スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真似っこ料理

スキキライなく何でも抵抗なく食べるのが自慢なくせに、
私の料理は割と保守的。なので、
美味しそうなレシピはどんどん真似しよう!
・・と思う、今日この頃。

最近、真似っこして美味しかったものは・・・

どんがら汁の時に残しておいた寒鱈の切り身を
サエモンさんの記事に触発されて「みぞれ鍋」に。
CIMG0890.jpg 
今までの作り方と変更点は2つ。
1)大根おろしを多めに(これで1/2本弱)
2)切り身は大根おろしの上に(いつもは下の方に具を入れていた)
これで驚くほど美味しくなっちゃった
火の通り具合をみながら美味しいタイミングを逃さずに食べられるし、
おろしの効果でトロトロになった出汁が最高。
〆の餅とうどんが、これまた合うんだよね~~

もうひとつ、真似っこ料理。
壽丸さんのblogに触発されて、「長芋の肉巻」
CIMG0902.jpg
長芋のシャクシャク感、ネットリ感と
豚バラ肉の甘みがこんなに合うとは驚き
酒少々とはちみつ少々、醤油で炒り焼きにして
仕上げには七味をふりました(壽丸さんは黒こしょうだったけど)。
これ、黒糖焼酎とメッチャ合う
簡単にできておいしいってのが、特に嬉しい。

鶴岡からはるばるやってきたアサツキは・・
CIMG0875.jpg
さっと湯がいで、おかか醤油に。
CIMG0880.jpg
アサツキといえば、私の中では「えご」がベストパートナー。
酢味噌で和えて食べます。
えごが無かったからという訳じゃないけど、
あんまり新鮮だったものだからシンプルにしてみた。
そういえば仙台では、もっと巨大な(ロングな?)あさつきしか見ませんね。
なぜだろう??
ちょっと長めのモヤシみたいな、このサイズが好きなんだけどなあ。

お鍋に合わせたのは、川村酒造の酔右衛門(よえもん)
※注…正しくは“酔”でなく“酉へんに与”
川村酒蔵は、南部杜氏の里で知られる岩手石鳥谷の蔵。
石鳥谷といえば何年か前、南部杜氏伝承館とゆーとこに行ったような?
CIMG0895.jpg
力強い旨みがあるのにキレが良く、食中酒にはもってこい
冷やで飲んじゃったけど、お燗にしてもいい酒だったと思う。
このバージョンには、自家栽培の美山錦を使っているそうな。
最近は原料の「米」から栽培するという蔵も増えてきましたね・・。


[ 2010/02/05 19:29 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(8)

ん?

酔右衛門の瓶の背後に何やら・・・酔右衛さん?
この撮り方ってユニークです(爆)
しかし、しっかり主婦してますね~
酔右衛門さん・・・幸せ者ですぞっ!  ☆
[ 2010/02/06 07:52 ] [ 編集 ]

光栄です。

アサツキ、美味しいですよね~
前に羽黒から大量に頂いて、その美味しさにびっくり。
以来ファンなんですが届かなくて(笑)
先日最上の産直から買ってきて食べましたよ。
酢味噌和えしか知らないので他の調理法も教えてくださいね。

芋も羽黒からの頂き物だし僕の体の1/10は庄内で出来てます(笑)
[ 2010/02/06 08:19 ] [ 編集 ]

 すごい雪になりました。
いまも降り続いていますね。

 みぞれ鍋は魚の切り身が沈んで
しまわないから、見失うことがなくて
良い具合でしょ。

 その曲がりくねったアサツキは栽培
されているのでしょうか。どうやったら
あのようになるのでしょう。
[ 2010/02/06 13:31 ] [ 編集 ]

>☆さん
お褒めいただき恐縮です。
主婦できない日も多いので、できる日だけなんですが。
幸せ者?う~ん、そうかな。だとしたら嬉しいので
こんど本人に言ってやってくださいませ(*^^*)

>壽丸さん
この時期のアサツキは本当に美味しいですよね。
甘くて、香りが良くて、柔らかくて、シャキシャキ。
炒め物や天ぷら、サラダもイケますよ~♪
ちなみにジモティはアサツキではなく
「きもと」と呼びます。正しくは「きもど」。

>サエモンさん
曲がりくねっているのは、おそらく、ハウスではなく
露地栽培だからではないでしょうか?
寒空の下、雪をせっせと掻き分けながら
掘り起こして収穫しているのを見たことがあります。
ホウレンソウや雪菜と同じく、寒さに耐えて育つから
風味が格別なのかもしれません。
[ 2010/02/06 16:12 ] [ 編集 ]

酒へんに与える

よえもん
まえになおちゃんたちと壽哲廸に行ったときに呑みました。
http://pub.ne.jp/windpower/?search=14866&mode_find=word&keyword=%E3%82%88%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93
それもちょろりさんからの直送ですよ。

もう味は憶えていないけど。
[ 2010/02/07 11:27 ] [ 編集 ]

Re: 酒へんに与える

>風写さん
さすが気づきましたね。
仰せの通り、酔ではなく「酉へんに与」ですが作字しないと出ません。
ところで壽哲廸って持ち込みOKなんですか?
知らなかった。
備前雄町で精米70%なら結構ドスの効いた味だったかもね。
[ 2010/02/07 13:47 ] [ 編集 ]

あの人ならでは

壽哲廸に持ち込み
少なくとも私には頼めません
あの人しか出来ない技ですな

飲み放題コースだったけど、他のお客さんには気付かれないようにって言われた気がする。
だから座敷の端っこの席。
[ 2010/02/07 17:20 ] [ 編集 ]

Re: あの人ならでは

>風写さん
おはよございます。
持ち込み・・そーだったんですね。
伜なら個室があるけど、アノ店は座敷しかないし
やるなあって感じです。
[ 2010/02/08 07:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/48-19dc36d1




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。