スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おかわり、大盛りタブーの家って・・

「幸せなら態度で示そうよ♪」って歌があったけど
ご飯をモリモリ食べる人が好き。おいしい顔をしてくれると嬉しい。
そうじゃなかったら、寂しいよね。作る人も、食べる人も。
・・・と思う、今日この頃


新米の季節になりましたね。
それだけでも、うんまい白飯をワシワシがつがつ食べたくなります。

そんな時季にそぐわない話をひとつ。


・・・・・・・・・・・・・・・


知人Fさんは、奥様と娘さんとの三人家族。
Fさんは食いしん坊で、オサケも大好きな面白い人。
私と会えば、いつも自然とおいしいお店や料理の話題に花が咲く。

けれども、こと家庭のご飯となるとFさんは一気にトーンダウンするのだ。
彼の家ゴハンは、うちとはまるで違いすぎる。

まず驚かされたのは、F家では「おかわり」「大盛り」が出来ないということ。
誤解の無いように先にいっておくけど、経済的理由ではありません。
どんなにハラペコでも、おいしいオカズでも、もうちょっと食べたいなぁ
と思っても、ご飯は絶対に一杯だけ。

やたらとご飯が欲しくなるオカズってものがある訳で、例えば私は
小さい頃やたら刺身が好きで、刺身さえあれば何杯だってご飯を食べた。
「おめだば、何杯食う気だなや~」と、笑って見ていてくれる家族もあった。
大人になった今だって、漬物・ちりめん山椒・しょうゆの実・筋子・・
「飯の友」は山ほどある。その気になれば、一人で一食二合は軽い。

だけどもFさんちは、おかわり不可。
どんなオカズだろうと、どんなにハラペコだろうと、ご飯は一人一食一杯。
お父さんだからといって大盛りはなし。奥さんも、娘さんも、みんな同じ量。
ご飯茶碗7分目ほどに盛られた飯を与えられ、与えられた分しか食べることはできない。

Fさんが、いつも決まって話すエピソードがある。
新婚当時、初めて夕飯にカレーが登場した日のこと。カレーが大好きなFさんは
やった!今日はカレーだ! いっぱい食べるぞ! …と意気込んだ。
食べる気まんまん、1杯目を早々にペロリと平らげると
空になった皿を差し出して言った。「うまい! おかわりっ!」

すると奥さんは目を丸くして、ぴしゃりとその皿を押し戻したのだ。
「何いってるの? そんなに食べることないでしょう。今日はもう終わりよ」。
カレーなのにぃぃぃぃ? あんまりだ。。。

一事が万事、そうなのだという。
焼き魚でも、生姜焼きでも、オムレツでも、コロッケでも、
ご飯がなければ食べるのに困っちゃうような麻婆豆腐でも、ご飯は一杯だけ。

他にも、想像できないのは食事中の会話がほとんど無いということ。
禅寺での修業じゃあるまいし、なんで無言やねん??
「おいしいねえ」「これは何?」「私これ大好き!」「また作ってね」
・・・とか普通だと思うんだけど。

Fさん家の一般的な食事風景は、こうだ。
ご飯、みそ汁、主菜、副菜が一人ずつに盛りつけられ、
それぞれが目の前に並んだもの「だけ」を黙々と食べる。
「あ、アレが冷蔵庫にあったよね」とか「もっと欲しい」なんてことは皆無。
大皿ドーン! といった、各自が好きなだけ取り分けることもないらしい。

食事療法などの事情があるならまだしも、これってどうなんだろう。
健康志向といっても、ちょいとストイックすぎやしませんか?
奥さんには、家族にいっぱい食べて欲しい(食べさせたい)という気持ちがないのかな。
百歩譲って「健康のため」「食べ過ぎは良くない」という考えが根底にあるとしても
ちょいと行き過ぎに思うのは、エンゲル係数の高いわが家だけ???

「おかわり無し」を初めとする食事のルールはすべて奥さんが仕切っている。
作り手に左右されるのは、どの家庭も同じだろうけど・・・。
「うちの奥さんは毎日キチンと料理するし、味も悪くはないから
不満をいう方がオカシイのかもしれないんだけど…」とFさんは遠慮がちにこぼすのだ。

どー考えても、Fさんちの食卓には「食べる喜び」が足りないと思う。
そして、「食卓を囲む楽しさ」も薄い気がしてならない。
ゴハンって、生きてくための単なるエサじゃないよね?
Fさんち(というか奥さん)は、食べることに関して淡泊すぎる、と思う。

で、そこんちの子どもはどうなっているか。

子どもは親を見て育つ。食習慣もしかり。
案の定、中学生の娘さんは「食べることに興味のない人間」になってしまった。

一人一人に配膳された料理は、給食のように「義務」として食べるけれど
バイキングや大皿料理など、自分で取り分ける料理は苦手なのだ。
普通子どもって、バイキングを喜ぶ。好きなモノを好きなだけ食べられるって
大人でもワクワクするくらいだもの、当然だと思っていた。でも、彼女は違う。

それが顕著にあらわれるのは鍋の日。鍋を前にすると、固まってしまって箸が動かなくなる。
食べなさい、と促しても「何から食べたらいいのかわからない」というそうだ。
アーーーンビリーバボーーーー!!!
仕方がないから、親が鍋から取り分ける。すると、差し出されたものは口をつける。

ご飯とオカズを組み合わせて食べることも、娘さんは不得手だ。
最初に主菜を食べきり、副菜の小鉢を食べきり、その次はご飯「だけ」を食べる。
最後に、みそ汁を食べて、食事タイム終了。これが彼女のやり方。
「オカズと一緒に食べれば?」といっても、「味が混ざる」と嫌がる。
これってかなりヤバイ状態だと思うんだけど、
似たような例は割と聞くから珍しくないのかな。
それにしたって、白飯だけ食べ続けるって。。。。

娘さんは好き嫌いも多くて、外食ではラーメンくらいしか食べない(それも味噌味のみ)。
いや、むしろ「自分は何が食べたいのか」を主張できない?のかも知れない。
こうなったのは親の責任だ。今はよくても社会人になったら、どうする気だろう。

奥さんに任せっきりにしない方がいいんじゃない?
今更だけどさ、たまには奥さんに代わってキッチンに立てば? 料理、好きじゃん。
・・と提案してみたが「男子厨房に入らず」派の奥さんは
夫がキッチンに立つことを許さないのだという。
後片づけの皿洗いすらさせないというから、その点は良妻なのかもしれないけれど。

Fさんも可哀想だけど、Fさんの娘さんはもっと可哀想。
でも、奥さんだけを責められない。
きっと奥さんが育った家庭も、おそらく同じだったのだろうと想像できるから。

生きるために食べる、だけじゃつまらない。
私なんか、食べるために生きてるようなものなのになあ。


ご意見ご感想、Fさんへのアドバイスをどのようにすべきか
みなさまのコメントキボンヌ。

<おまけ>
kotoさんにいただいたマコモダケ、焼き物・揚げ浸し・炒め物を堪能し
最後の1本はパスタでいただきました♪ サクサクポコポクの食感が心地良い~☆
P1020035.jpg

ご馳走様でした。おいしいって、幸せだなあ。

[ 2012/10/26 23:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

anegoさん、おはようございます

読んでて思い出しました
ずいぶん前だけど、部下の女子がそれっぽかった
二十歳くらいだったと思うけど、お昼は弁当だったのね
最初におかずをモクモク食べ、それが終わるとゴハンだったな
変わった食べ方をすると社内でうわさになったことがありました

アドバイスね、家族でランチバイキングに出かける
親子がガワイワイガヤガヤ言いながらの食事風景を
見せてあげる
Fさんが、今日は俺のおごりだ、好きなものを食っていいぞ!

こんなことしか思いつかんな

一回で2合食べるって?
まだ、身長伸びてんじゃね
[ 2012/10/27 06:26 ] [ 編集 ]

>あいしゅさんへ
お弁当の話、同じような人を私も知ってます。結構いるみたい。

まずはアドバイスありがとう! 
他の家の様子を見たあとに、本人がどう感じるかが問題ですけどね・・。
「普通」と「変」の基準に自信が持てない今日この頃です。

2合くらいイケますって。おにぎり4~5個食べる感覚。
オカズが充実してたら絶対無理ですけど(笑)
今日も数人でランチに出かけ、私だけ大盛り食べてきました。大食い大女。www
[ 2012/10/27 17:25 ] [ 編集 ]

 これヤバいね。

 ただ、奥様の理念を聞かないとちょっとコメントしづらいけど、
お子様に弊害が出ている以上、保護監察も必要かも。。。

 食生活は人格形成上、極めて重要な要素です。食事が
楽しくなければ私は生きてる意味がありません。

 いま私は少し体重を減らすというか、ウエスト締めるために
ダイエットしていますが、これは今までのツケを償っているだけです。
その理由は昨晩話した通り、お笑いですね。^^

 新米の季節です。その子連れ出して、タラコと筋子と塩雲丹で
腹いっぱい食べさせましょう。^^
[ 2012/10/27 22:55 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
おばんでがんす。昨晩は乗り過ごさず帰着されましたでしょうか?ww

ホント、ヤバイでしょ。ここんちの話を聞いてると私まで気が滅入るのです。
食べることだけ考えて生きてるに近い我々には、ちょっと感覚がわからないのですが
もはやそういう生活を十数年続けていると、流されてしまうようです。

>  新米の季節です。その子連れ出して、タラコと筋子と塩雲丹で
> 腹いっぱい食べさせましょう

ほぉほぉ、サエモンさんの「飯の友」はプリン体中心ですね♪
私なら・・そうだなあ、やっぱり魚卵は欲しい。あと、醤油の実はマスト。塩辛も。
[ 2012/10/27 23:25 ] [ 編集 ]

これ、本当の話なんでしょうか???
だとしたら、かわいそうですね、娘さん。
大好きな彼が出来て、彼が食いしん坊だったら
治るかな?
大人は無理でしょうね・・・

マコモダケ、美味しく食べていただきありがとうございます!
こちらもありがとうございました!!!
[ 2012/10/30 13:03 ] [ 編集 ]

>壽丸さんへ
マコモダケ、たっぷりガッツリ堪能させていただきました。
いつも美味しいモノをありがとうございます☆

この記事、けっして大げさに書いてはいないんですよ・・・。
Fさんは大人なので、好きなモノを好きなだけ食べたい時は外食でストレス発散してますが
娘さんはこの先どうなるやら。食いしん坊の男性とは付き合わない可能性大では??
壽丸さんちの食卓とは、まるで真逆ですよねえ。ハァ。ホント、可哀想としかいいようがないです。
[ 2012/10/30 19:15 ] [ 編集 ]

今更ですけど。
いくら食べても食べてもお腹いっぱいにならないお年頃。
それが毎食1杯だけなんて、常に飢餓状態なんじゃないでしょうか?

よく好き嫌い大魔王っていますけど、食わず嫌いが多いですよね。
ワタシ「コレ、嫌いなの?でもここの店のならうまいから!」と連れてって克服させたことが何度もあります。
[ 2012/10/31 07:19 ] [ 編集 ]

>おおさんへ
でしょでしょ。私なんて中高生の頃は、お腹いっぱいでも食べること考えてましたよ。
腹八分目といえば聞こえは良いけど、満腹の幸福感も人生には大事だと思うのだが。

食わず嫌いと好き嫌い、全く同感です。
ホヤ嫌いな人は、おいしいホヤを知らないだけ。だよね。

今更ですけど、仙台空港の不発弾騒動、やっぱりソチラも大変だったんですね。おつです。
[ 2012/11/01 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/464-38682ae7




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。