スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イッセー尾形さん仙台公演

待ちに待った舞台でした。最高の夜でした。
・・・と未だ溜息がでちゃう、今日この頃。

先週土曜は、イッセー尾形さんの公演に行ってきました。
2年ぶりの仙台公演、もう楽しみで楽しみで仕方なかった。
単身赴任中の夫もこの日に合わせて帰仙。ええ、そこまで楽しみなのです。
stage27802_1.jpg

酒を飲むこと以外、ほとんど共通の趣味がない私たち夫婦ですが
イッセーさんの仙台公演だけは別。
昔からファンだったという夫に連れられ、初めてライブで観てからというもの
その圧倒的な存在感に、どっぷりハマってしまったのでした。

毎年一度は仙台に来てくれていたイッセーさんですが
残念ながら昨年4月に予定されていた仙台公演は、震災の影響で中止に・・・。
その際、わざわざ家の電話にスタッフさんから中止の連絡が入ってビックリ。
一軒一軒に電話したそうで、ものすごく感激したのを思い出します。
CIMG9774.jpg

私に限らず、イッセーさんを愛するファンのみなさんが待ちわびた公演でした。
この日、演じられたキャラは8人。以下、備忘録。

1)うらぶれた旅館の仲居さん。地方観光地にありがちなやりとりが笑える。
2)美術館でウンチクを語らずにはいられないオジサン。まるで私の父じゃん!
3)工場で働く結婚間近の若いアンチャン。「新婚旅行は、じゃまいっか」に爆。
4)スーパーで働くパートさん。日本のオバチャンは元気ですね~。
5)彼の鉄板、サラリーマンネタ。上司に媚びて部下にはエバる。秀逸です。
6)生命保険勧誘の女性。ずうずうしいけど憎めないんだよねえ。
7)川下りの船頭さん。尺八もお見事だった。影絵のオチは、新たな手法?
8)歳はくってもパリのシャンソン歌手。歌ネタって大好き。歌詞おもしろすぎ。

舞台上にはなにもない、ただイッセーさんが1人で芝居をしているだけ。
なのに自然と、存在しないハズの周りの人間の表情や、部屋の様子まで見えてくるのです。
説明なんか無くたって、床にころがった豆粒をふんづけたことも、明確にわかる。
この「空気」の作り方はスバラシイのひと言ですね。

以前、ヨーロッパ公演の際、ドイツ人だったかな?
「あなたのようなユーモアを日本人は理解できるのか」みたいなことを言われたらしいです。
一瞬、ムカッとしたけれど、いわれてみたら今ドキの日本って笑いの「質」はかなり低下してるし
弁明できないかも・・。日本人よ、もっと悔しがれ~っっ!!

終演後のサイン会では、いつも通り一緒に写真をパチリ。
世界に誇る舞台人なのに、気さくな方です。ホント。
CIMG9753.jpg

還暦を過ぎて、これからは少しのんびりペースの舞台になるとか・・。
体をいたわって、ゆっくりでもいいからまた私たちをバカ笑いさせて下さい♪


イッセー尾形オフィシャルサイトはコチラ

[ 2012/04/15 16:39 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/399-7c9d0c43




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。