スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「よみがえりのレシピ」

映画を見るために県外まで行くなんて、初めてかも。
しかもこんな寒い時期に、私も物好き。付き合ってくれた人も物好き?(ありがとう)
・・・と思った、土曜のお出かけ。

前々回記事でもお知らせした通り、先週土曜は
ドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」を観に山形まで行ってきました。
img_mainIMG.jpg

※はじめに、お詫びです※
「外内島(とのじま)きうり」「宝谷かぶ」「白山だだちゃ」等々
私の知る在来作物が庄内のものだったので、映画も庄内が舞台と思いこんでいましたが
間違いでした。映画では内陸地方の在来作物も登場します(存在を知らなかった…恥)
前記事で庄内の映画ように書いてしまいました。ごめんなさい。訂正します。


在来作物、在来野菜というと、京都あたりを連想する人が多いかもしれませんが
実は、山形にも負けないくらい伝統的な作物が残っています。
いや正しくは、残っているではなく「残している」と言うべきですね。

この映画は、地域の歴史や気候風土と切っても切れない関係にある在来作物を
大切に守り継いできた人たちの物語なのでした。例えば・・・

「なんとしても絶やしてはならない」と、長年種を守ってきた、ばあちゃんの意地。
農業に見切りをつけた親を飛び越え、祖父から栽培を学ぶ孫息子の心意気。
急斜面の畑を這うように収穫した作物を、「宝物だ」と胸を張るお母さん。
林業と密接に関わっていた焼き畑の技と知恵を、若者に伝えるお父さん。
食材の価値を新しい発想で追求する、地元イタリアンシェフの情熱。
家や学校という日常の中で在来作物と共に生きる、子どもらの笑顔。

tane.jpg

ありきたりな言葉だけど、感動しました。
なぜこんなにも、映画に登場する人たちのひと言ひと言、一挙一動が泣けてくるのか。
美しい風景や、効果音ではないリアルな音(子どもの声や収穫時の物音、
漬物を噛んでいるパリパリという音など)もまた、胃袋だけでなく五感を刺激して
なぜだかわからない懐かしさで一杯になるのです。
それくらい、自分にも庄内人・山形県人のDNAが刻まれているってことなのかな?

その土地でしか手に入らない食べ物は、地域の財産であり、誇れる文化だと
映画の中でも、上映後の監督のミニトークでも、強調されていました。
なくしてはならない。なくしたくないものだと。

いつでも、どこでも、何でも、簡単に、しかも安く、手に入る時代だけれど
震災を経た今は、それが簡単に崩れてしまうことを私たちは知っています。
本当の食の豊かさって、なんだろう? 食べること、生きることの本質って?
・・と、あらためて考えさせられた映画でした。

ところで、この作品は一昨年に制作されたものですが
当面は仙台での上映予定が無いから、ということで今回わざわざ山形まで出向いた次第。
ところが、たまたま会場でプロデューサーさん&監督さんとお話する機会に恵まれたので
図々しくも「仙台でも上映してくださいっ」とお話しましたら、なーんとなんと
ちょうど仙台での上映が決まったんですって!! ヤッホー!!
(びーえむあいさんの情報は正しかった♪)

フォーラム仙台にて、4月13日~2週間上映予定とのこと。
私も絶対にもう一度、観に行きます。

「食」に興味のある方だけでなく、興味の無い方にもきっと心に響く映画です。
どうぞみなさま、ぜひぜひお出かけください。オススメ度200%!
見終えた後はお腹が空いて、でも、心はたっぷりと満たされるハズです。

※画像はすべて公式サイトからの無断借用^^; 公式サイトはコチラをクリック!!

※予告編はこちら↓※
[ 2013/02/26 21:03 ] 本・映画・TV | TB(0) | CM(12)

 お疲れ様でした。

 食べ物ネタの作品であれくらい感動的なものは
そうそうないでしょう。作物の世代交代と栽培の
伝承を結び付けているコンセプトが一貫していて
芯があります。
 音も良かったなぁ。木琴のようなコロコロとした
木霊のような音が耳に残っています。
[ 2013/02/27 07:19 ] [ 編集 ]

ドラえもんサエモンさんへ
飲み物、食べ物、流血その他もろもろ、楽しい一日を演出していただき
ありがとうございました!

お誘いして良かった、と私自身も満足。期待していた以上の映画だったと思います。
「音」は本当に効果的に使われていましたね。
サエモンさんも仰ってたけど、里芋をポキポキ折る音はとても印象的でした。
[ 2013/02/27 19:20 ] [ 編集 ]

仙台での上映決定とのこと、うれしいです~!

辰巳さんのドキュメンタリー「天のしずく」もそうでした。
仰るように、食べること、生きること・・・あらためて考えさせられました。
田畑を渡る風、スープが静かに煮える音、子どもたちの笑顔・・・などなど
やはり、どうしてか泣けました。

必ず観に行きます!お腹がぐぅ~って鳴らないようにお腹いっぱいにして(笑)
「幸せのパン」を観に行った時はお腹が鳴りどおしで、もう恥ずかしくって。
情報ありがとうございま~す♪
[ 2013/02/28 09:55 ] [ 編集 ]

>みっちょんさんへ
根底にあるものは、天のしずくと同じです。作り、育て、食べて、生きる。
この映画の場合は、そこに生産者側の視点がふんだんに盛り込まれていて
種から育った作物が人の胃袋に収まるまでの「流れ」を感じられました。

ハンバーグを作ろう! とメニューを決めて食材を集めるのではなく
その日その時期に手に入るものを、さあてどう料理しましょう、と考えたくなる映画。

幸せのパン、見ていませんがDVDになってるんですねー。TSUTAYAいかなくちゃ。
[ 2013/02/28 11:21 ] [ 編集 ]

コトルでも宣伝しますね〜!!

本当に仙台での上映、嬉しいです!

楽しみですね〜!!
[ 2013/03/01 12:13 ] [ 編集 ]

>ひゃくちゃんへ
どうもどうも。ポスターでも手に入らないかと思ってました・・^^
お客さんにも、作り手さんにも是非みて欲しいですぅ♪ ありがとう!
[ 2013/03/01 12:37 ] [ 編集 ]

anegoと愉快な仲間たちツアー、参加できてよかったです。
守り、育て、残す。残すからこそ「世代を超えた食の共有」ができる。
ホントにそうだよなぁ。感動しました。

なぜこんなに心を揺さぶられたのか、ずっと考えています。
答えを出すためというよりは、出演者の笑顔と漬物をバリバリ噛む音に会いたくて、もう一度映画館に足を運ぼうと思っています。
素晴らしい映画を教えてくれて、ありがとう。
[ 2013/03/01 18:58 ] [ 編集 ]

>ユケチュウさんへ
主催者が思っていたよりもずっと内容の濃いツアーになったのは
愉快な仲間たちのおかげです!(笑) こちらこそ、ありがとうね。
往路も復路も呑みながらのお出かけ、クセになりそうで怖い・・ww

この映画って、おそらく立場によっても見方がかわるんじゃないかな。
農家の方、料理人、子どもを持つ親、食いしん坊、故郷を離れているジモティ・・。
私も、きっともう一度、見にいってしまうでしょう。
そしたらまた前回とは違った感動が味わえそうな気がしています。
[ 2013/03/01 21:58 ] [ 編集 ]

この映画

よみがえりのレシピのチラシが、町の広報に添付されてきました。

ボンディファームの弟子のN君が在来作物を作っているようなので、

早速電話して、見るように勧めましたよ!

それと、奥田シェフと監督のトークとディナーは、ボンディキッチンの

Mシェフに行ったみたらなんて勧めてみました。

村田でもこんな活動が起こってくれば、いいなと思います!!
[ 2013/03/04 12:28 ] [ 編集 ]

>やんべ蔵人さんへ
町の広報に? 素晴らしいわ、村田町~(拍手)
仙台上映のプレイベント情報も、既にゲットしていたとは、さすがですー^^
奥田シェフと、レオパレスの北村シェフの競演らしいですよ。
お二方とも地域食材に対して熱い人ですから、さぞや食事会も・・じゅるる(涎)

村田の在来作物には、例えばどんなものがあるんでしょう?
準・ジモティなのに知らないことばかりです。今度教えてください! 
[ 2013/03/04 12:34 ] [ 編集 ]

野菜のことはわからないので、N君・・・中山君のブログ見てください。

http://foo-10.com/

[ 2013/03/05 08:46 ] [ 編集 ]

>やんべ蔵人さんへ
自然農場「風天」さん! ご紹介ありがとうございます!!
農場のネーミングにもセンスを感じますし
さきほどHPを見て、まさに宮城版の「よみがえりのレシピ」ではないか!と実感。

ブルームレス種の四葉きゅうりなども、興味ありますーー。
村田の道の駅にも出品予定と書いてあったので、見つけたら買って食べてみます。
[ 2013/03/05 15:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/499-686792a7




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。