スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女三人、欲張りかしまし小旅行

帰仙中の夫に留守番してもらって、久しぶりにかつての同僚との女三人旅。
内容充実の一泊二日だったなあ。
・・・と反芻して味わっている、今日この頃。

旅行するなら夫と行くのが一番気楽。
でも、こと温泉旅行に限っては、女友達と出かけるのが好きです。
男湯女湯にわかれちゃうと、ダラダラしゃべくりながら湯船に浸かるという訳にもいかないし
湯上がりの過ごし方も、男と女とでは少々勝手が違ったりしますからね。

ってな訳で、以前からよく一緒に出かけていた三人組。住まいは神奈川、埼玉と
それぞれ離れていますが、今回めでたく震災後お初の温泉旅と相成りました。
今回の目的地は鳴子温泉。多種多様な泉質が楽しめる温泉郷で、湯めぐりを楽もうという訳です。
でもね~、まさかこんな「クソ」暑い週末に湯めぐりすることになろうとは・・ま、いっか!

土曜の昼前、新幹線でやってきた二人を仙台駅でピックアップ。まずはお昼です。
岩出山のもみじ野や愉多工房か、はたまた足を伸ばして花山の坊の蔵もいいかしら・・と
お蕎麦やさん中心にあれこれ迷ったけれど、ハラヘッタ×ハラヘッタという五月蠅い声に配慮して
郊外といっても近場、大和町の「晴れたらいいね」さんにお邪魔しました。

本業は農家の「晴れたらいいね」さん。自宅を開放してお手製の蕎麦を提供してくれます。
ここに来ると私はいつもこれ。蕎麦セット(1200円)。
自家製粉しているメインの二八そば、ツヤピカで美しいですー♪
DSC_0066.jpg

自家製のお新香、新鮮野菜の天ぷら、おかめ(揚げそばがき)までついてこのお値段とは
頭が下がります。特に面白いのは天ぷらの具材。毎回「えっ?」と思わせてくれるのが楽しみ。
この日はシロツメクサ、ドクダミの花が登場@@ いや~、期待通り(以上?)にやってくれるわあ~。

そしてデザート。そば湯に梅漬けの汁を混ぜた寒天と、下はササゲか小豆に見えますが大豆とのこと。
楊枝代わりに「松葉」を使い、ツコツコ刺して召し上がれといわれたけど
これ、なかなか上手に刺せなくて、ある種ボケ防止的な作業になったとさ~~(笑)
DSC_0067.jpg

都会ではまず味わえないであろう個性あふれる蕎麦屋さんです。
女将さんの強烈&ユニークなキャラも相俟って、友達二人も大喜びでした。
まんず、いがったいがった^^v さ、鳴子に向かいましょ。

途中、あ・ら・伊達な道の駅に立ち寄り、モッサモサの緑濃い鳴子温泉へ到着。
鳴子峡もこの時期はほとんど人がいませんねー。ちょと寂しい気も。
DSC_0072-2.jpg

すぐに宿へは入らず、最初に向かったのは中山平温泉「しんとろの湯」です。
ヌルヌル系のお湯に入りたいというリクエストだったので、それならココだべと。
DSC_0070.jpg

まるで石けん水かというほど、ぬめりの強いアルカリ性の泉質。
こういった温泉は二人とも初体験だったみたいで、「持って帰りた~い」と叫んでましたね。
化粧水みたいなヌルヌルのお湯は私も大好き。湯温が高かったので湯上がりには汗だくになったけど
全開の毛穴で感じる熱風もオツなもの。それも思い出ってことでヨシとしましょw

夕方、今夜のお宿「大正館」にチェックイン。鳴子温泉駅からほど近い、全15室ほどの旅館です。
お風呂は二ヶ所、露天も小さくこぢんまりとしてますが循環無しのかけ流し。
含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉とのことでしたが、さほど硫黄臭もなくすべすべした湯でした。
DSC_0073.jpg

そしてお楽しみの夕食タイム。大正館は料理自慢の宿なのであります。
アロエを使ったサラダ、クリチ入りの麩まんじゅう、横綱白鳳の宮城野部屋直伝ちゃんこ等々を堪能。
酒は鳴子のお米と水で仕込んだ雪渡り友酔(ゆうすい)@新澤酒造。
こりゃ友と呑む今宵に、うってつけのネーミングですな。
DSC_0074.jpg

血の巡りが良くなったせいか、ビール2本と冷酒2本でもう十分。
夕食後は、宿のすぐ裏手にある公衆浴場・早稲田桟敷湯へ行くことにしました。
言わずと知れた早稲田大学の学生さんが掘り当てた温泉。以前は木造だったのですが、
今はモダンなイエローの建物に様変わりして温泉街でもひときわ目立つ存在になってます。
waseda2.jpg

泉質は、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉、低張性中性高温泉。
すべり台のように流れ込む源泉はそれぞれ温度が違うんですね。
私は脇の簀の子の上にドテーーーッと這いつくばって、桶でお湯をザバザバ腹の上へ。キモチヨカーーー!
waseda.jpg
(写真2点某サイトより借用)

明けて日曜日も、朝から暑~い! こんな日に温泉ですか? ええ、温泉ですよ(笑)
「湯めぐり」が目的の私たちは、元気に朝風呂へGO!!
下駄をカラコロ鳴らしながら、タオル片手に歩く温泉街ってのは風情があっていいもんです。
DSC_0075.jpg

朝7時半からやってる公衆浴場「滝の湯」は、温泉神社のすぐ足元。
周囲には硫黄の香りが漂います。これまで入った温泉とは違って、ここのお湯は白濁。
使い込まれた木造りの建物も風情たっぷりでした。これで4ヶ所、制覇したぞよ^^v
DSC_0076.jpg

ひとっ風呂浴びたあとの朝食は、やたら美味しく感じるもの。銀タラ焼き、揚げ出し豆腐、
どれもキチンとおいしかった。滅多にしない「お代わり」しちゃいましたよ。
DSC_0077.jpg

チェックアウト後は、温泉街を散策しながら地酒を買ったり、名物栗まんじゅうを食べたり。
お風呂・お風呂・食事・お風呂・食事・おやつ・・・か? まったりのんびり^^

さて、この日は被災した沿岸部、南三陸町方面に車を走らせることに。
途中、伊豆沼・長沼エリアをチラ見し、登米の明治村にも立ち寄り観光。
DSC_0087.jpg

教育資料館になっている、旧尋常小学校や
DSC_0079.jpg

武家屋敷跡の、春蘭亭など・・
DSC_0086.jpg

登米には絵になるスポットがたくさんあって、つい撮影タイムが増えますね(笑)

そして、やや北上してから本吉街道398号線を通って志津川へ。
悲しいほど有名になってしまった志津川の防災庁舎は、今も訪れる人が絶えません。
fbに書かれていた友人の感想には「南三陸は荒れた建築前の造成地の様で、
震災前はたくさんの住宅があったとは思えない状況でした」と書かれていました・・。
sizugawa.jpg
(photo・S)

遅い昼食を、南三陸さんさん商店街でいただくことにしました。
写真には映ってませんが、かなりの人出で賑わっていたことに少し安心・・。
お店はどこも混雑していたけど、ここまで来たなら食べるのは当然
「南三陸キラキラうに丼」(8月末まで)でしょう。贅沢しちゃうぞー!
DSC_0090.jpg

ハイ、どん!! 志津川のタコが盛り込まれた、豊楽食堂さんのキラキラウニ丼。
うに、てんこ盛りですよ~きゃ~~♪ たまらんち!
DSC_0089.jpg

こちらは海鮮丼。ちなみにカマボコの左、白い物体は何だろう?と思ったら
タコの頭の中身(サエモンさん、この部分はなんて呼べばいいの?)でした。
ふわりと柔らかくて旨みたっぷりの珍味。これは酒が呑みたくなる味です。うま~♪♪
DSC_0088.jpg

少しでも復興応援にお金を落としてって~と言ったら、二人とも色々買い物してってくれました。
地酒、地ビール、魚ナドナド。ありがとう。
私もヤマウチさんでお気に入りの焼き魚セットなどをゲット。
yamauti.jpg

そして海岸線を南下。神割崎にて。
DSC_0094.jpg

震災後どうなっているだろうと気になっていた場所です。地盤沈下している旨の注意書きがあったものの、透明感のある海の碧さは素晴らしく、以前と変わらない見事な風景を見せてくれました。
DSC_0095.jpg

石巻に入り、道の駅「上品の郷」でトイレ休憩。のつもりが、
買い物好きのNはまたまた土産を買い込み、温泉好きのSはまたまた温泉に入るって。
二人とも、どんだけーー@@
そして、ラストのラストは仙台駅で、新幹線の時刻20:30ギリギリまで牛タンとビールで乾杯。
完全無欠の一泊二日、これにて終了です。我ながら、カンペキなコースじゃね?


遠路はるばるやって来て、たくさん見て・食べて・買い物してってくれたSとNに感謝。
また遊びに来てちょうだいね。
そしていつか活気が戻った被災地を訪れ、一緒に呑んで食って遊びましょう。



[ 2013/07/09 15:45 ] おでかけの話 | TB(0) | CM(8)

盛りだくさん

☆anegoさんへ
しかし、よく食べよく飲み、長距離移動しましたね!
充実したってもんじゃないですね・・・全てが満腹状態でしょ(笑)
女3人寄れば、こんなにエネルギッシュになれるんだと解りました・・・
私はものぐさだから1か所にマッタリで終わってしまうんだけど。
たいしたもんだ。
[ 2013/07/09 23:05 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
蔵王ミーティング欠席してスミマセン。今回は滅多に会えない人と会う方を優先させてもらいました。
終電でOK、今日中に帰れればいいからと、週末を目一杯遊ぶ友人らのパワーは凄かったです^^;

ものぐさだから1ヶ所でまったり・・・だなんて、そりゃ違うでしょう(笑)
☆さんはいつでもアクティブにバビューン! はい次、ほい次というイメージですよww
[ 2013/07/09 23:23 ] [ 編集 ]

 すっげぇパワフルなツアーですなぁ~。このまま、宮城観光パンフに使えそうです。
私の好きな所ばかり狙われた感じですが、みんなの好きなところがお同じということ
なんでしょう。^^

 晴れたらいいねさんのような格式張らないで、本格的な江戸前そばを食べさせる店
が増えています。中新田や三本木などの近場にもありますので、食べたくなったら速攻
で行けます。

 今度、さんさん商店街に行ったら、志津川人ぞっこんの京極の蕎麦食べてみて。
こんな蕎麦もあるんだと考え込みます。^^

[ 2013/07/11 07:25 ] [ 編集 ]

旧友との三人旅ええもんですねー

ふと自分に置き換えて想像しましたが…

親父三人旅というのはなんだかな〜

(≧∇≦)
[ 2013/07/11 17:27 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
何を隠そう(隠してないけど)晴れたらいいねを知ったのは師匠blogなのです。
キラキラ丼は言うまでもなく。だから、好みが同じなのはトーゼンなんですよ(笑)
遠来の客には、やはりキラキラ丼を食べさせたかったので
京極も気になりつつ見送りましたが、次回は不思議体験(?)にトライしてみます!

長町の母里さんの新たなる舞台も間もなく幕開けしますし
宮城県内にも魅力的なお蕎麦やさんが増えてきましたね。
メンクイ人にとっては、どこに行こうかと嬉しい悩みも増えそうです^^
[ 2013/07/11 19:04 ] [ 編集 ]

>びーえむあいさんへ
あらん♪ いいんでないすか~? オヤジ三人旅もwww
一人旅もグループ旅行も、それぞれに楽しさはあるけれど
三人っていう人数は、移動や食事などいろんな場面に「ちょうどいい」って感じなんですよね。
[ 2013/07/11 19:10 ] [ 編集 ]

パワフルでんな

湯けむり熟女3人ツアー
[ 2013/07/12 12:36 ] [ 編集 ]

>あいしゅさんへ
パワフルというか、ババフル?(笑)
[ 2013/07/12 13:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/528-adfc186e




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。