スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっと遅めの里帰り

今年の成人の日は大変な大雪でしたね。
晴れ姿のお嬢さんたち、ただでさえ履き慣れない足袋と草履なのに
足元が悪くて気の毒だなあと思っていたけど
「忘れられない記念日になりました^^」「ホワイト成人式です♪」と
笑顔でTVインタビューに応えている子の多いこと! 素晴らしい!!
このポジティブ感覚、是非ともどこぞのシュートメも見習って欲しいもんですよ。
・・・と、どこまでも鬼嫁発想の、今日この頃。

年末年始は「危ねさげ来ねってぃぞ! 陽気のいい時に来ればいいはげの~」と
クドいほど電話してきた実家の両親。その後、だんだん口調が変わってきて
「車は止めれっては言ったども来るなっては言ってねえし・・バスだったら・・」などと言う。
私としても正月くらいは里帰りしたかったし、陽気が良くなるまでまってたら春になっちまうので
遅ればせながら週末金土日、お年賀抱えて高速バスで里帰りしてきました。
CIMG9947_20130115123934.jpg

仙台を出た日。強風でめちゃ寒かったけれど、これなら自分で運転して行けたか? 
と思うくらいの路面状況。でもまあ、たまにはのんびりと読書しつつのバス旅もいっか。
CIMG9948.jpg

・・なんて余裕かましてたら、案の定そんな甘いモンじゃなかった。
みるみる景色が白くなって、あぁもうナンジャコリャの雪の量。
CIMG9970.jpg

バスの車窓、ほぼ同じ目の高さまで除雪された雪が壁のように。あああああ。
CIMG9967.jpg

文字通り、別世界に来ちゃいました。地面も側面も白いと眼がバカになります。
バスより車高の低い乗用車なら尚更です。ブルーの線がなければ道路の端も天地さえも判らない。
CIMG0025_20130115123932.jpg

怖いですよ、マジで。こんな道、運転したくなーい! よかった、バスにして><
(といいつつ現地では母の車でザッカザッカ走ったのだが・・ww)
CIMG9959_20130115123939.jpg

自宅着。里におりても、こんな状態で庭に入ることもできませんでした。
1月って、こんげ降るっけがのぅ? と父に聞くと「去年の方が多いっけの」とのこと。
モッツモッツ積もった雪で、池の形も特定不能です。金魚たちよ、春までガンバレ。
CIMG9975_20130115124210.jpg

カメラを向けたらおもむろに、二刀流を気取る昭和ヒトケタのお父ちゃんは
朝昼晩と雪かきに忙しく呆けるヒマがないらしい(笑)体力あるなあ。
CIMG9974_20130115124207.jpg

アンチインドア、海へ山へとくりだすanego一家も、こんな時期は積極的には出かけません。
里帰りにリクエストしたご馳走は毎度おなじみの保存食シリーズ。
結局「いつもの」が一番なんです。まずはぜんまいの煮物。
CIMG9983_20130115124746.jpg

みょうさく(エゾニュウ)の煮物。これも、うちの味です^^
CIMG9977_20130115124212.jpg

ヤリイカの刺身は、リヤカーならぬ軽トラでやってくる鼠ヶ関の「あば」から購入。
家族一同ヤリイカのゲソ好きなので、喧嘩にならないようあらかじめ銘々皿に等分する母(笑)
CIMG9980_20130115124744.jpg

そしてこの時期に欠かせないものといえば「どんがら汁」。でもまだやや時期が早かったようで
オスが手に入らずメスだったため白子(ダダミ、きく)が無いのが残念でした。
その代わり、アブラワタ(肝臓)がプリッッップリのトゥルットゥル♪ 激ウマ!!!
CIMG9994.jpg

余談ですが、翌日に温め直した汁が、さらにまた旨みを増していて絶品だったのです。
カレーでねんども「昨日のどんがら汁」は、サイコーだっけよぉ!!
CIMG9997_20130115131032.jpg

極寒の雪を人の手で掻き分け、丁寧に掘り起こされた地物のアサツキ。
ここらでは「ひろこ」と呼びます。もやし並みにか細いのに生命力に満ちた清々しい味。
緑の色さえ神々しくて、栽培モノとは全然違う(ようにみえる)。
「えごねり」とのヌタ美味ですが、直球で味わいたくて生醤油で。ありがたくて幸せ☆
CIMG0014_20130115123930.jpg

自家製干物のカレイ焼きも、煮付けにした寒ダラの身と卵も、あぁ庄内だわと実感します。
飾り気は全くないけど、私にとっては大ごっつぉ。もっけだのぅ。
CIMG9985.jpg
CIMG9986.jpg

自然とお酒も進みます。まぁ、これもいつも通りなんですけれど(笑)
「くどき上手」のおしゅん、ほかに「三十六人衆」「月山ワイン」をくぴくぴ。
冬の夜は、食べて呑むに限ります。久々にしこたま酌み交わして、父ゴキゲンの図。
CIMG9992_20130115124752.jpg

考えてみたら、実家に来るのは8月以来@@ 車をかっ飛ばせば2時間ちょっとの道のりなのに
去年はあまり里帰りできませんでした。今年はもう少し、顔を見せないとね。
でも、次はやっぱり・・・陽気が良くなってからだなあ・・。
[ 2013/01/15 16:26 ] 庄内 | TB(0) | CM(16)

「父ゴキゲンの図」が家系~な一枚ですね(^_^)v
仙台の雪これを見るとたいしたことないですよねぇ。
大山への道を思い出しました~。
[ 2013/01/15 17:00 ] [ 編集 ]

はははははは・・・

☆anegoさんへ
お父さん、よっぽど嬉しいんだべよ・・・
[ 2013/01/15 19:28 ] [ 編集 ]

酒が飲めるって・・・一番の親孝行かも(笑)
[ 2013/01/15 22:20 ] [ 編集 ]

>zepさんへ
ええ、ええ。父や母をみてると、あぁこの人たちのムスメだわって実感します(笑)
この写真以外にも、父のオモロshot多数。
ボカシちゃうとつまんないので、Fbで公開かな。お楽しみに^^
[ 2013/01/15 23:49 ] [ 編集 ]

>montaさんへ
お酒抜きでも楽しいのが家族ですよ。
甥っ子はジュースで酔っ払ってくれますし、母は事故以来すこし酒量が減ったし。
でも、なんだかんだいって「潤滑酒」であるのは事実ですね~☆
[ 2013/01/15 23:51 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
ホント、めっちゃ楽しそうで嬉しそうでした。
この顔を見たいがために里帰りしたようなもんです。ハイ*^^*

ただね、親も歳をとりました。自分が歳を重ねるほど、親は老いていく。
あたりまえのことだけど、たまの里帰りだからこそ、その事実を重く感じます。
[ 2013/01/15 23:54 ] [ 編集 ]

ブルーの線? どうやってつけるんでしょうね

除雪車が目印で付けていくんでしょうか

それにしてもすごい雪ですな、昨日の20センチなんかメじゃないね

雪の中から掘り起こしたアサツキ んまいべな

それ以上に父ちゃん、とってもいい、お茶目だね

[ 2013/01/16 21:40 ] [ 編集 ]

>あいしゅさんへ
リアクション期待した画像だったけど、仙台に戻ってきたらこのドカ雪。
タイミング悪かったわ^^; でも父ちゃんへの反応は良好(笑)

あ、青線は除雪車が引いてるんだと思いますよ。
で、アサツキでなくて、ヒロコって呼んでえ~ん♪ うふ☆
 
[ 2013/01/16 23:01 ] [ 編集 ]

家族に乾杯!!みたいですね!!
しかも、民宿みたい・・・1泊2食でおいくらですか(笑)
予約がいっぱいでしょうが
[ 2013/01/18 09:55 ] [ 編集 ]

>ひゃくちゃんへ
そうきましたか! 確かに鶴瓶っぽい人も約一名・・(笑)
ええと、1泊2食+飲み放題(時間制限無し)付でご予約承りますよ。
お値段はズバリ!! priceless!!

いつかひゃくちゃんと「知憩軒」に泊まってみたいなあ・・。
[ 2013/01/18 12:40 ] [ 編集 ]

一泊4食
乗った!!
[ 2013/01/18 22:02 ] [ 編集 ]

anego宅訪問ツアー、開催時はお知らせください(^_^)v
時間制限なしの呑んだくれコースは危険そうですけど…。
似たもの親子フォト撮りたいです☆
[ 2013/01/19 14:40 ] [ 編集 ]

 まるで庄内御馳走図譜ではありませんか。
そのまま、郷土料理のテキストになりますね。^^

 親御さんが元気なうちに、一緒に飲み食いの時間を
増やすことが、一番の親孝行ですね。
[ 2013/01/19 22:14 ] [ 編集 ]

>風写さんへ
4食ってのは、当日昼食、夕食、夜食、深夜食、朝食でせうか??
[ 2013/01/20 17:42 ] [ 編集 ]

>zepさんへ
そんなツアーができたら楽しいでしょうねー。
時間制限無しといいつつ、この頃の父は20時には沈没しますので
かわいいもんですよ。写真は撮ってもらいたいなあ~^^
[ 2013/01/20 17:44 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
毎度おなじ家庭料理、ほとんど変わり映えしない絵面ですが
温かいコメントありがとうございます☆
ホント、そうですよね。できるだけ両親と呑み食いしておこうと思います。
今年はちょうど金婚式なので、おもしろ企画を考え中です・・^m^
[ 2013/01/20 17:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/489-f1529ecc




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。