スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舞台「イシノマキにいた時間」を観た

3年が経った日。仙台は晴れているのに風が冷たく
小雪のちらつく寒い一日になりました。
あの日も雪が降った。寒かった。暗かった。不安だった。。。
そんなことをあらためて思い起こした人も多かったのではないでしょうか。
もう3年なのか、まだ3年なのか。
・・・と思う、3.11。

いろんな方のblogやFaceBookなどの書き込みを読んでは「その通りだ!」と共感し、
また別の記事を読んでは「私の考えとは違う!!」と思ったり。
何かを記しておきたいと思いながら、その文面を自ら読み返し、どこかそらぞらしく思えて
書いては直し、書いては消してを繰り返しているうちに
結局なにも書き上げることができず、今日になってしまいました。我ながら情けない・・。

3月11日が特別な日であること、特別な日になってしまったことは事実です。
節目だからこその日だと思う気持ちもあるけれど
被災したある方が、この日のTVや新聞をみるのが辛いと話していた、その気持ちもわかる気がする。
そんなあれこれを考えると、ありきたりな言葉を連ねることができなくなってしまいました。
ヘタレです。自分。

当日は、急遽「イシノマキにいた時間」の昼公演を鑑賞することに。
演者は3人だけで舞台セットは極めてチープ(失礼)なものだったけれど、その内容は秀逸でした。
DSC_1262.jpg あれー、何回やってもまた横になるのはなぜ?><

登場する3人とは、①石巻で活動する小さなボランティア団体のリーダーと ②継続して活動するその片腕
③都会からリピート参加のボラ=“カムバック組”と呼ばれるひとりのデブ。3人ともオッサン(失礼2)。

震災がテーマだからシリアスな舞台と思いきや、お笑い的セリフ回しやアヤシイ動きがこれでもか!と盛り込まれ
小ネタにクスリとさせられたりドカンと笑わせられたり。
ボランティアの悩みや葛藤、被災した人たちに対する思いと関わり方のジレンマなども
リアルに描かれていたので、多少なりともボラ活動に関わったことのある人なら
「あるある!」と共感する部分も多かったのでは?

個人的には、被災地の現実を知らない人にありがちな発言、態度、誤解、関心の薄さに対して
ボラその②が激しく怒っているシーンが印象に残りました。心からの叫び、訴えという感じで。
ニュースやドキュメンタリー等では、どうしてもその人の遠慮や躊躇が入って本意がぼやけがちだけど、
思いっきりストレートに気持ちをぶつけて表現できるのは、舞台という手法だからこそですね。

笑いすぎて鼻水が垂れた~と思ったら、流れてくる元は目尻だったことに自分でもビックリ。
喜怒哀楽+α、普段は隠れているいろんな感情を掘り起こされた気がします。
被災地の「今」を感じたくても、なかなか感じることができないという人は多いはず(私も含め)。

ストーリーは2011年11月頃の設定になっていますが、その時点での「今」を知ることもまた
3年という月日が経過した被災地の「今」を知るひとつの手だてではあります。
もともとは短期上演の予定だったにもかかわらず、今なお全国行脚(っていう?)を継続しているのは
それが私たちのハートに響いているという何よりの証拠でしょう。
この舞台が発信しようとしている真実、現実を広く知って欲しい。機会があれば観ていただきたいと思いマス。
(※ninoさん、チケットありがとうございました☆ )


その帰路、キャンドルナイト@勾当台公園に遭遇。
地面に大きな「しあわせ」の文字を浮かび上がらせているのは、一人ひとりの「しあわせ」が描かれた紙コップ。
いっちょ私も書くか! とブースに入ったら、とっくに締め切られてたのは残念~(;;)
DSC_1264.jpg

各地で追悼行事や復興イベントが開催されていたこの日。
祈りは天まで届いたでしょうか。
誰もが「しあわせ」と思う日が、少しでも早く戻ってきますように。
[ 2014/03/13 00:46 ] 東日本大震災 | TB(0) | CM(9)

見に行かれたんですかー。
私は行けませんでしたが、妻と娘が見て来ました。
石巻での公演も見ていて、『良かったよー』と言ってました。
[ 2014/03/13 05:57 ] [ 編集 ]

自分もヘタレです

3.11前から各局の特集番組を観ました
次の日3.12は追悼式が報道されただけでした


花見で飲むべしね
船岡にも来てけさい
[ 2014/03/13 08:53 ] [ 編集 ]

>まんぼうさんへ
予定していた訳ではなかったのですが、お声がけいただいたので
仕事ほったらかして観に行ってきました^^;
観客の中には、リピーターも多数。ちょっと驚きましたが
確かに、チャンスがあれば私ももう一度、誰かを連れていきたいです。
[ 2014/03/13 19:53 ] [ 編集 ]

>あいしゅさんへ
3.10は東京大空襲、3.12は長野県北部地震の報道がありましたね。
3.11を忘れてはならないといいながら、それ以外にも心に刻んでおくべき出来事はたくさん。
阪神淡路大震災、宮城岩手内陸地震、台風や豪雨の被害・・。
どれだけ覚えているかと問われたら、正直、私はキチンと答えられるか疑問です。

お花見、楽しみですね。今年こそ、愛酒る会のイベントにも行きたいなあ^^
[ 2014/03/13 20:03 ] [ 編集 ]

 震災も人災も天災もすべてを覚えて生活するなんて無理ですよね。身内をなくした方々は命日にもなるのですから特別ですけど、我々はそれらをくるめて直近の大災害を防災の日とし、年に一度は身の回りの備蓄の点検をしましょうというところではないでしょうか。

 ところで、anegoさんはスマホで記事をアップしているのですか? 私はまだまだ慣れず、スマホではPCアップした記事のテキスト校正ぐらいしか出来ませし、HTMLで画像までいじるレベルにはありません。それとも、どこかに画像エディター機能があるのかなぁ。。。

 
[ 2014/03/15 08:45 ] [ 編集 ]

サエモンさんへ

サエモンさんへ
FC2アプリを使うのです。
http://apps.fc2.com/?lang=JP
私は一番下のアヒルのアプリを使っています。
[ 2014/03/15 09:47 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
私は身内の命日ですら既にアヤシくて、センター試験のニュースをみて
あぁ祖父は私の共通一次(懐?)前日に亡くなったのだと思い出すくらい。
あの世から「薄情者!」と叱られそうです・・^^;
正確な日にちを覚える必要はないでしょうけれど、当時を思い出したりその人を偲んだりする
節目のようなものが「その日」なのでしょうね。

さて、スマホ。FC2のアプリは使ってらっしゃいますか?
「記事を作成する」の中の画像選択画面に、リサイズやスタンプ(ボカシに使う)の機能がありますよ。
私は基本的にblogはPCで、スマホではテキスト修正やコメント管理のレベルにしか使いません。
ボリュームのある内容をスマホで作成・UPするには、チマチマ作業すぎて指も目も疲れるし(笑)
逆にFaceBook投稿は、スマホの方がラクチン。



[ 2014/03/15 09:51 ] [ 編集 ]

>風写さんへ
ということで、私も使ってます^^
[ 2014/03/15 09:52 ] [ 編集 ]

 >ありがとうございました。
 とりあえず、インストールしました。
これから練習してみますが、出張にもノートPCを持参し、スマホから
てザリングするつもりなので、稼働率はそんなに高くはないかも。
[ 2014/03/15 12:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/576-0f2b8940




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。