スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

庄内酒まつり2014

このところ、ちょいと不調が続いていたけど
やっぱりアタシって晴れ女!!
・・・とポジティブシンキング♪ な今日この頃。

暑中お見舞い申し上げます

やっと仙台も、昨日(7/28)に梅雨明け宣言。
大好きな夏、満喫しなくちゃ~☆ といいつつ、これは2週間前のオハナシ。 ^^;
里帰りを兼ねて、庄内18蔵・100銘柄を試飲できるというイベントに参戦してきました。
男女4人・梅雨物語、一泊だけのプチ旅です。

仙台出発時は小雨模様で、山形道の峠道は時折ざんざん降り。トイレ休憩の寒河江SAでは
長袖を持ってこなかったことを後悔するくらい空気も冷たかったのですが
庄内入りするころには雨が上がり、時折、薄日も差してきたではあ~りませんか♪

悪天候を覚悟していたので、こりゃラッキー。
庄内あさひICを降りて、ちょいと羽黒山に立ち寄ることにしました。


雨上がりの参道は、しっとりと濡れた緑がいっそう色濃く見せて良い雰囲気。
これから頂上まで石段をあがり、参拝するであろういでたちの団体さんも、たくさん訪れていました。
天気が回復して良かったですね~^^


私たちは時間と体力の都合で、石段登りはパス。駐車場から近い、ここまでにしときましょう。
吉永小百合さんも来てましたね。


国宝・羽黒山五重塔。ジモティとはいえ、なかなか訪れる機会がなく、おそらく20年ぶりくらいかな。
現在は夏のイベントとして、夜間ライトアップも行われています。
実家の母によれば、その美しさと荘厳な趣きは、一見の価値ありだとか。残念ですが、またの機会に。


昼食は、私の実家で食べていただきました。
母を手伝ってバタバタしてたら写真が撮れず~><  でも、庄内の夏は味わっていただけたかなあ。
弁慶飯、枝豆、漬けもの(茄子・きゅうり)、蒸し茄子、しょうゆの実、南禅寺豆腐、焼き魚、、、

食後は鶴岡市内をプチ散策。定番観光スポットばかりですが・・・
まずはカトリック教会天主堂。
R6252341.jpg

内部は畳敷きになっています。畳ってのも珍しいけれど、それよりなにより黒いマリア様。


ステンドグラスではありません。ガラスに絵を挟み込まれています。これも珍しいでしょう?
鶴岡においでの際には、ぜひ訪れていただきたいスポットです。


鶴岡公園の周辺にも、見どころが集中しています。赤い帽子の大宝館。


旧・西田川郡役所。ちなみに、旧・東田川郡役所はanego実家近くにあります。


ってな感じで、初めて鶴岡にいらした2名にも軽く観光していただきました。
呑んで帰るだけじゃ、もったいないですからね。

そしていよいよ、目的地へ!!!
「庄内酒まつり」の会場は、すでに熱気ムンムンであります。
 

受付で入院患者みたいなリストバンドを巻いてもらい、アクリルガラスの試飲枡を受け取ったら
もーナンボでも、試飲し放題・呑み放題。
 

JAの米倉庫を会場に、縦長に酒造がズラリ。
庄内18蔵・100銘柄、というふれこみでしたが、山形県内陸部のお酒の特設ブースもありましたから
実際には、それ以上の種類が並んでいたと思われます。さすがに数えられなかった・・・
 

この日の私のお気に入りは、そのセレクションから。
河北町にある和田酒造さんの「あら玉」。なめらかで、清らか、軽やかなお酒でした。
普段は濃厚旨口の酒が好きなのですが、暑かったせいか、この飲み口が心地良かった♪
 

気づけば外は、真夏の陽射しが照りつけていました。
日陰に陣取り、酒ケースを椅子とテーブルにしつらえて、ピクニック気分の酒盛り開始~w
 

試飲コーナーはチケットが必要ですが(前売り・一日券1500円、二日券2500円)
飲食ブースは入場無料。庄内らしい食べ物がいろいろあって、目移りします。これは窯焼きピザ。
 

庄内浜直送の魚介類。あたり一面に、香ばしいかおりをまき散らしています。
 

そそられますねー♪
 

スペシャルティコーヒーのテントも。
 

窪畑といえばトマトが有名なんです。


もちろん、お漬けものの種類も豊富。複数の製造元が出店していました。


呑んだり食べたりしながら、ライブも楽しめます。ステージはトレーラー?

あと何年したら、一緒に呑めるでしょう? キュートな未来の呑み助さん。
 

あら、大道芸が始まりましたよ! 
 

そしてサンバ隊! 打楽器と笛だけなのに、なんでこんなにテンションあがるんだろう♪ 楽しくてタマランチ♪
 

前回は、某氏と心中事件を起こすほど、呑みすぎプッツンしてしまった私ですが
今回はこの「心得」をしっかりと守り、正味3時間ほど、じっくりのんびり楽しませていただきました~☆
お酒をのまない方や、お子様連れにも楽しめるイベントだったと思います。
興味のある方は、ぜひ来年、参戦くださいませ!!
 

二次会は、会場から徒歩3分ほどの居酒屋へ。
妹の勧めで、庄内の素材しか使わないという「酒処 かじか」さんへ初訪問です。
 

銘々に出された刺盛は、ヒラメ・スズキ・アジ。小鉢はフキの炒め煮と、宮城でもお馴染みの紫蘇巻みそ。
せっかくなので、旬を迎えた岩牡蠣をオーダーしたら
ぷっくりと太ったデカサイズが登場。うまかったーーー! そして、また呑む!!!
 

庄内の酒まつりといえば、これまでは極寒期の「大山新酒まつり」でしたが
これからはこのイベントが、夏の酒まつりとして定着していくのでしょうかねー。
呑兵衛としては、呑兵衛のイベントが増えるのは大歓迎です。


もっとじっくり、庄内プチ旅をバーチャル体験したい方は
風写隊長のブログへどーぞ♪
その1その2その3


[ 2014/07/29 12:41 ] 庄内 | TB(0) | CM(7)

鶴岡観光いいですね〜

鶴岡には1度しか行ったことがありませんが、見どころたくさんあるんですね。
日本酒大好きにはたまらないイベントなんでしょうね。知らず知らずのうちに一升くらいは飲んでいるのかな。
アネゴさんちのお昼ごはんに興味津々。次回は画像をよろしくお願いします。
[ 2014/07/29 13:22 ] [ 編集 ]

いいてすね庄内!

庄内は、酒田が好きで何年も通いましたが、鶴岡は、まだ行ったことがありません。
水族館好きなので、加茂水族館目当てにぜひとも訪問したいです。
来年は山形へ行くことが多くなる(予定<笑>)なので、楽しみです。
岩牡蠣、美味しそうですねー。
オチャケは飲めません(ドライバーなので)が、庄内の海の幸、味わってみたいと思います。
書いているうちに、行きたくなって来たなぁ・・・。<笑>
[ 2014/07/30 05:42 ] [ 編集 ]

>ぼんのすけさんへ
地元を離れたからこそ知る、故郷の魅力でしょうかね。
今だからこそ、あぁこんなに良いところだったんだと気づかされます。

酒まつりは、呑みまくるってほどでもなかったから一升は呑んでないっすよ(笑)
anego家の昼飯は、最後にリンクした風写さんブログに少し載ってますので~
[ 2014/07/30 13:28 ] [ 編集 ]

>まんぼうさんへ
来年山形? なんでしょ、お仕事の都合でしょうか。
内陸部と庄内では気候風土も旨いモンも違いますし
酒田と鶴岡でも、また違うんですよー。ぜひぜひ、お運びくださいませ。
ただし、水族館はまだまだ激コミのようです。落ち着いた頃にどーぞー♪
(ってか、私もまだ行ってないし。。。TT)
[ 2014/07/30 13:30 ] [ 編集 ]

先日はお暑い中、ありがとうございました。

庄内ではああいうグラサンが流行っているのかとマジで思い込んでしまいましたよ。(^o^;)

大名夫人ポン酒、いけるんでしたっけ。
[ 2014/08/02 11:59 ] [ 編集 ]

>サエモンさんへ
こちらこそ、先日はお世話様でした。
グラサン、我ながらあまりにピタッと加工がハマりすぎましたね(笑)

> 大名夫人ポン酒、いけるんでしたっけ。
あら、そーですよぅ。大山新酒祭りで開眼したのです!!
白ワインみたいでオイシイ、と感じる日本酒に出会ったのがキッカケみたいです^^

ときに、前にもどこかで申し上げた気がするのですが、ワタクシ
「ポン酒」という言い方がとっっってもキライなのでございますよ。よろしくです。

[ 2014/08/04 11:56 ] [ 編集 ]

あ、それは大変失礼を申し上げました。確かに、ポン吉、ポン太にもつうじ、軽んじた印象ですね。
新潟県ではこれで押していますが、確かに、軽いですな。以後、使わないように致します。
[ 2014/08/05 12:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aqnego8123.blog51.fc2.com/tb.php/599-96dacb36




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。