スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二泊三日でへっとへと

春の選抜、移動中にラジオで応援してました。
コーフンの余り途中でハンドル操作が危なかった場面も(汗)
石巻工の溌剌としたプレーに、心から拍手! 夏も楽しみです。
・・・と思う、今日この頃。

春休みに入った甥っ子たちが、ばぁば(anego母)の引率で遊びにきたので
一緒に松島へお出かけしました。たまのことだし、忙しいけどまいっか、と。

ブリーズベイシーサイドリゾート松島。HPはコチラ
BALIとかTHAIのイメージ? 海を望む気持ちの良いロケーション♪
CIMG9312.jpg CIMG9338.jpg CIMG9337.jpg

夕食は外に出るつもりで一泊朝食付きを予約したけれど、雪がちらつくほど寒くなったので
めんどくさくなったズボラ家族は、急遽ホテルのレストランで食べることに。
(ホントは事前予約が必要らしいのに、強引でスミマセン)

子どもも乾杯から始めます。anego家の夕食では当たり前のルールなのです(笑)
ばぁばと私は、1時間1200円の飲み放題を付けました。
CIMG9314.jpg

オーダーしたのは、スタッフさんが一番のオススメだという「火鍋」のセット。
スープを3種選べたので、大人用には辛い薬膳麻辣、子どもに味噌・白湯をセレクト。
味噌には棗が浮かんでます。ほかには豆乳スープ・カレースープなどあり。
CIMG9315.jpg

メインの具材はコチラ。牛・豚・鶏肉・蟹・牡蠣・帆立・浅蜊・鮭・海老と豪華版。
それ以外の野菜・豆腐・きのこなどは、バイキング方式です。
何度も席を行ったり来たりするのは、呑み助向きとはいえないけれど、
子ども連れ&食いしん坊家族には飽きないし、楽しい♪
CIMG9316.jpg

個人的にこりゃいーわー! と感じたのが「スパイス類」まで用意されてたこと。
薬膳スープに八角や丁字、粒胡椒、唐辛子を加えたら、グンと風味がアップ。
CIMG9447.jpg CIMG9448.jpg

魚介や肉の旨みと相俟って、どんどんスープの味が複雑になり、コクも深まっていきます。
最終的には具材よりスープがご馳走になり、〆のラーメンやご飯の美味しさは言わずもがな。
腹パンパンになるまで、食べに食べました。

翌朝は、サンドイッチバイキング。これまた子どもたちが大喜び!
ピタパンまであるのは珍しいかも・・。パンも種類が豊富なので食べ比べも楽しい。
CIMG9339.jpg

洋食メニュー中心ですけど和食も用意されていて、なかなかの充実度。
夕食時も感じましたが、年齢を問わず喜ばれるような工夫がされているのを感じます。

その他にも、ラウンジに無料のコーヒーやデザートが用意されていたり
ロビーには書籍コーナーがあってコミックやDVDまで揃っていたりと
子ども連れに限らず一人旅でも利用しやすそう。ラウンジにて、ばぁばご満悦。
CIMG9310.jpg

夕食時の大人2人の飲み放題を含め、会計は4野口でお釣りがきました。
これってかなりリーズナブルなのではないでしょうか?
我が家のような食いしんぼ一家にはオススメです♪





さて、翌日は「マリンピア松島水族館」へ。ここへ来るのは私、十数年ブリです。
いうまでもなくココにも津波が押し寄せ、建物も生き物も大きな被害がありました。
施設内のあちこちに、このような津波の高さを示す表示が。
CIMG9350.jpg

復旧再開までの道のりを記録した展示コーナーは、読むほどに泣けてきます。
犠牲になった生き物を悼む気持ちや、助けてくれた他の水族館への感謝や
いろんな感情で一杯になる。そして勿論、よくぞここまで・・という気持ちも。
CIMG9357.jpg

それにしても、久しぶりにこーゆー場所に来るとオトナも童心に返りますね♪
イロワケイルカに大水槽、失敗すら楽しいアシカのショー。
鶴岡の加茂水族館から贈られたクラゲもいました。
CIMG9362.jpg
CIMG9385.jpg CIMG9394.jpg
・・動き回るヤツらを撮るのは難しい・・

遊覧船にも乗っちゃいました。もう、コテコテの観光コースです(笑)
「津波、こない?」と恐る恐る聞いてきた甥っ子たち、乗ったら楽しそうにしてたので、ホッ。
前回(7月)に来たときは遊覧船に乗ろうという人はまばらで、
まだまだ観光客は戻ってきていないと感じましたが、賑やかさが少し増えてきたようで、ホッ。
CIMG9418.jpg

ランチは、松島おさかな市場で。ばぁばは、海鮮丼。
子どもらは自分のお小遣いで好きなものを注文。どっちもイクラが好きなのです。
結果的に私の選んだ「漁師丼」が一番安かった・・^^;
これにドンブリのあら汁も付けちゃいました。あぁ腹くちい。
CIMG9425.jpg

ちなみに漁師丼は、ここのオリジナル。ビンチョウマグロを叩いて豆板醤と仙台味噌を加え、
ネギとごま油で和えていました。ユッケ感覚でなかなか美味しかったデス。
ほかにもコチラは、米粉を使った牡蠣バーガーなども有名だけど、腹に余裕なく断念。

よく食べるなぁ、とお思いでしょうが、ハイその通り。
anego家の人々はホントによく食べるのです。
子どもだろうと、年寄りだろうと、食べることが人生最大のヨロコビの如くに^^


夜は仙台に戻って、勾当台公園近くの「広東料理 美香園」へ初訪問。
元・仙台ホテルで中華料理のシェフをやっていた方のお店です。
CIMG9430.jpg CIMG9432.jpg CIMG9433.jpg
CIMG9434.jpg CIMG9435.jpg CIMG9438.jpg

シェフは一級点心師という肩書きの持ち主だそうで、食べログでも「点心」の評価が高かったから
期待して水餃子や小籠包を頼んだのですが、ちょっと私には味付けが甘く感じました。
黒酢の酢豚も少々甘め。むしろ点心以外が美味しく感じましたね。
ピータンの味もよかったし、ビーフンも他店にはない味だったし。老酒4合も呑んじゃった(笑)

翌日は、岩出山の感覚ミュージアムで腹ごなしをして(?)
CIMG9439.jpg
CIMG9443.jpg

あ・ら・伊達な道の駅で蕎麦ランチ&たんまりお買い物してから、
47号線経由で山形県に入り新庄駅でバイバイしましたとさ。

あ~ぁ、疲れた疲れた。私の体力と反比例して甥っ子たちのパワーは増すばかり。
これが日常だったら、絶対からだが持ちましぇん。
普通に子育てしている同世代の親御さんたちを、心から尊敬してしまう今日この頃です。

さ! 明日はワンポケきょうだいの会。
ちゃっちゃとお風呂はいって、エネルギーチャージして(今日はワイン♪)明日に備えましょう。


[ 2012/03/23 20:49 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(4)

 盛りだくさんの一族奉公お疲れでした。

 松島もここまで回復するとは、一年前には
考えも及びませんでした。遊覧船乗り場付近の
45号線には船が横たわっていましたし、松島
水族館も復旧前にお邪魔しましたが、ペンギン
水槽の前は泥まみれでした。

 水槽を見て思い付いたのですが、津波に襲われ
た街の電信柱に、ここまで津波が来ましたの印を
付けたらどうでしょうね。避難の際の指標になる
と思いますが。。。

[ 2012/03/23 21:20 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
近いしいつでも行けると思うと、なかなか松島観光もしませんが
今回はあらためて定番観光をする良い機会でした。
まだ、地面が凸凹だったり立ち入り禁止の場所があるけれど
人の元気と笑顔はずいぶん増えてきたと実感しました。

津波の高さ・・宮城県ではあちこちに「津波浸水深」のプレートを付け始めてますが
賛否両論あるようですね。個人的には危機意識も強まる取り組みだと受け止めますが
特に被災地に住む方達からは、思い出したくないという声もあるそうです。
なかなか難しいですね・・・。
[ 2012/03/23 21:53 ] [ 編集 ]

元気ですね

☆anegoさんへ
お母さんお元気ですね!
甥御さん達も喜んで帰った事でしょう・・
松島、そういえば泊まった事ないなぁ・・・
素敵な宿が出来ているんですね、驚きました。
[ 2012/03/24 10:45 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
甥っ子も兄の方は小6、4月からは中学生になります。
宿も遊覧船も「子ども料金」の恩恵に与るのはこの3月までなので
思いっきり(?)遊ばせました。
母は母で、たくさんお金を落としていくことが復興支援と思ってか
やたらめったら買い物していきましたね。。ありがたいことです。

この宿、けっして高級宿ではないけど居心地よかったですよ。
お風呂から眺める海の風景も、なかなかでした^^
[ 2012/03/25 10:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/386-dc48f5ee




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。