スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初訪問、いち道

野球には疎い私でもイチローの電撃移籍はえっ?でした。
まあ、ここまでが長すぎた感もあり。新天地でも活躍して欲しいものです。

移籍でも引っ越しでも、そして居酒屋開拓でも(飛びすぎ・・笑)
最初の一歩は不安と期待が交差しますよね。
どんな雰囲気だろう。カウンターあるといいな。料理が楽しみ。
親方は若いのかな。高かったらどうしよう。日本酒は充実してる?・・Et cetera。
ネットの評判はあくまでも参考、大事なのは自分との相性!!
・・・と思う、今日この頃。




一人呑みは、その日の気分や自分の嗜好でいかようにも店を選べるけど
そうでない場合は「誰と行くか」でお店のセレクトはまるで違ってくるもの。
あの人を連れてくなら、このお店。あのコの好みはコッチの店だな、と
ベストマッチをあれこれ考えるのも、呑んべな食いしん坊の楽しみ^^

同じような発想の持ち主(と勝手に思っている)ご近所のライター仲間マダムM子。
「きっと気に入ると思うんだよね~。一緒に行かない?」と
久しぶりのお誘いメールに、尻尾ふりふり行きますとも!と返事しました。 
お互いの都合がつく日を調整したら、約束から1ヶ月以上も経っちゃってましたがね^^;

彼女がセレクトする店は、小綺麗で、美味しくて、ちょっと大人系の確率高し。
どんな店を私が喜ぶかをよく知っている彼女の選定には、全幅の信頼を置いちょります。

案の定。今回もお通しの段階から、めっちゃ「ツボ」を刺激されました。
CIMG9475.jpg

<お通し/アボカド市松豆腐>
CIMG9476.jpg
お通しでこんなにテンション上がったのは久しぶりかもしれません。
ごくごく淡いグリーンの市松模様のなんと美しいことよ・・。
貧相なデジカメではこの繊細な色彩の妙を伝えきれませんが(涙)
平面だけじゃなく立体的にも市松模様になっています。目も美味しいと喜んでる!
肝心のお味はふぅわりジュワン♪ とろける上品な甘み。あぁうっとり。

生ビールでノドを湿らせ、胃袋も肝臓もスタンバイおっけー牧場! 
さぁて、何からいただこう? とりあえずお手軽な3品のミニコース
(小鉢・お刺身・焼き物で2500円)ってやつをを注文してみますか。
それをいただいてから腹具合と相談して追加オーダーしましょ、ということに。

<小鉢/笹もずくの酢の物、鴨と茄子の冷製>
CIMG9477_20120725163741.jpgCIMG9479_20120725163741.jpg

まずスタートは、産地が青森県竜飛岬という「笹もずく」。
見た目は極細で華奢なのに歯ごたえは元気いっぱい。まるでオカヒジキのようです。
初めて名を聞く食材でしたが、その強烈な食感にノックアウトされました。
いままで食べていたもずくって一体なんだったの? ってくらいの衝撃!!
これは是非また食べたいぞ。

鴨ローストは柚胡椒で。う~んジューシー。焼き茄子もスナップエンドウも
脇役なんだけど細かいところまで丁寧な仕事がされていてニンマリしちゃいます。
CIMG9477-2.jpg

酢の物と一緒に鴨ローストが運ばれてきたので、「これで小鉢、焼き物だね」
と思いきや、なんとこの2皿で一品目とのこと。mjd~~@@

<お刺身/メジマグロ、真イカ、マコガレイ>
CIMG9480_20120725163740.jpg
マグロのキメ細かい肉質、ムッチリとしたイカの食感、マコガレイの甘さ・・・
盛りつけ方も含めて、お造りって料理人の腕がズバリ現れると思いませんか?
わんだほーです。あ、とっくに日本酒に切り替えております(笑)

<焼き物/カマスの塩焼き、他>
またまたビックリ。焼き物のお皿だけがトン、と出るのを想像していたらこうきましたよ。
塗りの角盆に鎮座する、4種の酒肴。初訪問店だからこそ、チビチビ多品種の「味見」が嬉しい。
CIMG9482.jpg

カマスは全く小骨があたらないよう完全に下処理されており、焼き加減も塩加減もズバピタ。
そして、煮ダコの柔らかいことといったら…!! これだけ別途注文したい!!
ほかに梅シロップ、ゴボウの胡麻よごし、海老とクルミの和え物。充実しすぎです、親方。

言い忘れましたが、どれもこれも器が洒落ているのです。これも私のツボ。
漆あり、土モノあり、骨董あり、ガラス器あり。適材適所にセンスよく使い分けられている。
皿鉢と器がタッグを組むことで、美味しさが何倍にも増幅される気がします。
こういう楽しみも、和食ならではの醍醐味ですね。

日本酒のラインナップは、宮城の地酒を中心に十数種揃っていました。
小ぶりの片口で提供してくれるスタイルも粋! (でも出来れば瓶ラベルも見たかった)
この日は山和(特別純米)、伯楽星(特別純米)、日高見(夏吟)・・・以下不明(笑)。

さて。

3品にしては質・量ともに予想以上のお料理をいただいて、
なにやらマダムM子は満足のご様子。けっこうお腹がふくれたのは嬉しい誤算ですが
せっかくですからなにか一品、追加してちょいと食べてみたい。

そこで「常連さんがよく召し上がるものって何ですか?」とお聞きしたところ
女将さんに勧められたのがコチラ。なんだかわかりますか?
CIMG9485.jpg

恥ずかしげもなく私ってば、ひとくち食べるなり「うっっまーーーーーーっっ!」と
大声で叫んでしまいましたよ(笑) 

<自家製ホヤの燻製>
正解は、お店で作っているホヤの燻製☆
CIMG9483_20120725164232.jpg

これ、日本酒ドロボウです。香菜「海老の紹興酒漬け」以来?の衝撃の旨さ!
最初は甘いスモークの香り、次にムッチリした歯ごたえ、そして噛むほどにホヤ特有のホロ苦さが
第一弾、第二弾と折り重なって口の中に充満し…あぁ、もうタマランチ会長っっっ!

日本酒との相性は言うに及ばずですが、
ウイスキー(バーボン系)とのマリアージュを試したい欲求がムクムク沸いてきます。
普通なら「ホヤとバーボン」なんて、あんびりばぼーですが、絶対アリでしょう。
ねの吉さんの情熱クリチとも合いそうだし・・・あぁ・・もう・・妄想炸裂ヨダレ族(笑)

ちなみにキオスクなどで売ってる干物っぽいこの商品とは
まったくの別物ですので悪しからず。
       hoya.jpg

その他にも食べてみたいものがアレコレあったんですが、
欲張らずに次回訪問のお楽しみにとっておきましょう。サイフ事情もありますし^^;

店内は、カウンターに数名、お座敷に10名程度と広からず狭からず
私が呑み処選びする際に一番しっくりくるキャパシティー。
次は是非カウンター席に陣取って、親方との会話も味わいたいものです

人に教えたいようで教えたくない、このお店の名は「いち道」。
国分町の、あらこんなところに? 的な場所にひっそり佇んでおります。
カテゴリでは小料理屋に属するのかな。
CIMG9474.jpg

興味のある方は検索してみてください。出ますから。
不親切ですか? 別にいいじゃん。人に厳しく、自分に優しく。わっはっは。
どこぞのキャッチフレーズじゃないけれど、たまにいくならこんな店。

大変おいしゅうございました


さあて、いよいよロンドン五輪ですねえ。
観戦応援するぞ! といいつつ、お盆前は仕事てんこもり(TT)
[ 2012/07/26 00:36 ] 外で呑み食い | TB(0) | CM(8)

こないだはありがとーございますた(^o^)

美味しいモノを少しづつ…てカンジですかね~(*´∇`*)
まったくもって美味しそうな品々!!
ホヤ燻…なんぼ美味いんだや(笑)
[ 2012/07/26 06:18 ] [ 編集 ]

好いねえ~♪

ほんと気いるかどうかは 自分との相性”

マダムM子様との波長も体調もよろしいようで
今後の展開も楽しみですね!!
[ 2012/07/26 10:20 ] [ 編集 ]

>なおちゃんへ
こちらこそ先日はお世話様! 布コースターの件も返信してなくてゴメン^^;

女性はこういうチョコチョコ系がいいよね。
けっこう大食いだと自覚してたのに、この頃は胃袋縮小傾向。あ、肝臓は別(笑)
ホヤの燻製は、隆生丸で食べた「ホヤみそ」ともまた違った旨さだったよ!!
[ 2012/07/26 10:31 ] [ 編集 ]

>びーえむあいさんへ
いつもの呑み友と行って楽しい店もあれば、たまに会う友人と行きたい店もある。
もちろん自分のスキキライもあるけど、全部ひっくるめてヒットが出ると嬉しいの。
もちろんホームランなら、なお幸せ^^

今宵はアノ方と一献♪ 混ざります??
[ 2012/07/26 10:39 ] [ 編集 ]

 いち道さんは噂どおりのお店でブレがありませんね。
きちんと修業して、美的センスも抜群な板前さんがいる
のでしょう。こういう和食屋さんでは料理が主役でこれ
を肴に大酒呑んだら罰が当たりますね。^^

 青森の知人に聞いたら、従来、笹もずくはぬめりが
少ないので値段が付かなかったそうです。そこで粉末
にして加工品にまでしているそうです。ぬまりが少ない
のも個性なのに売り出しが下手だったのでしょうね。

 お陰様で一昨日は癒し系おとしぶたの親方と4年
ぶりの対面を果たせました。しかも拙著を持っていた
なんて感激一塩。曰くの付いた素焼きの盃は家宝に
します。^^
 
[ 2012/07/28 07:08 ] [ 編集 ]

anego樣、夜な夜なのご勤務ご苦労様、

このお店って文横さかな亭のあべっち親方お薦めなんで気になってはいたんですけどね、(最近麻雀ランチで顔出し中)ここの料理人って彼の先輩かな?何しろプロが推奨するお店ですから、残念叔父さん先を越されてしまいました、
[ 2012/07/28 09:24 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
まだお若いご主人(とお見受けしました)と女将さんの
さりげない気遣いが心地良いお店でした。
どんちゃん呑みは似合いませんが、ニギヤカに呑むのは許してくれるでしょう。

笹もずく、早速調べていただきありがとうございます。
確かにスキキライが分かれそうな食感ですが、好きな人にはタマランチです♪
あっという間に食べてしまったので是非また味わいたいなあ。

隆生丸の記事、楽しみにしています。著書とのご対面シーンはトリハダもんでした。
[ 2012/07/29 19:41 ] [ 編集 ]

>ベガサポさんへ
夜な夜な…だなんて、飛んでも8分歩いて10分!
年頭に掲げた目標通りに休肝日は作ってますよぅ。
この頃は月に2~3日は抜いてますもん(エッヘン)

いち道さん、先を越してしまいましたが
実は私さかな亭さん未訪問なんですよ。
今度連れてってくださーい♪(ウッフン)
[ 2012/07/29 19:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/436-85f02024




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。