帰りましたっけ(笑)
なんとなーく「区切り」というか、クールダウンしたいんですよねえ。
私も行きつけのような行きつけでないような店はあるけれど・・。

なんにしても、ユケチュウさんも一人呑みできる女性だってのが
ちょっと嬉しい私です。勝手ながら同類気分^^♪
[ 2012/01/26 20:16 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
私も予備校時代はそうでした。お金もなかったし未成年だし(一応)
寄り道するのは決まって晩翠通りの喫茶店でした。
あれから四半世紀も経つけれど、今もその喫茶店は利用しているし
マスターとは当時の思い出話も。。。それくらい頻繁に通った場所だったんです。

居心地のいい喫茶店には、酒場と同じような空気を感じます。
最近はガレージばかりで喫茶店とはご無沙汰だなあ、と改めて思ったりして。

[ 2012/01/26 20:21 ] [ 編集 ]

>ひゃくちゃんさんへ
おばんですー。朝から・・毎度スミマセン。
私も朝に更新すれば酒ネタ減るかしら? いや関係ないって(笑)

「危険」なひゃくちゃんを見てみたい衝動にかられております^m^
[ 2012/01/26 20:23 ] [ 編集 ]

石のファイナルデ―

今日、石の最後の営業日に顔を出してきました。石との付き合いはもう25年ほど。結婚前、遠距離恋愛?していた妻と酒を飲むのはいつも「石」。結婚式には清川さんには出ていただきました。最初の頃はジャズ酒場炭焼き石というフレーズ?で、ジャズの師匠でもありました。立花隆さんが昔ゴールデン街で飲み屋をやっていたように、博学の清川さんとは、ジャズ・開高健や池波正太郎などの本の話、談志さんや志ん生師匠の話など、何時間いても飽きない、いや楽しい酒場でした。集まる人たちも多士済々で居心地のいい酒場でした。本当に残念。貧乏暇なしで今日も朝から会社、明日も会社の身ながら、酔っぱらって書き込みをさせていただきました。
[ 2012/01/29 00:15 ] [ 編集 ]

>かくうたさんへ
コメントありがとうございます。そしてなんとビックリ!
波之丞さんと四半世紀も繋がってらしたのですね@@
私のような新参者が語っちゃってお恥ずかしい。

良い居酒屋、呑み処、酒場、BARには独特の「文化」があると思います。
カウンターを挟んであれやこれや語ったり、人と人とが出会ったり、
ときにはお酒の力を借りて思いのたけを吐き出したりできる
そういう場所には不思議な引力がありますね。「石」はまさにそうでした。
閉店は残念だけれど、移転再開に期待したいです。

二日酔いにはなっていませんか? 肝臓おいとい下さいね。
大山の件ではお世話かけました。あと2週間、楽しみです!
[ 2012/01/29 10:52 ] [ 編集 ]

ホテルのwifi不調で満足に読み書き出来ずしかし算盤は弾いてましたよ、南国でボーとしてる間に師匠のお店が閉店とは凄く残念です、叔父さんも落語帰り石の2次会で今までとは違った種族の?皆さんと実に楽しく交流ができましたのでねえー、
[ 2012/02/01 14:17 ] [ 編集 ]

>ベガサポさんへ
南国ライフ満喫中でしょうか、うらやましいっす。コチラは毎日冷蔵庫の中にいるようです。
お誘いいただきながら、なかなかタイミングが無く行けてなかった「石」
初訪問が最後の訪問になってしまったのは、なんとも残念ですが
師匠のことですから、きっと不死鳥のごとく(?)蘇ると思いますので楽しみに待ちましょう♪
[ 2012/02/01 14:23 ] [ 編集 ]

あらっ……

のんき亭みたい!て思っちゃいました。
アソコも誰に聞いたワケじゃなくたまたま成田行きの夜行バスの待ち時間に何気に入ったお店でしたが…店内の感じも良いのですがお母さんもまたイイ感じで通ってましたが…
石さんも含めなんかその様なお店がなくなるのって凄く凄く淋しいですよね……
昭和がなくなるみたいな…
[ 2013/12/15 17:48 ] [ 編集 ]

>なおちゃんへ
そうなのそうなの。この手の居酒屋、好きなんですよねー。
のんき亭のおかみさんは今どうしているんだろう・・?
長州にいきたいけど、いけずにおります。今度ご一緒しましょ♪
[ 2013/12/15 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/367-fbdf097e




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。