スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鬼嫁のつぶやき・母の日Special

20年前のGW、結婚が決まった両家が初めて顔を合わせた日の晩、母に言われました。
「これからあなたの親は4人なんだよ。そのことはしっかり、肝に銘じなさい」
歳を重ねるほどに、その言葉の真の意味を感じ始めています。
・・・と思った、母の日。

気持ちの良い五月晴れに恵まれた週末、なんぼなんでも母の日くらいは顔だしてあげようよ!と
足の腫れが若干残って出不精な夫を、半ば強引に連れ出しシュートメのとこに行ってきました。
ピョコタンピョコタンと不自然な歩行のオッサンが、花かごを抱える図はなかなか可愛かったですw


以前プレゼントした財布が大分くたびれていたので、贈り物は新しいおサイフをチョイス。
パッチワークの柄はカーネーション 赤色が好きなトメ、大げさなほど喜んでくれました。


でも、トメにとって一番嬉しいのは、久しぶりに会った息子(=痛風夫)との会話。
ヨメトメは時々会ってるし、電話も息子をすっとばして私にかかってくる程なので、私はあまり口を挟まず
ふたりの様子を眺めてたのですが、まぁ会話といっても、一方的にトメがしゃべってましたね(笑)


モノより思い出ってことで、一緒にタケノコ掘りもいたしました。
裏の竹林とその周辺の土手、草っぱらに勝手にボコボコ出てくるのです。


以前は毎年のように掘って食べてたんですが、震災以降は原発の影響を不安視して
一切採ろうとしなかったトメ。そろそろいーべと思ったのかなあ?  


しかし、休日の平和はココまで。その後に夫とトメの超特大バトルが勃発してしまったのです。
ヨメトメのケンカは日常茶飯事ですが、親子バトルは相当珍しいこと。
よりによって母の日に、なんでケンカ(と、毎度ケンカしてる私がいうのもアレですが^^;)

事の発端は、些細なこと。裏の物置小屋に入ろうとしたらカギが見当たらず
トメがどこかに置き忘れたらしい。
どうにかしてカギの在処をつきとめるべくあれこれ質問する夫と、答えではない回答連発のトメ、
気づいたらオオゴトになっちゃったのです。
親子のやりとりがあまりにも噛み合わなくて片腹痛し(笑)
以下、タンスの引き出しやカバンの中身を、部屋中におっぴろげた状態からの会話です。

夫 「んだがらさー、普段はどこに置いてるのよ、カギは?(怒り度30%)」
トメ「なんでだや・・無くなるわげ、ねえどー」 
夫 「置き場所! いつもカギはドコに仕舞ってんのか、って聞いてんだけど!」
トメ「どーさいったんだやー。捨てる訳ねえしなあ・・」
夫 「(置き場所は諦めて)じゃあさ、最後に使ったのはいつよ? 物置、昨日は行った?」
トメ「なんでだや。こごさも無ぇし、こごも違うしなー」
夫 「あのさ! 昨日!! 物置!!! 行ったの、って聞いてんだけど!!!!(怒り度60%)」
トメ「あーん?」
夫 「答えろよ!! それも忘れたのかよ!!(怒り度90%)」
トメ「そーんな大声だされても、出てきませんよー」
夫 「・・・わかった、もういい。スペアキーとか無いの?(声は小さくなったが怒り度120%)」
トメ「スペアがあったら苦労しねーべ。ちゃんとしたのに交換すっがなと思ってたんだけどよー
   まんず一人暮らしはイロイロ大変なんですー。買いさ行ってくれる人もいねーしー」

夫 「(ここでプッツン怒り度200%、声量Max) わかったよ! オレが買いに行けばいいんダロ!」

と、頭から湯気を立てて玄関を飛び出していった夫でありました。
ちなみにその直後のトメのつぶやきは 「ビックリしたー。殺されるかど思ったワ」 なんで殺しになるんじゃ!

・・まあね、トメはトメでテンパってたんでしょうけど、質問に応えず現在の心境を語るあたりは
女性ならではの脳みそって感じがします。私も割と、論理的ではなく感情的になるタイプなのでね^^;
ただ、それを差し引いてもさすがトメ。自分の言いたいことは言うけれど、人の話は聞かないし、
聞いてないのに「聞いてまーす」みたいな顔をするのがニクタラシイ

付け替えは、無事終了。スペアには、私が荷札のようなカードを付けてあげました。
「物置スペア」とでっかく書いて保管したけど・・・大丈夫かなあ。


そして本日、週明け月曜日。朝っぱらから私のスマホにトメから着信。
嫌な予感は的中しました。「物置のカギ、どごさ仕舞ったんだっけ??」ときたもんだ。
冗談かとおもったけど冗談ではありません。
本体が行方不明なら、とりあえずスペアを使って~と伝えたら「スペアもない」という。んな馬鹿な!

電話で捜索をサポートするのは、すごく大変です。
現地の様子が見えないからではありません。「会話が噛み合わないから」であります。
あそこにスペアを置いてきたはず、私が書いた札がついてるはず、
そんな「***のはず」が全部ハズレだなんてこと、あるでしょうか? 

超・長電話に疲れ果て、めんどくさいから、これから行く! と電話を切った私。
支度を済ませ、駐車場からクルマを出そうとしたまさにその時、「あったわ~~~」 と連絡が。
無事見つかったてホッとしましたが、どこにあったか聞いてびっくり。
カギ本体もスペアも、冷蔵庫にあったというのです。
なにか持っていたものと一緒にウッカリ、なのかもしれないけど
何故に私たちが引き出しに保管してきた「はず」のスペアまで、冷蔵庫に??? 謎すぎるぞ、トメ!

あまり考えたくはないけれど、そろそろ認知症も心配になってきました。
年齢的にはまだ若いし、持病のある人の方が医療機関でチェックもしているし、と思っていたけれど
楽観視することもできない年齢&生活環境であることも事実。
今までよりも、頻繁に会いに行かなければ・・とつくづく感じた母の日です。

<おまけ>
一方のanego母。お気楽というか脳天気というか
ご所望の「ちょっとお出かけするときのブラウス」を送ったのですが、
その届いたよ♪メールに添付されてた画像のポーズが・・www


おちゃめな72歳。



[ 2014/05/12 14:04 ] ヨメの戯言 | TB(0) | CM(7)

笑っちゃイケナイんでしょうが(^-^;

思わずお母様と旦那様の会話姿を想像したらニヤニヤが止まりませんでした( 〃▽〃)
大変失礼になるかもしれませんが、認知病や、若年性アルツもアチラコチラで耳にする今日この頃です。
身内だとまさか?が先にたち なかなか診察に連れて行くのが遅れると言う話もよく聞きます。
思い当たるトコロがあれば……
なかなか病院へ連れて行く話の切り出しも難しい事の様ですがね…。

それにしても、アネゴ姐さんのお母様はスタイルといい、やることといい、アネゴさんソックリですね♪(#^.^#)
Niceバディはお母様譲りだと今日しりました(*^O^*)
[ 2014/05/12 16:52 ] [ 編集 ]

>なおちゃんへ
夫とトメが、あそこまで大喧嘩するとは(できるとは)思ってませんでした。
意固地になって自分の非を認めないトメと、キレると性格豹変の夫、
歴史に残るいい勝負みせてもらいました(笑)

とはいえ、笑ってばかりもいられない感じです~。今後に要注意といきたいところだけど
「脳トレ」「体によい食べ物」「外の世界で刺激を」等々は一切拒否!なトメさんなので
医療機関受診どころか、日常の呆け防止にも意欲的になるとは到底思えず。苦労しそうです・・。

小さい頃から母ソックリといわれ、白髪の出方までまったく同じなんです。
ワタシも22年後はあーなるんだと覚悟してます。
ちなみに母のバディは、ヒラヒラのヒラメです。なおちゃんが羨ましいよ♪
[ 2014/05/12 19:36 ] [ 編集 ]

anegoさん、こんばんは

今回も大変楽しく読ませていただきました(笑)
いや~、今回のターゲットは息子(ご主人)さんだったのですね。

わかります。とっても分かるわ~ご主人の気持ち!
トメさんは認知症ではありませんよ。
これ無意識の確信犯! 自分で答えているか分からずにまともに答えている気でいる。
だから最後にこちらがキレて「もういい!」と答えると
そのキレた態度にはまともに答えてくるのでなおのことこちらはキレてしまうのです。

我が家もこんな時の会話といってもチセが一方的に話してきますし
その話が2回目に入った辺りから「そんで、結論は?」と私が言うと
いつも通り、「そんな事言ったって、どうした・こうした」と全く支離滅裂な
返事を返してくるもんだから・・・当然キレてしまいますよね~

まっ、息子ってこんなもんですから、anegoさんがうまくクッションになってあげて下さい。
我が家もクッション役がいなかったら恐ろしい事になってるか(笑)。

それにしてもなんぼ頭にきたからって母親に手はあげませんよ~
トメさん考え過ぎ(笑)

とにかくご主人に気持ちは痛いほど分かります。
くれぐれもよろしくお伝えください。
[ 2014/05/12 22:20 ] [ 編集 ]

>montaさんへ
毎度ありがとうございます♪ 無意識の確信犯、ナルホド納得!
口げんかの最中は、聞きたいこと・聞きたくないことを、自動的に判別してたんですね。
意外とトメ、型は古いけど高性能?(笑)
でも、物忘れは急に増えたし、自分は悪くないという態度も多くなってきたのは
どうしても認知症を心配してしまいます・・・。

ま、今回はふだんあまり見られない光景だったので、面白半分で試合観戦してたんですが
夫もこうしてヨメトメバトルを見ていたのかな、と思ったり。
バトル当事者も刺激的だけど、傍観者になってみるのも悪くないですね。

そういえば、あとで「よくあんな男と一緒に暮らしてるな。オラはやんだ」って言われて、
あんな男がアンタの息子なんだよ!と突っ込んだことを書き忘れました(笑)
クッションほど私はハイカラじゃないけど、座布団くらいの役目はできたかもしれません。


[ 2014/05/13 00:57 ] [ 編集 ]

座布団2枚!

☆anegoさんへ
あまりにも面白過ぎて2度読みしてしまいました(笑)
「よくあんな男と・・・・」これは最高ですね!
私の場合、父親が亡くなりお袋が完全に重度の認知症後に同居したので、このようなバトルも嫁姑の争いもなかったのですが、それはそれで家の誰かさんの負担は相当なものでした・・・それ以来私は誰かさんに頭が上がらない状態です(笑)
良くつくしてくれました・・・
私もお袋が元気だったらきっと、気の強いお袋だったので同じように喧嘩ばかりしていたでしょう・・それが出来なかったのはちょっと寂しいですね。
どうも私は気が強い女性にもてるタイプなのかも(爆)
[ 2014/05/13 08:05 ] [ 編集 ]

>LYNX☆さんへ
クッションではなく座布団2枚ですか。どうもです。
ちなみに、2度読みの方には特典が・・・・・ございません(笑)
生み育ててくれた親を、子がサポートするのは当たりまえのこととはいえ
現実を見聞きすると、私はまだまだその大変さをわかってないよなあ~と自覚します。
今度、奥方様にもいろいろアドバイスもらわなくちゃ。

> どうも私は気が強い女性にもてるタイプなのかも(爆)
それは違いますね。☆さん「が」気の強い女性を好きなのでしょう~?(*^-゚)⌒☆
[ 2014/05/13 09:21 ] [ 編集 ]

(-_-;)

☆anegoさんへ
えっ、それは大きな誤解ですよ(笑)
でも、確かにぶりっこ娘には興味が無いかも・・・・
[ 2014/05/14 07:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/589-735431a0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。