スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東根の大ケヤキと、まめとうや

大きな樹、樹齢を重ねた古い木に惹かれます。
でも、寄らば大樹の陰、、とか良い意味じゃないのよね。
・・・と思う、今日この頃。

週末は毎年高齢となったLYNXCLUBミーティングでした。
ツーリングして蔵王に一泊するのですが、私は今回都合で初日(土)の出発が午後に・・。

朝スタートの「本隊」は鳴子~仙秋ライン~秋ノ宮~金山経由で蔵王に南下するルート。
うまく合流できればラッキーかなと、久々に高速ではなく関山峠越えで山形入りします。

緑が濃くなりました。もうすぐ夏ですねえ。。気温もぐんぐん上昇して、アチイ!
CIMG9174.jpg

季節柄さくらんぼ渋滞が心配でしたが、山道も比較的かっ飛ばしてスムーズに走れました。
もう収穫のピークは過ぎたのかも。みえにくいけれど真正面には
万年雪を冠った月山が近づいてきます。あぁ・・涼しそうだなや・・
CIMG9176_20120703204825.jpg

さて、本隊との合流前に訪れたのはコチラ。
現在、東根城の本丸跡地に建つ東根小学校、その敷地内に目的のモノがあるのです。
CIMG9178.jpg

見たかったのはこれ。国の天然記念物、日本一の大ケヤキ!! 20年ブリくらいです。
この巨大さが伝わるでしょうか? 季節的にも葉が茂った今の時期が見応えあり。
CIMG9183.jpg

解説板によれば、樹齢はなんと1500年以上。幹周約16m、樹高28m。
CIMG9184.jpg

圧倒的な存在感です。私のへなちょこデジカメじゃ、スケール感が伝えきれませんが
とにかくデカイ。ぶっとい。「東の横綱」に位置づけられているのも納得の迫力。
CIMG9187.jpg

とてつもなく長い歴史を経て生き続けてきた巨木の生命力。
目の当たりにした時に知らず知らず畏敬の念が沸いてくるのは、
やはりアニミズムという世界観を持つ日本人だから、、なんでしょうか。
金山町の「大美輪(おみのわ)」の森でも、同じ感覚に陥ったことを思い出します。


大ケヤキや校門を入ったすぐ左手にあります。注連縄も巨大。
日本有数といわれる巨木が、こんな市街地で見られるなんて貴重だと思いますよ。
もちろん地域の協力あってこそ守られてきた場所。一見の価値あり!です。
CIMG9180.jpg

校庭のすぐ近くにはは、こんなレトロな木造公民館が建っていました。
まるでTVドラマのセットみたいに味がある建物ですが、現役のようです。
CIMG9179_20120703204823.jpg

ところで、みなさんは「まめとう」をご存じでしょうか?
東根名物という建物と看板に吸い寄せられて、事前情報もなく立ち寄ったのがココ。
CIMG9189.jpg

元祖 豆糖 製造本舗「まめとうや」さんです。
ワタクシ最初に通り過ぎたとき、チラ見だったのでてっきり「豆腐や」とカンチガイ(笑)
CIMG9190.jpg

引き戸をガラガラ、ごめんくださーい! おお、なんだか懐かしいお菓子屋さんの佇まい。
CIMG9192.jpg

昔ながらの手作りで、今でも機械ではなく、しゃもじ一つで作っているそう。
これは食べてみたいぞ。私どうも「職人」ってのに弱いんですよねえ。
CIMG9193.jpg

デコボコな形が特徴のまめとう(豆糖)は、砂糖でコーティングした豆菓子です。
山形県といえば「でんろく豆」が有名ですけど、それよりもずっと素朴な味わい。
中身はピーナツ(黒砂糖・白砂糖)のほか青大豆バージョンも。大豆の香ばしさ、私好み♪
CIMG9300.jpg

店内では試食&お茶のコーナーもあるので、散策の休憩に良さそう。
ポリポリかりかり、お茶をずずずぅ。ええですな。
使い捨ての紙コップじゃなければ、もっとええですけど^^
CIMG9191.jpg

さらに、大ケヤキがあるエリアはお堀跡をグルリと周遊できるようキレイに整備された
「龍興寺沼公園」になってるんです。水のある風景、夏のお散歩にうってつけ。
公園の道路を挟んだ西側には、普光寺(別名・龍興寺)という小さな小さなお寺がありまして
その鐘楼がけっこう古そうだったので思わずパチリ。
CIMG9177.jpg

帰宅後に調べたら、ナント「出羽三山神社の古鐘に次ぐ県下第二位の古鐘」だそうで
「戦時中の金属供出については、その文化財的価値から免除された」とのこと。
もっとじっくり見てくりゃよかったわ・・・。

そんなこんなで気がつけばもう良い時間!!
少しあわてて(でも安全運転で)約束のお店に行ってみたら、まさかの準備中@@
仕方がないので合流はあきらめ、宿に向かうことにしたのでした。

余談ですが、ホントはじゅんさい沼(大谷地沼@村山市)に寄って
数年来、自分に課したミッションである「摘み取り体験」をしたかったのです。
でもでもこの日の山形はピーカンの30℃!!!
暑くて暑くて見学するのもイヤんなったのです。簡単に断念。

それにしても、この界隈っていつも通り過ぎるばかりでしたが
「古豪の郷」というだけあって面白そうなスポットがあちこちにあります。
横尾家の酒蔵を利用した「東の杜資料館」も見てみたいし
「梅ヶ枝清水(めがすず)」の蔵座敷でいただく田舎料理も味わいたい。
誰か一緒に行きませう♪

此の後は、脳内を冷え冷えのビール一色に染めて、定宿の蔵王ロッヂスガノへ。
・・・・・・長くなったので一旦ここまで。続きはまた後日。

[ 2012/07/03 23:59 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/427-4de004e3




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。