スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

個人史の制作

思い出の残しかたは人それぞれだけど、
私だったらどうするかなあ
・・と思う今日この頃。

とある出会いがキッカケで、
今、「個人史制作」の仕事をしています。
これが結構、難儀してまして。

気を付けていたつもりでも、
知らず知らず専門用語(台割とか、トンボとか)を使っちゃうし、
予算やスケジュールのことばかりが気になるワタシ・・。
これも職業病?

依頼主さんにしてみれば、そんなコトはどーでも良くって
たとえば納期すら、あって無いようなものなんですよね。
じっくり、のんびり、納得できる冊子を作りたいのです。
当たり前のことなのに、気づくまで時間がかかっちゃった。

そんなこんなで、初回打合せから早や1年が経過。
来春くらいには出来上がるかな?
いろんな出来事や、思い出や、その人自身の大切な想いを
ちゃーんと汲み取ってあげたい。
そして、何かプラスαを加えてステキな冊子を作らなくちゃ。

CIMG0017_convert_20091113174053[1]


コレは、依頼主さんのお母さんが愛用していた足踏みミシン。
持ち主がいなくなった今も、縁側で誰かを待っているみたいです。
今どきのミシンより、色もカタチも味があってイイ感じ。
高校時代は使ってたけど、今のワタシにゃ使えませんわ・・・。







[ 2009/11/13 13:30 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/5-fe6b92cc




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。