スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1650円と310円

美味しいモノを食べると、イライラもおさまる。
逆にいえば、イライラは美味しいモノで緩和できるのだわ。
・・・と思う、今日この頃。


昨日(木)は定例となったシュートメの病院付き添いでした。


相変わらずのネガティブ志向に、あぁまたかとうんざりしたのは
どうも私だけじゃなかったみたい。
ほんの少ーーーし数値が変わっただけで、落ち込む落ち込む。
「何も心配ないレベル」「悪性のものじゃないから大丈夫」「再発じゃありません」
説明してくれた担当医のセンセに
「でもセンセ、絶対安心って言ってた原発も事故はある」だってさ。
担当医の先生も最後は苦笑いしてらしたけど・・・。

まぁ、そういう性格の人なんだと思ってコッチも対応するしかないよね。

病院を出れば、いつも通りちょいと遅めのランチタイムです。
お蕎麦や定食系を選びがちな義母ですが、テンションを高めるべく
たまにはフレンチでもどぉ??と、「ビストロでぐち」へ連れてきました。

オードブルサラダ。酸味の利いたドレッシング(トマトとバルサミコかな?)で
焼き野菜が甘く感じる。細長い緑の葉は空心菜(=エンサイ)ですね。
CIMG0078.jpg

具たっぷりの野菜スープは、ややスパイシーで夏向きの味。
パンは2種、熱々パリパリで提供してくれます(ライスも可)
CIMG0079.jpg

義母のメインは、定番料理から「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」をチョイス。
やわやわ&ホロホロに煮込まれてるので、入れ歯治療中の義母も
「噛まないでも食えるくれぇだ」と好評でした。
CIMG0080.jpg

私は、本日の魚料理「真鯛のポアレそら豆ソース」。
見た目はずんだ風ですが、刻み方はもっと粗め。そら豆だぞ!という食感が残ってます。
魚もそら豆も淡泊なんだけど、2つが合わさると別の旨さが生まれますねえ♪
CIMG0081.jpg

食後のデザート。うまいんだな、これが!
土台は芋羊羹、その上に冷え冷えの濃厚チョコアイス、ソースはタピオカココナッツ。
甘みよりも風味が勝ってて激ウマです。これだけ丼で食べたいぞ。
CIMG0082.jpg

最初のサラダで「葉っぱばっかりだ」とか「よくまぁこんな薄く切れるもんだ」とか
私には文句にしか聞こえない感想をぶっぱなし続けて
スープに至っては「味噌汁だな」とのたもうた義母だったけれど
後半、メインの肉料理には相当感激したみたいだったし、デザートは褒め称えておりました。

正直、せっかくご馳走してるのに美味しいのひと言もないと
すっっっっっっごく嫌な気分になりますけど、まぁ最終的にはおいしかったらしいので
(でも、おいしかった、とは最後まで言わなかった
まぁヨシとしましょうかね。フン。

これにコーヒーが付いて、お一人様1650円。
大変美味しかったです! 「私は」とても満足です!! ええ、満足ですとも!


◆ビストロでぐち(仙台市青葉区宮町4-4-30ー2F 水曜定休)
http://www.bistro-deguchi.com/


・・・・・・・・・・・・・・・・・

明けて本日は、山形市内でお仕事でした。
ランチは取材先に近かったこちらへ。真夏のような日射し、山形だなや。
DVC00191.jpg

東北芸工大の学生会館に潜入して、カレーをいただきまうす。
学食ってこんな味だったよなぁ。ノスタルジックな310円なり。
DVC00192.jpg

昨日のランチで、このカレーが5回食えますね。
満足度も、それなりです。当たり前か。

[ 2012/06/22 20:09 ] 外で呑み食い | TB(0) | CM(8)

お疲れ様です(笑)

お姑様の付き添いご苦労様です。

anegoさんの気苦労、我が家の嫁を見ているようで心苦しいです。

毎日毎日、仕事から帰っては直立不動で私の母親からその日の出来事を
30分は聞いているという嫁にはホントに頭が下がります。

旦那様もanegoさんにはホントに感謝していると思います・・・と、思いたい(笑)

ただ、anegoさんのところとチョッと違うのは嫁が務めているのが
病院という医療関係なので、そのの事は何でも
嫁の言う事を聞いていますね。

息子の私が言っても何も聞かないのにさ~

[ 2012/06/22 22:54 ] [ 編集 ]

嫁姑・・・

☆anegoさんへ
anegoさんの気持ちとは裏腹に、声を出して笑いながらこの記事を読んでました。
実にお姑さんをしっかり観察されていてその描写が、又、手に取る様に伝わって来ます・・・
どうしようもないお年寄りの頑固さとマイペースさが滑稽にさえ見えてくるのが面白い。
なんだかんだ言ってもきっとお姑さんは、anegoさんに感謝していると思いますよ・・

私のお袋の場合は、完全な認知症になっていた時だったので、別の意味で家の誰かさんは大変だったと思います・・・3年ほど在宅介護をしてくれ最期を看取ってくれましたので、私は頭が上がりませんし言葉につくせないほど感謝しています。

お嫁さんとお姑さんの間にある“息子”も、結構大変なんですよ(笑)

最後に家の誰かさんが言ってました「お婆ちゃん(お袋)何も解らないだけ楽だったのかもね」って。

どこからか舞い降りてきた宇宙人の様なお袋と対峙していた実感だったんでしょうね。

美味しいものをお腹いっぱい食べて、何もかも吹き飛ばしましょう・・・それが一番。
[ 2012/06/22 23:20 ] [ 編集 ]

そういうことだったのですね

先日もありがとうございました!
 写真を見ながら読むと、聞いた話もなるほどね!
とますます思えるようになりました。
やっぱり、コーヒーだけじゃあストレスは消えませんね!!
[ 2012/06/23 10:12 ] [ 編集 ]

>montaさん
なんとまぁ奥様、直立不動で30分!? 凄すぎです。
せっかちな私にはできそうもないわ(聞いてるフリは得意ですけど ^^;)

うちのシュートメも、話相手は私と決めているみたい。
なんでもかんでも夫をスルーして私に直接電話してくるんですよ。
頼りにしてくれるのは良いのだけど、中には私じゃ対応できない事もあるワケで
時々「どうなっとんじゃ、この親子は!」って思いますが
どうも周囲を見ると、息子と親ってこういう関係が多いみたいですね・・。はぁぁ。
[ 2012/06/23 17:53 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
客観的にみたら、きっと笑っちゃう状況なんでしょうねえ。
かくいう私自身も、以前はワイドショーの嫁姑バトルや「渡る世間~」を見ては
あらまぁ大変だこと。わははは。的に捉えてましたからね。
よもや当事者になるなんて想像してなかったですよ。

新婚時代は緊張もあったし、遠慮してたし、猫かぶってた部分もあるけど
もうすっかり、お互い「言いたい放題」です。
今回もついに「お義母さんって、いつも文句ばっかりだね!」と言ってしまいました。

・・・そんなこんなで、病院付き添いが終わった夜は、ことのほかお酒が呑みたくなります^^;
[ 2012/06/23 18:03 ] [ 編集 ]

>やんべさんへ
いつもいつも「バトル前後」のcoffee breakに助けられています。
ストレスのはけ口にして申し訳ないっす。
おいしいコーヒーは勿論、やんべさんとの会話や癒され空間の三拍子で
相当リフレッシュできてます。ホント、感謝感謝。

もし、その日にお店が閉まってたらマジで困るッスよ!!! 笑

[ 2012/06/23 18:08 ] [ 編集 ]

ワタシゃ両親の間に立って言い分を互いに聞く立場なのですが、ねえさんのご苦労はそれどこではないですね。
お疲れ様です。
それにしてもお料理はもちろんのこと、芋羊羹のデザートに釘付けです。
ああ、これだけでも食べに行きたい。
[ 2012/06/26 11:33 ] [ 編集 ]

>おおさんへ
今のうちヒアリング能力&ケア能力を高めておけば、結婚後も奥様に
「うちの夫はなんて気配りできる人なんだろう♪」って感謝されますよ。

ビストロでぐちのデザートは、いつも和テイストが入っていて私好みなんです。
舟和の芋羊羹にゴディバのチョコをのっけて、市販のタピオカココナツかけたら
似たようなものができるかも・・・?
[ 2012/06/26 13:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/424-52052305




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。