スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大山新酒・酒蔵まつり2013(前半戦)

ミラクルなお天気でした。呑んべの神様に感謝!
・・・と思った、土曜の呑んだくれツアー。

「昔っから新酒まつりの日はヨオ、ナ~ンボ前の日まで荒れでっでも
なしてだが(=なぜだか)パッと晴れるなんよ。ほんっとで不思議だなや~」


昨年、大荒れ予報なのに天候が回復したことを、とある酒蔵の年配の方がこう話していました。
でも今年はさすがに無理でしょう。何度みても天気予報には雪だるまマークの隊列。
雪中行軍を覚悟して、完全防寒装備で大山新酒・酒蔵まつりへと向かいました。

朝っぱらから車中は宴会モード。往路は少し控えていこうね、という通達があったハズですが
おいしそうな酒瓶がまわってくると呑まずにはいられない。悲しき呑兵衛の性(笑)
CIMG9839.jpg

月山ルートは案の定、雪の壁。積雪量はハンパなく多いし、途中に吹雪エリアもあったけど
でもでも、なんとなく空は明るいような? これはもしかして、もしかするかも。。。
CIMG9841_20130212140206.jpg

そして、なんということでしょう!! 現地到着の頃には青空が覗いているではあーりませんか@@
さんざん心配しての重装備が、むしろ熱苦しく感じるほどに天気予報は大ハズレ。ミラクル再びです。
CIMG9842_20130212140208.jpg

時刻は11:30。さあ、「もうけもの」の空の下ハリキッて歩きまっしょい♪
CIMG9885_20130212140214.jpg

私はカクテルパーティーからスタート。昨年からの新企画に初めて潜入します。
500円のチケットで、大山4蔵の“日本酒酒カクテル”が味わえるという趣向。
CIMG9844_20130212140209.jpg

腕を揮うのは、鶴岡市内4店のバーテンダーさんたちです。中川家の弟ではありませんw
CIMG9856_20130212142225.jpg

正直、「日本酒でカクテルなんて…」と、どこか邪道あつかいする気持ちがありました。
ところが、呑んでみたらこれが実に美味しい。予想を裏切られました。
教訓。呑まずギライはやめましょう(笑)
CIMG9847_20130212140212.jpg

どうです。うづぐしいでしょう?
申し合わせたように明確な色違いとなった4蔵のカクテルたち。
cocktail.jpg(photo/zepさん)

白/出羽の雪「白雪」。杏リキュールの甘い香りが女性好み。まるで呑む杏仁豆腐のようにミルキイ。
桃/白梅「泡梅」。クランベリーやアプリコットのサッパリとした柑橘系。クイクイ呑めちゃう。危険。
緑/冨士「ふきのとう」。緑茶とレモンの効果でキリッとした味わい。口当たりが良く色も早春☆
青/大山「晴華」。ブルーキュラソーの爽やかな風味がきいてます。ちょいと度数は高めだったかな?

体育館のような会場内はミラーボールがくるくる。中学校の文化祭のような
どこか懐かしいしつらえと雰囲気が、かえって良い味出してます^^v
CIMG9849.jpg

余談ですが、カクテルパーティーに参加した隊員5人は、偶然にもみんなブロガー。
当然ながら、こういうシーンは増えちゃいますね(笑)
CIMG9857_20130212142228.jpg

さて、カクテルもいただいたし会場を出て本戦へ。酒蔵めぐりの行列に並びましょう。
最初の突撃は県内最古の酒蔵「羽根田酒造(代表銘柄・羽前白梅)」。看板には志ら梅の文字。
CIMG9867.jpg

初参加してくれた、ワンポケのふらんそわ親子と共に12:30入場。
今年も御座敷には蔵を象徴する白梅が活けられていました。一足早い春の演出、いいですねえ。
CIMG9870_20130212142231.jpg

「今年の出来は?」なぁんて蔵人さんたちと会話するのも楽しいものです。
CIMG9872.jpg

好みの味を見つけたらお買い上げ。試飲できるオサケは、各酒蔵数種類ありますから
一つの蔵で確実に1合以上は呑んでることになるかな。
CIMG9873_20130212143207.jpg

ずらりとタンクの並ぶ蔵の中を通り抜け、次なる蔵へと向かいます。
CIMG9876_20130212143209.jpg

12:50。すぐ隣りに位置する「渡會本店(代表銘柄・出羽ノ雪)」に入場。
こちらには酒造資料館も併設されています。
CIMG9877_20130212143211.jpg

試飲で好みだった吟醸生酒槽前酒(1000円)をお買い上げ。さらに、甘酒も。
ここの甘酒、好きなんですよ~。ナニゲに毎年買ってます。
CIMG9882_20130212143214.jpg

これでカクテルと、4蔵のうち2蔵を廻り終えました。
ほとんど時間のロスもなく順調なので、「いろは食堂」で小休止。
CIMG9891_20130212143708.jpg

中華そば(600円)は、庄内ラーメンらしい魚系出汁&ちぢれ麺。
ちょっとチャーシューはショッパかったけど、美味しゅうございました。
CIMG9890.jpg

せっかくなので、大山名物「麦切」も食べたい。ということで数人でシェア。
しっかりとコシのある麺でした。半兵衛よりコッチが好きという人がいたのもナットクです。
つゆはちょい甘。薬味が辛子ではなく山葵だったのが残念。これにビールも呑んでます^^
CIMG9887_20130212143704.jpg

まったり過ごして腹もくちい。ホロ酔いで、お尻に根っこが生えちゃいそうですが
いかんいかん、まだあと半分残ってるのですぞ。さあ、そろそろ店を出ましょう。

(・・・長くなったので、後半へ続く)
[ 2013/02/12 15:01 ] 庄内 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/495-961b75af




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。