スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消費増税から2ヶ月

NOと言える日本人です。アタシ。
・・・と思う、今日この頃。

あっという間に5月も終わり。暦も陽射しも、そして気温も、すっかり夏に突入ですね。
日々色濃くなってゆく街の樹木が、キラキラと目にまぶしいです。
庄内弁では、かがぼしい。夫の言い方だと、まつぽい。


この季節ならではの爽やかさと裏腹に、このところ公私ともにメンタルは弱っておりました。
精神状態を反映してか、夢見がヒジョーに悪い。わけもわからず目的地もなく走り続ける夢とか、
戸締まりをキチンとしたのに変質者に侵入される夢とか・・寝てても疲れる。

公私ともにの「私」は、言うまでもなくトメのことなので、それは追い追い毒を吐き出すことにして・・(笑)
とりあえず「公」の出来事を少々書いておくことにします。
あまり仕事関係にblogで触れるつもりはなかったのだけど、記録も必要なので・・

事の始まりはFaceBookにUPしたのを読んでもらうと早いかも。
こんな文章を載せたのが、5月中旬のことであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フリーランサーのみなさん、増税分ちゃんと請求してますか?

わたしは某取引先への4月原稿納品分として、消費税8%対応の請求書を発行、受領されたのですが、
本日になって「今回は仕方ないけど5月分からは以前(5%時)と同じ税込額でお願いしたい」と要請されました。

増税対応は下請け(フリーランサー等の外部スタッフ)にとって正当な権利であり、
下請けが守られるべき法律(転嫁法)もあります。
しかしながら、それを先方担当者に説明したところ理解は得られませんでした。しかも、
「そんな請求してきたのはアナタだけですよ」
「他のカメラマン、デザイナー、ライターには同額でやってもらっているのに」
「折り合わないのであれば、今後はお仕事を依頼できませんね」
との回答。そもそも論として、転嫁法もご存じないというお粗末な話。

下請け側の人間にとって一番怖いのは、仕事が減ること。
トラブルで仕事が減るのをおそれて発注側に強く言えない人は少なくありません
(私はガマンしないタイプなので損してます^^;)
しかし、誰も声を上げなければ企業側は、下請け側のガマンを
「納得してくれている」と、都合良く解釈するでしょう。

企業だけを責めるつもりはないし、下請けが主張するだけでもダメ。
お互いがお互いを信頼し共存共栄していくためにも、正しい行動・誠実な対話が必要ではないでしょうか? 
より良いパートナー関係をつくるためにも。

フリーランサーのみなさん、増税分は堂々と請求しましょう!! 声を出し、伝えましょう!! 
発注者する企業側の窓口社員の中には、あからさまに嫌~な顔をする方もいますが、それは無知なだけ(失礼)なので、
財務省や公正取引委員会等の専門サイトを教えてあげるのがよろしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

具体的な数字でいいますと、こーゆーことを強いられた。
消費税5%時代/10000円のオシゴトは、10500円(税込)ではなく10000円(税込)
消費税8%時代/10000円(税込)だったオシゴトは、同じく10000円(税込) 
・・・まさに、下請けイジメ。

この呟きに対して、たくさんの方から応援や激励、ご心配、アドバイスのコメントをいただきました。
なかには公取Gメンをご紹介をご紹介下さった方も。ありがたく、心強かったです。
anegoは課税業者なの?スゲー、みたいなコメントもありましたが、んなわけないです^^;;
(=非課税業者でも消費税分は請求すべきもの)

実際、不安だらけでした。自分は間違ってない!! という気持ちは揺るぎないものだったけれど
“元請け側の社長が激怒してる”“ネットで騒いでる奴がいる”だの、相手側の状況を耳にするたび 、
私のした事は本当に正しかったのだろうか? もしかしたら他の外注さんたちに迷惑が及ぶのではないか?
と胃がキリキリした。これがフリーランサーの現実なのかと。

・・・そしてあれから2週間、5月末になってようやく、其の企業側から
正式な文書とともに「本体+8%」で請求OKとする旨の通達があり、ホッと胸を撫で下ろしています。
文書回答は何度も催促した結果でして、このあたりもお粗末。
企業コンプライアンスを疑ってしまうのですが・・・、まずは良かった。あとは今後の展開を見守るだけ。
仮に、今回の一件で、この取引先からの発注がこの先減ったとしても
黙って言いなりになるよりは良かった、と思いたい。・・思えるか?

そう自分に言い聞かせていたら、コトを起こしてから昨日までの間に、思い掛けず
何人もの仲間(=カメラマン、デザイナー、ライター)からメールや電話をいただきました。

よくぞ言ってくれた。行動してくれた。
これからは自分も勇気を出したい。
ありがとう。
まさか、要望が通るとは思っていなかったからビックリ。
今後はもっと外注同士で情報交換しよう。
交渉ごとも各自ではなく、みんなで協力し合おう。・・・等々。

どれもこれも、涙がちょちょ切れるくらい嬉しい言葉でした。
交渉(というほどのことではないが)の最中には、毛穴という毛穴からアドレナリンが吹き出していたけど
今は、シアワセホルモンでトリハダが立つような。それくらい嬉しかったのです。

正しいことをしても、必ずしも認められないケースってままある。
今回は単に運が良かっただけ、色んなラッキーが重なった結果かもしれませんが
これからは、変な夢を見ずに済みそう。お酒も美味しく呑めそう。




応援し、励ましてくれたみなさんに感謝。
そして、言いたいことを言わせてもらった結果、最後には対応してくれた相手側にも感謝。
対立が関係を悪化させるのではなく、どうか関係の強化につながりますように。。。

さあ、6月です!! 気分一新、こぴっとするぞ!!!  

                ・・・んでもって本日も、トメ参り・・orz






[ 2014/06/01 07:12 ] お仕事 | TB(0) | CM(5)

あづい! 日曜日です。(~_~;)

良かったね~。
同じような立場で仕事をしている者として、大拍手を送ります。
ワタシの業界は、バブル発生中のため、ほとんどの元請はスムーズに8%へ移行しました。
が、一社だけ、今までのままにしてくれ、というところが・・・。
ここは、天下り会社の熟れの果てのところ。
お世話になった部分もあるから、今回は我慢しますが、次回の10%で、転嫁できない時には、切る予定です。

まつぽい・・・懐かしく聞きました。<笑>
石巻では聞かなかったけど、母親の里の県北では良く聞きました。
[ 2014/06/01 08:33 ] [ 編集 ]

>まんぼうさんへ
大拍手、聞こえました!! fbにも参考になる情報をいただき、ありがとうございました。
でも、まんぼうさんでも「お世話になったか我慢」という部分はあるのですね・・。

実は、一番の足カセになったのは、そういった過去の関係や“流れ”だったんです。
情に訴えられると、誰だって人でなしにはなりたくないから、なかなか反論できないんですよね。
ただ、今回の某社の場合は、いまに始まったことではなかった。
ミルフィーユ状態で積み重なった外注の不満が、バクハツしたようなものです。
馴れ合いを「信頼関係」とすり替える態度も、個人的には大層気に入らない点でしたので
こちらも思い切って強い態度に出たのがよかったのかもしれません。
[ 2014/06/01 08:53 ] [ 編集 ]

>あいしゅさんへ
フムフム・・コメントありがとうございました~^^/
(鍵コメでなくても良かったような・・?)
[ 2014/06/04 18:47 ] [ 編集 ]

良かった良かったw
ま~ 税金を私企業がコントロ-ルする事そのものが犯罪ですからね!        我々の業界も3%→5%の時に散々やられましたから..今回は、ずいぶん前から業界挙げて経産省や政治家の皆さんに働きかけしてました。

何かお困り事がありましたら、いつでもお声掛け下さいw
時々、お役に立てる事もあると思いますw
[ 2014/06/05 12:30 ] [ 編集 ]

>ぶんたろうさんへ
良かったですーありがとうございますー。
ぶっちゃけ、報復っぽいことされたらどーしようかと思ってました^^;
3%から5%のときの教訓を活かしたのが、転嫁法なんでしょうね。
この法律がなければ、ごり押しされていただろうと思うと恐ろしいです。
過去に尽力してくださった方々がいて、キチンと法制化されたおかげです。有り難いです。
頼りにしてますので、またなにかあったらよろしくお願いいたします!!m(_ _)m



[ 2014/06/05 21:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/592-f49cd17d




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。