スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魚で肴

やっと忙しさのピークから脱出しました。が、次なるピーク(ちょっと小さめだけど)が登場。
宿題をやっとこさ終わらせて登校したら、別の課題も残っていたような
満腹でゴチソウサマを言ったあとに、もう一皿あったことに気づいたような
大きなウ○コをしてスッキリしたつもりが、まだ完全には出し切ってないような
・・・と思う、今日この頃。


さて、更新をサボっていた期間も含め、最近の家メシを振り返ってみると
ずいぶんと「いただきもの」をしておりました。主に魚。以下、その備忘録です。


まずはコチラ。カナガシラ(ホウボウ)です。先日のダービー会のために取り寄せた庄内のえごねりに
このカナガシラ2尾とヒラメ1尾が“おまけ”として付いてきました。
えごねり屋さんは、どうも“売る物”と“おまけ”の区別を間違っているようです(笑)
P1020958.jpg

カナガシラといえば、個人的には味噌汁が一番だと思っているのですが
ものは試しと刺身にしてみました。はじめてサクを取ってみたら、身は透明感があってキレイ♪
P1020960.jpg

しかし・・カナガシラって決して歩留まりのいい魚ではありません。
頭でっかちだしね。アラは味噌汁に、皮はぱりぱりせんべいにしましょ。
P1020961.jpg

ヒラメは(も?)やっぱり刺身。我ながら芸がないオナゴです^^;
P1020962.jpg

とりあえず半身の、白身&白身を味見。忙しくて盛りつけが雑になったのはご勘弁。
P1020963.jpg

カナガシラのお刺身って、おそらく食べるのは初めてですが
想像以上に甘みがあり身質もきめ細かくて意外なほど美味しい! ヒラメはいわずもがな。
P1020966.jpg

庄内浜からやってきた魚たちには、庄内の酒を合わせましょう。
代表銘柄は初孫の東北銘醸(酒田市)「純米吟醸 砂潟(さかた)」。これ、めっちゃ私好みの味です。
梨のようなフレッシュな香りでキレもあり、スイスイ呑めて食中酒にぴったんこ♪
P1020964.jpg

頭でっかちのアラは、予定通り味噌汁になりました。withアオサ。
見た目はグロイですが、これがまたいいお出汁がでるのです。
余談ですが、私の「お食い初め」はカナガシラの味噌汁だったらしい。舌の記憶は失せません。
P1020967.jpg

さて、初日に半身を食べ、翌日もまたお刺身。ヒラメは昆布締めにしておきました。
カナガシラも、夫曰く「昨日よりうまい」だって。一日寝かせた方がおいしい魚なのかな?
P1020983.jpg

この日も酒田のお酒を開けちゃいました。麓井の圓(ふもといのまどか)と読みます。生もと純米。
宮城の酒と山形の酒はレベル高いです。
P1020984.jpg

その数日後、またまた魚のいただきもの。
メバルだと聞いてもらってきたので、勝手に黒メバルをイメージしていたのですが
包みを開けてみたら、あらアカテンコちゃんだ♪ しかも、でっかい!!@@
P1020986.jpg

アカテンコ(ウスメバル)は煮付けが一番とわかっちゃいるけど、
こんなに立派なのを見てしまうと、またまた「刺身にしたい」という欲求が・・www
で、2匹のうち1匹はこうなりました。けっこう身が固かったので、一晩寝かせて正解でしたね。
P1030021.jpg

メバルと一緒に頂戴したカワハギは、酒と醤油に漬け込んで焼きました。これ、夫の大好物なんです。
もう一匹のアカテンコは煮付けに。魚だらけで幸せ~♪ こういう日は野菜不足にも目をつぶるのだ。
P1030018.jpg

けっこう魚続きだったけれど、飽きるってことがないのであります。
わが家の週末恒例日本酒day、やっぱり魚(刺身)で乾杯。
ついに気仙沼でもカツオの水揚げが始まったので、そのお祝いにカツオで一杯。
酒はキリッと冷えた浦霞の純米生酒。あぁ、幸せ幸せ。よくぞ日本人に生まれけり、です^^
P1030027.jpg

旨い肴と旨い酒で、飲みすぎ注意報が出そう。週に一度のビンカンの日、先週はこんなでした。
恥ずかしい気もするが、ある意味、誇らしいです!(誇らしいのか?)
P1020989.jpg

ちなみに、その前々週の空き瓶たち。もはや飲みすぎ注意報ではなく、警報発令でしょうか。
486769_247583278713784_67460546_n.jpg

今週末は、さらに肝臓にハードな予定が入っております。
警報発令なんのその! 予習練習に励みたいと思っております。ウッス!!

[ 2013/06/05 22:35 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(4)

フトモモが痛い

痛みの原因が思い出せないって、ヤバくない?
・・・と思う、今日この頃。

右足のフトモモ(内側から後ろにかけて)が、めっちゃ痛くて
今朝はベッドから起き上がるのにも苦労しました。筋肉痛に近いけど、打撲時みたいに激しく痛い><

飲み物をとりに冷蔵庫に立つにも、トイレに行くにも、とにかく動くとヒィヒィ。
痛風夫の発作時の痛みって、どこかしら笑いもの的な扱いで見ていたけれど(失礼~)
それを激しく後悔&反省するくらい一日中ウゲ! ギャボ!! と叫びまくっていました。 
運動会で張り切りすぎたお父さんの翌日ってこんな感じなのかなあ?
いやいや、私の場合の大問題は、なぜこの痛みが発生しているか記憶に全くないことなんだけど!!

どこかに突撃したか? いいや、もしそうだとしてもフトモモの裏っていう位置がありえない。
酔っ払ってどっかですっ転んだか? というには、この週末は呑みに出てないし心当たり無し。
変だなあ。ミステリーだわ。

実は何かやらかしているのかもしれないけど、知らぬがホトケってやつでしょう(笑)
悩んでいても仕方ない。炎症がおこっている段階での整体やマッサージは逆効果だと思われるので
とりあえずシップで対処しました。あとはお風呂でモミモミモミ。

しかし、歩けないほどじゃないけど、買い物に出たくないくらい痛いってのは厄介ですね。
こうなって、初めてわかる痛風夫の辛さです(笑)
ちなみに痛風夫は相変わらず週末~週初めは自宅に戻っておりまして、このタイミングで
日頃不足しているであろう野菜とか、多品種ちょび食いをさせたかったのですが
今日はどう考えてもそこまで頑張れません。冷蔵庫整理で勘弁してもらうことにしましょう。

・・・・・・・

まずは、日曜のワインdayの残り物をミックスして
鶏のトマト煮込み+ペンネのけもけも。量は少ないけど、味が濃いめだからアテになるぞ♪
P1020534.jpg

土曜日のお刺身日本酒dayに食べ残したタコ頭の端っこは、若布とネギで酢みそ和えに。
P1020530.jpg

これはたしか150円という格安でゲットした鯛のアラを煮付けた時の残りもの。
再加熱して骨と身をほぐし(これがかなーり面倒くさかった)再びタッパーウエアで冷やしたら
こんなの出来ました。煮こごりって、ほかほかご飯でトロかしながら食べると
これまた最高にんんまいアテですよねえ。ご飯、LOVEです♪
P1020525.jpg

野菜室でしなびかけていたビタミン大根は、泥付きで購入したのがかれこれ4~5日前。
1/2本を短冊に切ってにんじんと炒め、これまた半分だけ残っていたキノコ(舞茸)と、けんちん煮。
P1020528.jpg

ほんの一口だけ残ってた、ニシンの切り込み。あまり痛風にはよろしくないが・・。
P1020533.jpg

ほかに常備菜のピクルス(セロリ、きゅうり、にんじん)等々。
残り物だって、集めてみれば案外なんとかなるもんですね。
いうなれば、脇役の勢ぞろいって感じでしょうか。おかずが足りなければ、缶詰もあーして
冷凍庫のアレをこーして・・とかいろいろ考えてたけど、そこまで至らなかったですもん。
P1020531.jpg

こうして改めて写真で見ると、もしかしたら「今日はコレ作ろう!」と用意する夕ご飯よりも
あり合わせをどう活用するのか考える方が、料理としては面白いのかもしれません。
バリエーション豊富で居酒屋チック? な食卓になったのは、呑んべ夫婦にゃ結果オーライ!

さて、こんな時は何を呑むか(=アルコールのことですよ)に迷いますね。
バターとチーズコテコテのトマト煮やピクルスもあれば、コテコテの和の発酵食品まである。
いっそビール? ワインでもイケルんじゃね? ウイスキーって手もあるよねえ~とかなんとか
節操のないこの酒肴たちに合うものを約30秒間ディベートした結果
結局、夫と私のチョイスは「日本酒」でありました。日本酒ってフトコロが深いです!
P1020423.jpg ※別日画像※

平日なのに、結局5合も呑んでしまいました。。。イカンガー。
呑んだらナンボか傷みが和らいだような気がするのは、やっぱり気のせいかなあ。
まんず、ストレッチして寝ましょうかね。
歳を取るのは素敵なことだけど、体ってのは正直です・・。





[ 2013/03/19 00:39 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(12)

シーズン一度はドンガラ汁(寒ダラ汁)

最初に食べた人ってエライよなあ、と思うものNo.1はナマコ。
ツバメの巣を食べようとした人も、尊敬するなあ。あ、ホヤも。
ルックス的に醜かったり、あまり食べ物には見えなかったりするものを
「食べ物」にしてくれた先人の勇気と情熱に敬服します。
・・・と思う、今日この頃。

海産物って、グロテスクなものほど実は美味しいんじゃないでしょうかね。
オコゼとかアンコウの美味しさは言わずもがな。
実物を見るのはご勘弁なイラブーやウツボも、旅先で初めて食した時
イメージとは全く違う上品な味に、素直に「こりゃんまいわ」と口にしたものでした。

サンショウウオの黒焼き(だったかな?)も食べたことあるし
キャーキャー言いながら蜂の子やザザムシも経験済。
好き嫌いがないというより、未経験の味は食べずにいられない性格なんです・・。

あれ、本題からずれた。




先週、日本海の旬の味覚「寒ダラ」が宅配便で届きました。
寒ダラとは「寒」の時期にとれる真鱈のこと。毎年この時期、実家の母が送ってくれるのです。

庄内の冬を語るのに、この寒ダラを使った「ドンガラ汁」は欠かせません。
ええ、断言しますとも。絶対の絶対です。
シーズンになったら、一度は食べたい。できたら二度か三度は食べたい! 食べずにはいられない!!
誰にでもそういったソウルフードってあるんじゃないでしょうかね。。。

ドンガラ汁に入れるのは、頭にシッポ、中骨、ヒレ、内蔵・・・etc.
油など一滴も使わないのに、グツグツ煮込んでいると汁の表面には油分がにじみ出してきます。
肝臓(アブラワタ)のコク。白子(たらきく。ダダミ)のとろける甘み。
魚はタラ1種類なのに、この汁ときたら、何種類もの魚介を煮込んだブイヤベースのよう!
CIMG9763_20130202164653.jpg

部位によって味わいが異なるのも、ドンガラ汁ならではの面白さ。
取り合い必至の「肝臓」です。あーーー、んめぐでこでらぃね。
一口大にカットしてありますが、これがもー旨みの塊なのですよ。
丸々と肥えた寒ダラの肝はアンキモにも負けないおいしさ。白子なんて、かすんじゃう程。
CIMG9765.jpg

これは胃袋。クニュクニュとした弾力は、ホルモンそのもの。
大きな魚だからでしょうね、どこか肉っぽくもあり。
CIMG9768.jpg

とてもとても食べ物に見えないでしょうが、こういう部分も全部食べます。
魚をさばく人ならわかりますよね。これは「エラ」。
CIMG9771.jpg

エラをこそげて食べると、綺麗なナンコツが出てくる。これまたコリコリと美味しいのであります。
ちなみに私、「目玉」の周りのトゥルントゥルンも好き~☆ コラーゲンコラーゲン☆
CIMG9779_20130202164726.jpg

捨てるところ、どこがあるんだろう?ってくらい全てを食べ尽くす。
命を全部、まるごといただく。変ないい方だけど「正しい」って気がする。それがドンガラ汁。

この頃は地元ほか各地で「寒ダラ汁」なるものが宣伝されるようになりました。
観光客向けにはタラの身の部分も入ってるようだけど、個人的にはノーサンキュー。
ドンガラ汁の美味しさは、身ではなく「内臓」にこそあるのだから
その手の寒ダラ汁と、ドンガラ汁とは別物ではないかと思ってしまいます。

身は煮くずれしやすいので、むしろ焼き物や煮つけにした方がいいと思うなあ。
ということで、Simple is best。寒ダラの塩焼き。
スーパーで売ってるみたいなヒラヒラの薄切りじゃおいしさも半減。どかんと厚切りが◎です。
CIMG9774_20130202164724.jpg

白子もドンガラ汁にマストな要素ですが、やっぱり食べたいタラキク酢。
「生」に限るという方もいますが、私はサッと湯がいて氷で〆る方が甘みが増して好き。
固くなるんじゃない?って言われるけど、そりゃアナタ、鮮度が悪いんだと思うよ~ん。
CIMG9773.jpg

ちなみに痛風夫、思い切って食べましたが翌朝もあんよは無事・・・。
本人曰く「オレ、軽はずみな行動とってるように思われない?」だそうです(爆)

ところで、実は私今回、大失敗しちゃった。
ドンガラ汁にアレ入れるの忘れた!! と気付いたのは後になってからでした。
・・・大ショック。翌日、残りには入れて食べたんですが
さて、忘れ物はなんでしょう? すぐにわかった方は、庄内ツウ^m^
[ 2013/02/02 18:30 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(6)

うちめし

今日から師走。anegoも走っております。
といっても、たいして走れやしないのだけど。
・・・と思う、今日この頃。

12月になっちゃったけど11月の呑み食い備忘録です。
夫が帰ってきた日のメニューは残しておくと、何かと便利なのでね。

3連休で仙台に戻ってきたその日の晩ご飯(=木曜)
こういうの食べてないだろうな、と思うものを作るようにしています。
厚揚げと小松菜をサッと炊いたもの。釜揚げの桜エビが入るとグンとご馳走度数アップ。
P1020206.jpg

もうひとつ温かいもの。肉じゃが風の煮物は、じゃが大きめ。
なんでも彼は小さい頃、カレーのじゃがいもが小さかったことに腹を立てて家出した経験があり(爆)
義母は「探しに行ったら裏の河原の橋の下にいた」という話をくり返し聞かせてくれまして
以来、芋は大ぶりカットが定番になったのであります。ppp
たくさん食べてもらえるように、あまり味付けは濃くしませんでした。
P1020207.jpg

今シーズン初めて漬けた白菜は、塩が回りきらずちょっとショパかったな・・><
たかが漬物、されど漬物。こういう当たり前の食べ物を上手に作るお婆ちゃんになるのが夢です。
P1020208.jpg

メインはハタハタ。ハタハタの食べ方で私が一番好きなのは、実は「湯あげ」なのですが
夫は漬け焼きを喜びますので、連休の帰仙に合わせて仕込んでおきました。
今回はすべてブリコ。シラコのこっくりとした甘みも捨てがたいのですが、なかなか出会えません。
P1020205.jpg

〆は禁断の(笑)ハララゴご飯! 痛風夫には完全に「毒」ですが、いいんです。
シャットアウトするのも可哀想なので、これくらいは許容範囲でしょう。甘いなあ、私。
P1020212.jpg

この日の酒は、少し残っていた鶴齢にごりと、気仙沼は両国の船尾灯を空けました。
P1020217.jpg

翌金曜の夕飯リクエストは、珍しいことに「お好み焼き」だって。ビックリ@@
コナモン&ビールは食事にならないと思っているわが家、超久しぶりにホットプレートの出番です。
豚玉、牡蠣入り、イカ焼き・・エトセトラ。おいしかったけど、次は一年後でいいや(笑)
P1020219.jpg

土曜は、いつものお刺身DAY。
お酒は最近お気に入りの若の井です。新酒の春宝、生貯の夏宝、生詰めひやおろしの秋宝
ときまして「冬宝」は一年熟成酒! 想像していたよりも軽やかな旨みがanegood^^
P1020226.jpg

刺身はまたまたクジラ☆ 魚もいいけど、クジラや馬肉の刺身に目がない夫なのです。
P1020221.jpg

原町ピボットで栃尾のあぶらあげを見つけたので、もろみとネギを挟み込んで焼きました。
こういう酒肴、シンプルだけど飽きませんね~。
P1020223.jpg

kotorのひゃくちゃん直伝、塩レモンで和え物をつくってみました。
といっても仕上がりはただの浅漬けみたくなっちゃった。あぁもう 
P1020224.jpg

「ハララゴ、もう無いの?」といわれて素直に出してしまった、の図(笑)
P1020220.jpg

冬宝が空いて「お酒、もう無いの?」といわれて追加した結婚一、いや乾坤一。
P1020233.jpg

〆は冷麺。この寒いのにって思うでしょうが、案外いいもんですよ。胃がスッとするし。
ぴょんぴょん舎のレトルトは美味しいですねー。
P1020232.jpg

連休最終日の日曜は、ワイン呑みながら・・とご所望でしたので
生パスタでもっちりボロネーゼ。豚肉ゴロゴロ、食べ応えありました。ワイン撮り忘れたー。
P1020237.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たまには夫と外呑みしたいとも思うけれど、夫は相変わらず家でまったり呑みたいらしい。
仕方ないので、それは単身赴任から戻った時のお楽しみにとっておくことに・・。
P1020228.jpg

さ! 明日はワンポケ「きょうだいの会」です。
寒さに負けずにガンバローっと。夜のご褒美を楽しみに。。。www
[ 2012/12/01 22:49 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(4)

簡単なんです

何食べたい?と聞けば、まず間違いなく「お刺身」と応える夫。
献立に迷うことがないので、ある意味とっても楽ちんなんですよ。ええ。
でも、ある意味とってもマンネリ。
それでも大喜びで食べてる夫をみると、ま、これでいっかな。
・・・と思う、今日この頃。

夫はだいたい2~3週間に一度のペースで仙台に戻ってきます。
金曜到着~月曜朝出発コースなので、呑めるのは3晩。
そのうち必ず1晩は、こんな食卓になります。
なんだか毎回、同じものばっかり食べさせているような気がするのっで^^;
既に先週末になってしまったけど、備忘録。

いつものお刺身盛合せ。会津産の馬刺しは、赤身がとても柔らかくて大当たり♪
それ以外はパックものだったので期待度は薄かったのですが、切り身が大きくて味もまずまず。
P1020089.jpg

山ほど作っておいた小鰺の南蛮漬けも、これでラスト。
夫は私に輪を掛けた酸ッパーズなので、少し香醋を加えてみたら好評でした^^
P1020090.jpg

野菜不足を補うべく、小鉢はヘルシーに。
お出汁と醤油だけで調味した、あっさり味の小松菜・ニンジン・キノコの煮浸しと
アボカド・ドライトマト・パプリカ、その他もろもろ入ったパスタサラダは、塩レモン味。
P1020091.jpg

母の自家製「醤油の実」で、温やっこ。湯豆腐より好きかも。
P1020092.jpg

アタチにも、にゃんかチョーダイよぅ。
P1020094.jpg

先月、村田の陶器市でゲットしたこの小皿、初めて使ってみました。
おてしょ(手塩皿)だけど、はし置きと兼用。うちの食卓にはズバピタでした^^
P1020096.jpg

それにつけても、前回の夫の帰宅時となんら変わらない食卓ではなかろーか??笑
P1020088.jpg

あ、ひとつ変わったこと。先週から冷酒ではなくお燗酒にチェンジしたのでした。
秋ふかし。


<おまけ>
牡蠣が大好きなのに、夫は牡蠣アレルギーで食べられないという可哀想なヤツなのです。
やさしい私は、夫が帰ってくる前日に、ちゃっかり食べておきました@長州。

今シーズン初の宮城県産牡蠣。女川産。
ちょいと小ぶりだけど、この鮮烈な味わいは格別です。まずは生でしょ。
P1020068.jpg

そしてフライも。うまし!!!
P1020074.jpg

松島湾の牡蠣が猛暑の影響で7割以上が死滅したとのことで、
他の産地も高値になっているらしいけど、おサイフが許す範囲で食べますよ。私は。うん。

あぁ、今度は牡蠣ご飯たべたいな。牡蠣鍋もマスト。焼き牡蠣もはずせない。
牡蠣の炒め物もいいなあ。牡蠣のチャウダー。牡蠣のグラタン。
・・・書いてるハナから、胃袋ぐぅぐぅ。




[ 2012/11/09 23:09 ] 家で呑み食い | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。